アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

サーフィン用ワックスの使用方法とおすすめをご紹介

サーフィン用ワックスの使用方法とおすすめをご紹介
サーフボードに乗る際のグリップ力を高めるサーフワックス。小物アイテムではありますがサーフィンのパフォーマンスに大きくかかわる重要なアイテムです。近年では様々なニーズで多様化しています。ここでは改めてサーフワックスをご紹介していきます。

サーフィン用ワックスとは

サーフィン用ワックス

発砲素材を樹脂とクロスで覆うように作られるサーフボード。

水の上を滑るという行為上、表面は滑らかな質感になります。

そのためサーファーが乗るデッキ面は、そのまま乗ると滑りやすいためグリップ力を高めるサーフワックスが生まれました。

ワックス以外でもグリップ力を高めるアイテムとして、デッキパッドやグリップシートなどは存在しますが、コストパフォーマンスにも優れているサーフワックスを愛用しているサーファーがほとんどです。

海に入る直前にサーフボードにワックスをゴリゴリと塗る瞬間は、サーファーのワクワク感が詰まっています。

 

サーフワックスは季節ごとに塗り替える

サーフィン用ワックス

日本のように四季の移り変わりがはっきりしている地域だと水温や気温の寒暖差が大きく、それに合わせて柔らかさの違うものを使い分ける必要があります。

多くのワックスブランドが扱っているものはBASECOAT(ベースコート)が1種類と、トップコートがTROPICAL(真夏)、WARM(夏前後時期)、COOL(春秋)、COLD(冬)の数種類といったラインナップ展開です。

サーフワックス「BASECOAT」

ベースコートは下地となるワックスで、一番硬いものになります。

硬いワックスで滑らかなサーフボードの表面に凸凹をつくるために塗ります。

コツとしてはあまり力を入れて押さえつけすぎないように塗るとツブツブの凸凹ができやすいです。

このベースコートを格子状に塗って、自分好みにアレンジをするサーファーもいます。

サーフワックス「TROPICAL」

夏用のトップコートです。真夏の気温に、水温が24℃以上位のコンディションで使うワックスです。

ただ、夏でも朝晩の気温が低い場合など少し硬くて滑るようなら、WARMを少し塗るのがおすすめです。

サーフワックス「WARM」

気温や水温が夏ほど高くない夏前後の時期で、日本だと初夏や初秋に使用することが多いです。

夏期も少し柔らかめグリップが好みのサーファーは、涼しいエリアではWARMを使用することもあります。

サーフワックス「COOL」

春~秋期に使用するトップコートです。

水温が14℃~20℃前後位の時に使います。

冬期もブーツなどにべたつくのが嫌な方はCOOLを使用するといいでしょう。

サーフワックス「COLD」

真冬の気温や水温の時に使用します。冬期にサーフィンをしない方は、COLDは必要なくCOOLまで持っていれば十分です。

一番柔らかいため、保管する時に暖房が効き過ぎる環境などでは溶ける可能性があります。

シーズン後に保管する時は冷暗所などがおすすめです。

サーフィンカテゴリの最新記事