暖かいのに動きやすくて超薄手!大人向けスキー・スノボスタイルの提案♪冬のアクティビティで大活躍「Ulvang」のRAVセーター

Greenfield

暖かいのに動きやすくて超薄手!大人向けスキー・スノボスタイルの提案♪冬のアクティビティで大活躍「Ulvang」のRAVセーター

軽くて温かくて動きやすい。一度着たらもう、今までのウェアには戻れない。
HN(20代、女性)スキー場 宝台樹スキー場(日帰り)
スノボー歴:5年
アウトドアスポーツのライターをしています。
今回、機能性抜群のSWIX(スウィックス)のベースレイヤーと、ウィンタースポーツの強い味方Ulvang(ウルバン)のRAVセーターを試せるということで、早速着用しゲレンデを滑走しました。

軽くて暖かくて動きやすい。一度着たらもう、今までのウェアには戻れない

Ulvang ウルバンのRAVセーター

次々に目にするスキー場のオープン情報にずっとソワソワしていましたが、ようやく丸一日自由に過ごせる時間が確保できたので群馬県のみなかみ町に位置する「宝台樹スキー場」にスノーボードをしに行ってきました。

この日の気温はマイナス5度。降雪はないものの、風があるので体感温度はかなり低め。

Ulvang ウルバンのRAVセーター

Ulvang ウルバンのRAVセーター

これまで私は、フリースやトレーナー、スウェットパンツなどの上に防水性のジャケットを着込むという定番のスノボーウェアスタイル。

しかし今回はいつものウェアスタイルではなく、欧州で絶大な人気を誇る1995年に生まれたスウェーデンのアウトドアブランド「Ulvang(ウルバン)」のRAVセーターを着用しました。

Ulvang ウルバンのRAVセーター

トップには「Ulvang」のRAVセーターを着て、パンツはGore-Tex製品。

インナーは上下ともノルウェーで生まれた北欧一のワックスブランド「SWIX(スウィックス)」のベースレイヤー。

 

Ulvang ウルバンのRAVセーター

 



 

「SWIX」は、スキー・スノボーのワックスやチューンナップ商品を中心に扱うアウトドアスポーツのブランド。

今回着用した「Race X Bodywear」シリーズのレースボディ、レースパンツは、寒冷地で行なうクロスカントリーを想定した作りなので、とても暖かく、伸縮性が抜群でした。

汗の吸収力が良く、速乾性があり、何時間すべっても全く発汗による不快感がありません。

汗のイヤな臭いを軽減する防臭加工も施されています。

薄くて軽量なのでスノーボードでの可動域を妨げません。

着用しているのを忘れるほど自然と体になじむので、これまでのインナーでは物足りなくなってしまいそう。

 

 

Ulvang ウルバンのRAVセーター

寒さへの不安を残しながらもゲレンデへ。

ジャケットを腰に巻きつけてリフトに乗車。

しかし、「標高が高くなるとRAVセーターだけでは寒いかも」という心配は杞憂に終わりました。

「Ulvang」のRAVセーターは、風を通さず、ウール100%なので保温性にも優れ、どちらかといえば寒がりの私が、マイナス5度前後では全くといっていいほど寒さを感じません。

 

Ulvang ウルバンのRAVセーター

さらに、汗抜けがしっかりしているので滑走している最中、発汗しても蒸れず、始終快適な着心地。

セーターで多少の雪でも気にせずスキー・スノボーができるのはすごい!

 

Ulvang ウルバンのRAVセーター

ネック部分は生地が厚く、さらにジップネックになっていて、上まで閉めればハイネック、開ければ襟のようにして着こなせます。

この首元を開閉することにより、温度調節も可能です。

 

 

ノルディックスキー界のトップアスリートであり冒険家Vegard Ulvang(ベーガル・ウルバン)がプロデュース

「Ulvang」のRAVセーターは、クロスカントリースキー競技で3つのオリンピックの金メダリストに輝いたトップアスリートVegard Ulvang (ベーガル・ウルバン)がプロデュースするブランド。

彼は、ワールドカップでも2度チャンピオンに輝いたスノースポーツ界の英雄的存在。

さらに、スキーでグリーンランドを横断したり、カヌーでシベリアを渡ったり、モンゴルを馬に乗って旅したり、世界中の高山登頂にチャレンジするなど世界各国を渡り歩く冒険家でもあります。

ワールドワイドに冒険をしてきたVegard Ulvang は、旅先のさまざまなシーンでウールを着用してきました。

天然繊維でありながら、多くの機能性を持つ羊毛、ウール。

環境によっての利点、欠点のカバーの仕方など、その性能を誰よりも熟知しているからこそ、過酷な場所で使用できる、機能的で高性能のRAVセーターを実現させました。

 

 

流行に左右されないシンプルなデザインとディテールへの徹底したのこだわり

Ulvang ウルバンのRAVセーター

Vanilla、Charcoal Melange、Grey Melangeの3色展開していて、いつの時代も左右されないスタイリッシュでシンプルなデザインの「Ulvang」のRAVセーター。

素材がウール100%なのはもちろんのこと、軽量化へのこだわりのため、首のジップはコイルジッパー(金属製)ではなく、ビスロンジッパー(樹脂製)を使用しています。

ネック部分の生地が二重になっているので、ネックウォーマーいらず。

さらに、ジッパーが顎に当たらないようにとチンガード(ジップカバー)を採用。

着用する人への細かな配慮にアウトドアメーカー「Ulvang」のブランド力を感じます。

ハイネックを折り返すと“Ulvang”の刺繍があらわれる遊び心がオシャレ。

手の甲までカバーされる親指を通せるサムホール付きの袖は、寒さ対策にとても効果的です。

日本ではまだあまり知られていないメーカーなので、冬季のアウトドアやアクティビティに取り込むなら先取りできる今がおすすめ。

 

Ulvang ウルバンのRAVセーター

 

 

旅行やタウンユースなどで普段使いしやすいデザイン

これまでスキー・スノーボードウエアはゲレンデしか出番がなく、普段使いができないのが悩みの種でした。

しかし、「Ulvang」のRAVセーターはとてもシンプル。

ボトムスやアウター、アクセサリーと合わせることで自由でオシャレなコーデが楽しめます。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

ノルウェーのトップアスリートがプロデュースするRAVセーターで有名なウールブランド「Ulvang ウルバン」って知ってる?

 

ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!

 

まとめ

サイズはユニセックスでXS、S、M、L。USサイズの為、ワンサイズ落としがおすすめです。身長155.5cmで普通体型の私は、普段Mサイズですが、Sサイズで若干余裕がありました。インナーを多く着たい方や、ルーズに着こなしたい方、筋肉量の多い方は従来通りのサイズがおすすめです。

公式アカウント

関連記事