キャンプで燻製にチャレンジしてみたい!燻製器を使えば誰でもかんたんにおいしくできる!

Greenfield

キャンプで燻製にチャレンジしてみたい!燻製器を使えば誰でもかんたんにおいしくできる!

燻製って流行っているけど、なんだか難しそう…と思っていませんか?燻製は、燻製器があれば誰でも気軽に楽しめるんですよ。一度体験すれば、食材選びやスモークウッドの種類など、奥が深い燻製の世界にハマってしまうこと間違いありません!今回は、初めて燻製にチャレンジする方におすすめの食材や燻製器を紹介します♪

燻製に必要な道具は?

燻製

出典 SOTO

 

実は燻製は、意外と少ない道具で始められます。

まず必要なのが、燻製器です。

燻製器は段ボールなどで自作する人も多いですが、空気の通りが悪かったりして失敗することがあります。

市販の燻製器なら、誰でも簡単に燻製できる設計になっているので、失敗なくおいしい燻製ができますよ。

燻製器の他に、香りをつけるスモークウッドかスモークチップも用意します。

スモークウッドはお線香のように一度火がつくと煙が出続けるので熱源不要、スモークチップは熱源が必要です。

一般的に燻製に使われるスモークウッドやチップは、サクラやヒッコリーが多いようです。

サクラは香りが強めなので肉や魚に、ヒッコリーはクセが少ないのでオールマイティーに使えます。

他にも、りんごやメープルなど様々な種類があり、好みの香りを見つけることも燻製の楽しみのひとつなんです。

 

 

 

スモークチップの場合はツーバーナー、ガスコンロなどの熱源が必要です。

スモークウッドに火をつける際はライターでは難しいので、トーチバーナーを用意しましょう。

 

 

 

燻製におすすめの食材

燻製

 

どんな食材も味わいが深まりおいしくなる燻製。

初心者なら、塩漬けなどの行程が必要な本格的なものではなく、香り付けだけして楽しめるものがおすすめです。

例えば、チーズやウィンナーなど、あらかじめ食材に味が付いているもの。

また、鮭やししゃもなどの魚も簡単においしくできます。

最近人気なのは、コンビニで売っているサラダチキン!

しっかり味付けされているので、燻すだけでごちそうに変身します。

たくあんなんかもおすすめですよ~♪

 

 

初心者におすすめの燻製器

ソト いぶし処 お手軽香房

出典 SOTO

 

ソトは燻製器のバリエーションが豊富です!

中でもおすすめなのが、こちらのいぶし処お手軽香房。

厚さ4.4cmまでコンパクトに折り畳めるので、キャンプにもってこいなんです。

魚やベーコンを吊るすフックも付いています。

 

 

ソト 燻家 スモークハウス

出典 SOTO

 

とにかくコスパ最強な段ボール製の燻製器。

スモークウッドもセットになっているので、試しにやってみたいという方にピッタリ。

段ボールだけど、繰り返し使えますよ。

コンパクトに収納もできます。

 

 

ソト スモークポットコロ

出典 SOTO

 

自宅のキッチンで気軽に燻製が作れるポットです。

美濃焼きの耐熱陶器素材で、短時間でおいしいスモークができます。

見た目が名前のとおりコロっとしていてかわいいですね。

アウトドアに持ち運ぶ際の専用ケースも別売りで販売されています。

 

 

キャプテンスタッグ 燻製 ビギナーセット

 

燻製に必要なもの全てが揃っているビギナーセット。

チップはもちろん、クイックチャッカーや軍手、レシピ本まで揃っています。

すぐに燻製を始められるので、プレゼントにもいいですよね!

 

 

ユニフレーム インスタントスモーカー

燻製

出典 UNIFRAME

 

超コンパクトに収納できるユニフレームの燻製器。

ガルバニウム鋼板製で、小さくてもしっかりした作りです。

三角形のフォルムもかっこいいですね。

大量の食材を燻せるロングタイプもあります。

 

 

スノーピーク コンパクトスモーカー

燻製

出典 Snowpeak

 

スノーピークらしい美しいデザインのスモーカー。

コンパクトながらも2段に分かれていて一度にたくさんの燻製を作ることができます。

密閉度が高く、煙が漏れにくいので自宅でも気軽に使用できるようです。

鍋代わりに使うこともできるので、キャンプでも大活躍するはずですよ。

 

 

 

まとめ

一見難しそうな燻製も、燻製器があれば意外と簡単にチャレンジできそうじゃないですか?まずはチーズやウィンナーなど簡単な食材で試してみてはいかがでしょう。手作りの燻製は買ったものとは比べ物にならないくらい、香り高くおいしいですよ♪

公式アカウント

関連記事