11月は「キャリー ザ サン 」 折りたたみ 太陽光充電式 LED ランタン / Greenfield「公式LINEお友達登録」で アウトドアスポーツアイテムを毎月プレゼント!

トレッキング用ザックの選び方と初心者におすすめのザックをご紹介

トレッキング用ザックの選び方と初心者におすすめのザックをご紹介
   
トレッキング用ザックにはさまざまな種類があるので、初心者のうちはどれを選んだらいいか迷ってしまいがちですよね。選び方を間違えると、事故につながることもあるため注意が必要です。ここでは、初心者におすすめのトレッキング用ザックを紹介します。
   

トレッキング用ザックの選ぶときのチェックポイント

トレッキング用ザックは、なるべく身体に負担のかからないものを選ぶ必要があります。

ここでは、トレッキング用ザックを選ぶときにチェックすべきポイントを紹介していきます。

 

容量をチェック

トレッキング用ザック

 

トレッキング用ザックには、日帰り向けの軽容量ザックから、テント泊をする場合の大容量ザックまで、さまざまな容量があります。

日帰りの場合は10〜20L、夏に山小屋で宿泊する場合は20〜35L、春や秋に山小屋に宿泊する場合は35〜50L、テント泊をする場合は50〜80Lが最適です。

一回り大きなサイズを持っているとなにかと融通が効きますが、慣れないうちから大きな荷物を持って出かけるのは危険です。

さまざまなサイズを試してみて、自分のトレッキングスタイルに合った容量を選びましょう。

 

ウエストベルトをチェック

トレッキング用ザック

 

長時間トレッキングする場合は、肩の負担を軽減するために、荷物を肩だけでなく腰で支える必要があります。

ウエストベルトつきのザックを選ぶのがベストですが、ウエストベルトがついていたとしても、体型にフィットしないものはおすすめできません。

ベルトの長さや細さ、固さなどをチェックして、なるべく不快感がないものを選びましょう。

 

ポケットをチェック

トレッキング用ザック

 

帽子やボトルなどの小物や、頻繁に取り出す物を収納できるポケットは、トレッキング用ザックを選ぶうえで非常に重要な存在となります。

伸縮性のあるポケットなら、さまざまなサイズの物を収納しやすいので、なにかと重宝します。

ポケットのサイズや位置などを確認して、つかい勝手のよさをチェックしておきましょう。

 

雨蓋をチェック

トレッキング用ザック

 

雨蓋(リッド)は、ザックの上から圧迫して、中身を安定させる上で非常に重要な役割を果たします。

雨蓋という名のとおり、雨から守ってくれる役割もありますが、ほかにもジャケットやゴミを挟んでおきたい場合に役立ちます。

雨蓋は絶対に必要というわけではありませんが、頻繁につかうものを素早く取り出すことができるため、あったほうがつかい勝手は向上するでしょう。

 

 

初心者もつかいやすい!おすすめトレッキング用ザック

初心者がいきなり大容量のザックを背負うのは危険です。はじめてトレッキング用ザックを買うなら、30〜40Lがおすすめ。

30〜40Lのトレッキング用ザックならほかのアクティビティにもつかえるので、ひとつ持っておくと重宝します。

 

OSPREY(オスプレー) ケストレル 28-48

 

OSPREY(オスプレー) ケストレル KESTREL 28-48

 

オスプレーを代表するモデル「ケストレル」は、ポケットのつかい勝手が抜群。

伸縮性のあるメッシュポケットを始め、メインコンパートメントに直接アクセスできるサイドジッパーポケットなど、つかいやすい構造となっています。

背面長が調整できるので、ひとりひとりの身体にぴったりフィットします。

ザック自体は軽量ですが、大容量収納ができるため、日帰りトレッキングから旅行まで幅広く活躍してくれるでしょう。

 

MILLET(ミレー) リュック サースフェー 30+5

 

[ミレー] リュック サース フェー 30+5(SAAS FEE)

 

バックパック作りに定評のあるミレーでは、登山用・トレッキング用のサースフェーシリーズを展開しています。

ショルダーとヒップにクッション性のあるフォーム、全体に耐久性抜群のナイロン素材を採用するなど、身体のフィット感に重点をおいた作りが特徴です。

ボトルが取り出しやすいメッシュポケットや、高さ調節可能な雨蓋など機能性も抜群!

オールラウンドな特徴を備えているので、ビギナーから上級者まで安心してつかえます。

自分に合った背面長のものをチョイスしましょう。

 

Coleman(コールマン) リュックサック ウォーカー33

 

[コールマン] リュックサック ウォーカー33

 

キャンプ用品で有名なコールマンから、汎用性が高いザックが登場。

つかいやすい33Lサイズなので、日帰りトレッキングはもちろん、デイリーユースにも最適です。

外側と内側に合計7つのポケットが付いており、小さなアイテムも簡単に収納しやすいのが魅力。

シンプルなデザインなので、年齢・性別問わず使用できます。

カラーバリエーションも豊富なので、友人や家族と色違いで揃えてみるのもいいですね。

 

Seibertron(サイバトロン) バックパック 3Pタクティカル MOLLE対応

 

サイバトロン バックパック 3Pタクティカル MOLLE

 

37Lのメインバッグにサイドバッグふたつがついた、サイバトロンのミリタリーバッグ。

好きなポーチやカラビナなどをつけて、自分好みにカスタマイズできます。

布地やファスナーも頑丈なので、ハードユーズも可能。ウエストベルトとチェストベルトを調整することにより、重めの荷物も負担を軽減することができます。

持ちやすさ、つかい心地に優れているので、初心者から上級者まで幅広い方におすすめです。

 

マウンテントップ(Mountaintop) バックパック 40L

 

マウンテントップ(Mountaintop) バックパック 40L リュック

 

シンプルな外観が特徴的なマウンテントップのザック。

シンプルでありながら40Lの大容量で、衣類から15.6センチのパソコンまで、たっぷり収容できます。

通気性のいいメッシュ素材を使用しているから、汗をかいても蒸れずに快適。

7カラー用意されているので、男女問わず利用可能です。

 

 

まとめ

トレッキング用ザックを選ぶときは、自分に一番フィットするものを選ぶ必要があります。長時間動いても疲れない工夫がされているものや、腰や背中にフィットしやすい設計であれば安心です。初心者のうちは、なるべくシンプルなザックを購入しましょう。経験を積んでいくうちに、どの機能が必要でどの機能が不要なのかがわかってくるため、自分のニーズに合うザックを見つけやすくなります。

登山カテゴリの最新記事