12月は「HotChillys ホットチリーズ 」 コンバーチブル バラクラバ / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!

ワックスだけじゃない!?世界的北欧ブランドSWIX(スウィックス)のベースレイヤーがかなり使える!
   
スポーツではウェア選びももちろん大事ですが、インナーは適当なものを選んでいませんか?アウトドアスポーツではベースレイヤー選びがとても大切です。今回はワックスでおなじみのSWIXが開発したRace X Bodywearシリーズをご紹介します。
   

SWIX(スウィックス)とは

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー

 

スウィックス製品は日本国内でも流通しているので、スキーヤーにはもうおなじみのメーカーですよね。

しかし、どんなメーカーなのかご存知の方は少ないでしょう。

まずは、スウィックスとはどんなメーカーなのかご紹介します。

 

スウェーデンのケミカルメーカーとして創業

「SWIX(スウィックス)」は、ワックス・チューンナップ製品を中心に展開するノルウェーのメーカーです。

1946年に創業し、国民的スポーツとして浸透していたクロスカントリーのワックスの開発に力を注ぎます。

そして当時としては革新的なワックスの開発に成功し、1948年サンモリッツ冬期オリンピックで、スウィックスのワックスを使用したスウェーデン勢が、各競技で金メダルを総なめにする快挙を達成。

それによりスウィックスの知名度も急上昇し、現在ではアルペンスキーやスノーボードなどウィンタースポーツをサポートする、北欧一のワックスブランドに成長しました。

 

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー

 

スキーギアにも参入

スウィックスはワックスで培った強いブランド力を地盤に、スキーギアの開発にも尽力しています。

とくにスキーストックでは評価が高く、すでに使っているという方も多いかもしれませんね。

 

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー

 

1970年当時、竹が主流だったスキーポールに初めてカーボンを採用し、またもスキー業界に革新を起こしたのがスウィックスでした。

スウィックスは、現在でも競技用ポールメーカーとしてトップクラスで、日本のノルディック競技でも7割以上の高いシェアを誇っています。

 

 

ウィンタースポーツ選手のためのベースレイヤー

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー

 

スウィックスが近年力を入れているのが、アスリート向けのスポーツウェアやベースレイヤーなどのアパレルの開発です。

世界各地で行われるトップレーシングの現場で何度もテストされ、アスリート間の口コミで広まりスキー界以外でもアスリートから好評を得ています。

なかでもワックスと同様、運動量の多いスポーツで使用することを想定し、高機能に設計されているのがベースレイヤーです。

 

アスリート仕様の高い機能性

スウィックスのベースレイヤーに使用される素材はポリエステル100%ですが、実際に手に取ってみると優しい風合いで、コットンのような着心地です。

裏地側に凹凸を作り、体との接地面を少なくすることで湿気を逃がしやすく、大量に汗をかいても不快な張り付きを軽減しています。

4方向に伸びるストレッチでどんな動きも妨げないので、激しい動きでもしっかり体をカバーしてくれる安心もGOOD。

防臭加工を施し、伝線もおきにくい丈夫な仕様なのも、活発なアスリートには嬉しいポイントですね。

 

 

ウインタースポーツ以外にも対応する汎用性

高機能なスウィックスのベースレイヤーが活躍するのは、ウィンタースポーツに限りません。

運動量の多いカヌーやボート競技選手など、寒さと戦うトップアスリートからも好評です。

ラグランスリーブで縫い目が肩の上に無いため、ザックなどに干渉することなく、秋から冬の寒い時期のトレッキングにも活躍します。

また、トップスは前よりも後ろ側が長いデザインになっていて、腰回りを温かくカバーしてくれるので、ロードバイクなど前傾姿勢になるスポーツにもばっちりですね。

1枚で着てもカッコいいデザインなので、冷涼な時期のランニングにも最適ですし、フィットネスクラブでの運動にもおすすめ。

もちろん寒い時期の釣りやキャンプなどのレジャーシーンにもばっちりなので、スウィックスのベースレイヤーを用意しておけば、レジャーからスポーツまで幅広いシーンで活用できます。

 

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー

 

 

SWIXベースレイヤーのラインナップ

 

 

SWIXベースレイヤーはメンズとレディースに分かれていて、基本的な機能は同じですが、カラーやフィットが異なります。

男女の体系別にしっかりとフィットする設計はもちろん、デザインにも力を入れているのはおしゃれに敏感なアスリートにも嬉しいですよね。

それぞれのラインナップの機能と、特徴をあわせてご紹介します。

 

レースボディ

 

背中の部分が切り替えになっていて、ステッチのアクセントが効いていますね。

こちらも北欧ブランドらしいパステルなカラーリングで、デザインもクールです。

とくにウィンタースポーツにおいては上半身の汗が気になるので、肌へのべたつきを抑え、素早く汗を逃がしてくれるスウィックスのレースボディはおすすめです。

 

レースパンツ

RACE pants men’s
RACE pants woman

 

レースボディと同素材のボトムスもフィット感抜群で、活発に動く下半身もしっかりカバーします。

レジャーシーンでは下半身の冷えは大敵なので、しっかり保温し動きやすいスウィックスのレースパンツはもってこいですね。

トップス、ボトムス共にサイズ感は日本のサイズより若干大きめ。

ベースレイヤーはフィット感が重要なので、日本でMサイズを着ているなら、ワンサイズ落としてSサイズがおすすめです。

SWIXのベースレイヤーは伸縮性が非常に高いので、やや小さめでもしっかり体にフィットします。

 

 

販売情報

SWIX(スウィックス)のベースレイヤー
スウィックススポーツジャパン株式会社

 

 

 

 

モニターレビュー

ヨーロッパ♪アルプストレッキング♪FIZAN(イタリア)のトレッキングポールとSWIXをモニターレビュー!

登山での機能性抜群!雪の残る標高2763mで試したSWIX(スウィックス)ベースレイヤーをレビュー!

SWIX スウィックスのベースレイヤーは冬ランに使えるか?!サイズ感から使用感まで徹底レビュー

 

画像提供:SWIX

 

 

まとめ

SWIXのワックスは知っていたけれど、ウェアでも好評を得ています。SWIXがアスリート達に厚い信頼を得ているのは、経験や理論だけでなく「結果こそすべて」という開発ポリシーがあるからこそ。そんな熱い思いを持ったブランドなら、ベースレイヤーも信頼できますよね。興味を持たれた方は是非試してみてくださいね。

アウトドアファッションカテゴリの最新記事