祝 2020年1月「DANG SHADES」 FENTON Black Soft X Green Mirror(偏光) / Greenfield「公式LINEお友達登録」で 毎月プレゼント!

釣り方で服装を考えよう!釣りのスタイル別におすすめ冬服をコーディネート

釣り方で服装を考えよう!釣りのスタイル別におすすめ冬服をコーディネート
   
春夏秋冬釣りを楽しみたいのは釣り師の本能です。なかでも辛いのが冬の釣りですが、服装次第で十分楽しむこともできます。釣りのスタイルによって、服に求める機能も変わりますよね。そこで今回は、釣りのスタイル別に冬服をコーディネートしてご紹介します!
   

サビキ釣りや投げ釣りにおすすめの冬服ウェア(服装)

冬 釣り ウェア(服装)

 

サビキ釣りや投げ釣りなど、堤防からの釣りはとくに寒さが厳しい釣りです。

周囲に風をさえぎってくれるものがなく、動き続ける釣りではないので体温をどんどん奪われていきます。

でも、冬の堤防はタチウオやカサゴなど、美味しい魚も多いので逃したくありませんよね。

そんな寒くてもじっくり釣りたい冬の堤防では、「保温」と「発熱」も意識してコーディネートしましょう。

 

厚手のアウターで冷気をシャットアウト

サビキ釣りや投げ釣りなど、待つ釣りでは動きやすさはそこまで必要ではありません。

厚手のアウターで冷気をシャットアウトしましょう。

リプナーの防寒スーツはゆったりしていて、厚手のインナーやミドラーなどを着たい方にもぴったりです。

 

リプナー LIPNER 動作快適防水防寒スーツ カーティス

 

発熱インナーで中から暖めよう

動かない釣りでは筋肉からの発熱に頼れないので、徐々に体温が奪われていきます。

発熱インナーを着ていれば、湿気で中から加温してくれるので、動かない釣りにもおすすめです。

テスラのHeat Fitインナーはフィット感もありごあつきにくく、価格も安いのでおすすめです。

 

テスラ TESLA メンズ 冬用起毛 Heat Fit インナーウェア

 

滑らないシューズも必須

冬の海に転落、それは死を意味します。

暖かさはもちろん、濡れたコンクリートでも滑らない靴は必須です。

冬靴にはうるさい道産子から厚い信頼を得ているミツウマ長靴は、凍った路面にも対応する防滑ソール装備で、暖かさもあるのでおすすめです。

 

 

 

バスフィッシングにおすすめの冬服ウェア(服装)

冬 釣り ウェア(服装)

 

待つ釣りに対し、バスフィッシングはキャスティングを繰り返す動きの釣りです。

寒さ対策はもちろんですが、動きやすさも必要です。

バスフィッシングやロックフィッシングでは、「保温」と「動きやすさ」を重視してコーディネートしてみましょう。

 

薄手で冷気をシャットアウトするアウターを選ぼう

絶えずキャスティングを繰り返し、よくポイントを変えるバスフィッシングでは、筋肉からの発熱で意外にも暖かいことが多いです。

その熱を逃がさないような素材であれば、薄手で動きやすいものでもOKです。

ダイワのウィンターウェアはゴアテックス採用で薄手でも暖かく、投げ釣りにも対応する動きやすさもあるので、アクティブなアングラーにもおすすめです。

 

ダイワ ゴアテックス プロダクト ウィンタースーツ DW-1208

 

発熱インナーは要注意

よく動くバスフィッシングでは、あまり厳重な装備だとむしろ暑いこともあります。

そこに発熱インナーを組み合わせると、暑すぎて蒸れるようなこともあるので注意が必要です。

通気性と保温性、動きやすさを両立したSWIXレースボディのようなインナーがおすすめですね。

 
スウィックス Swix ボディウェア レースボディ メンズ

 

グローブにこだわろう

バスフィッシングでもっともこだわってほしいのがグローブ(手袋)です。

キャスティングとトリーブを繰り返すだけでも、ラインから水滴が飛んで手が濡れてかじかんでしまいます。

発熱素材で暖かく、動きを邪魔しないダイワの伸張発熱グローブような商品がおすすめですね。

 
 画像をクリックして拡大イメージを表示 ダイワ DAIWA  グローブ 伸張発熱グローブ3本カット DG-96009W

 

 

エリアトラウト(管理釣り場)におすすめの冬服ウェア(服装)

冬 釣り ウェア(服装)

 

冬は渓流が禁漁になることが多いので、冬のエリアトラウトは聖域ともいえますね。

正確なキャスティングは管釣りの醍醐味なので、動きやすい服装は前提ですが、そこまでポイントを移動したりすることはないので体からの熱にはあまり頼れません。

このため、エリアトラウトでは、「動きやすさ」と「発熱」を意識したコーディネートがおすすめです。

 

薄手で保温と防水を意識したアウター

薄手で動きやすく、冷気を通さないことも重要ですが、防水性もあると安心です。

大型のニジマスなど、ランディングで水をかぶったという方も少なくないですよね。

シマノのレインウェアは防水性も高く、シックなカラーで魚を警戒させにくいのでおすすめです。

 

SHIMANO シマノ  レインウェア フィッシング DSベーシックスーツ RA-027Q グレーパシフィックカモ XS 透湿 防水

 

発熱タイツで動かず温か

管理釣り場では、バスフィッシングのように頻繁に場所を移すシチュエーションは少ないので、体温を維持するのが少し難しいです。

キャスティングで動かす上半身よりも、動かさない下半身のほうが寒さを感じやすいので、タイツだけでも発熱インナーにすると快適です。

 
MIZUNO ブレスサーモアンダーウェア エブリプラス

 

 

 

オフショア(船釣り)におすすめの冬服ウェア(服装)

冬 釣り ウェア(服装)

 

船の上からの釣りは、冬の釣りでももっとも寒いシチュエーションといっても過言ではありません。

しかし、冬のヒラメなど、寒い中釣ったからこそ楽しめる味覚があるのも事実。

オフショアでは、これでもかというほど暖かいコーディネートしましょう。

 

アウターはスキーウェアがおすすめ

船釣り用のアウター選びでは、スキーウェアも検討してみましょう。

スポーツに対応する動きやすさを確保している上、ポケットも多く機能性もばっちりです。

秋口になると古着も並び始めますが、防水機能が劣化していることも少なくないため、せっかく買うなら新品のほうがおすすめです。

ONYONEは新潟のウェアメーカーで、コスパがよく伸縮性が高い素材で動きやすさも評判です。

 

 

ミドルレイヤーはダウン推奨

船釣りでは、アウターとインナーだけでなく、その間に着るミドルレイヤーも必須です。

保温性を重視するなら、最近軽量で薄いものも増えたダウンがおすすめです。

レスマートの軽量ダウンは暖かさもあり、もし脱ぐときもポケットに入るほどコンパクトに収納できるのでフィッシングシーンにもおすすめです。

 

Lesmart レスマート ダウンジャケット メンズ 防寒 登山 防風 コート ウルトラライトダウン 軽量

 

快適性を重視した機能性インナーを選ぼう

ここまでは、動かないシチュエーションでは発熱インナーをおすすめしましたが、船釣りではそれだけに限りません。

アウターとミドラーで十分保温できていれば寒さは気にならないですが、その分汗による湿気がこもりやすく、着心地も気になります。

ラパサのインナーは防寒・保温性能に優れ、通気性も確保し肌触りも柔らかいので、長丁場の釣りにもおすすめです。

 

ラパサ Lapasa あったかインナー 上下セット

 

 

まとめ

冬の釣りは過酷でもありますが、味が上がったり夏には釣れない魅力的な魚も多いシーズンです。釣りと一口にくくっても、スタイルやフィールドはさまざまで、ウェアに求める機能も変わります。寒さを対策するだけでなく、釣りのスタイルに合わせて、ウェアの素材や動きやすさにもこだわって、快適に冬の釣りを楽しみましょう!


海釣りカテゴリの最新記事