アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)「KAMADOスマートグリルB6型」は調理や焚火もできる万能ギア!

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)「KAMADOスマートグリルB6型」は調理や焚火もできる万能ギア!
ソロキャンプで大人気のコンパクトグリル。実際の使い勝手はどのようなものなのでしょうか?今回は、コンパクトグリルのなかでもおすすめのキャプテンスタッグ「KAMADOスマートグリル」についてメリット・デメリットなどを交えて解説していきます。

キャプテンスタッグ「KAMADOスマートグリル」

KAMADOスマートグリルB6型 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

ソロキャンプがブームの昨今、卓上で使用できる小さいサイズのグリルはコンパクトでありがなら、調理も焚火もできるという万能ギア。

ソロキャンプだけでなくファミリーキャンプでも注目を集めています。

そんなコンパクトグリルのなかでも人気の、キャプテンスタッグ「KAMADOスマートグリルB6型」をご紹介します(以下、KAMADOスマートグリル)。

KAMADOスマートグリルのスペック

サイズ(展開時)幅200×奥行125×高さ180mm
サイズ(収納時)幅200×奥行125×厚さ35mm(グリルのみ)
幅240×奥行180×厚み35mm(バッグ収納時)
網サイズ(約)163×108mm
重量約825g
セット内容本体×1、炭受け×1、ゴトク×1、アミ×1、目皿×1、収納バッグ×1
素材本体・炭受け/ステンレス鋼、ゴトク・アミ・目皿/鉄(クロムメッキ)、収納バッグ/ポリエステル
トレー耐荷重約200g

セット内容は本体、ゴトク、網、目皿、炭受け、収納バッグが入っています。本体と炭受けはサビにくいステンレスでできており軽くて丈夫です。

食材をおくゴトクなどはクロムメッキ処理された鉄製で食材がこびりつきづらくなっています。

収納時から組み立てまではとても簡単です。本体を広げコの字型に立て炭受けを適度な高さに取り付けます。

あとは網などを置くだけ。炭受けは3段階の高さ調節ができるので、火力調整も可能です。

 

KAMADOスマートグリルのメリット・デメリット

KAMADOスマートグリルB6型 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

ここからは、筆者が実際に使用して感じたメリット・デメリットについて紹介します。

KAMADOスマートグリルのメリット①コンパクトで組み立ても簡単!

まず目を引くのがそのコンパクトさ。だいたい大きめの漫画本と同じくらいのサイズです。付属の収納バッグに入れれば持ち運びも便利。

筆者はバッグに炭がつくのが嫌なので、ビニール袋に入れてからバッグにしまっていますが、口が大きいのですんなり入り使いやすいです。

KAMADOスマートグリルのメリット②調理にちょうどいいサイズ感

サイズはコンパクトですが炭や薪を入れる口が大きいので、火の扱いはらくらく。筆者は先に薪等で火力を出してから炭を入れて使いました。

さすがに大きい薪1本は入りませんが、小枝や小さく切った薪なら難なく入り、アルコールストーブや固形燃料なども使えます。シーンにあわせて燃料を選べるので、自由度は高いです。

調理するエリアは163×108mmと大きくはないですが、その分、ひとつひとつの食材に目を通しやすいので焦げ付く等の失敗は少ないと思います。

炭受け部分はオープンな造りになっているので、上段で肉を焼き、下段ではマシュマロを焼いたり、サツマイモをアルミで包んで焼き芋をするといった使い方も。

小さいながらも使い勝手がよく、調理のバリエーションは高いギアです。

KAMADOスマートグリルのメリット③火力調整がしやすい!

炭受け部分は3段階の高さ調整ができるので、いちばん低い段から弱火、2段目で中火、3段目で強火と火力調整がしやすいのも魅力のひとつ。

この高さ調整がないと「弱火~強火」を炭の「少ない~多い」などで調整するしかなく初心者には難しいところ。

高さを調整するだけで火力調整ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

KAMADOスマートグリルのデメリット:灰・ススよけ皿は必要

KAMADOスマートグリルB6型 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

火力調整がしやすい半面、前面がオープンになっている造りなので、炭やススはどうしてもでやすく周りは汚れがち。

グリルより大きめサイズの金属製バッターまたは焚火シートなどをしくのがおすすめです。

また、キャンプではあまり気にならないかもしれませんが、食材などは少し離して置いた方がいいでしょう。

キャンプ道具カテゴリの最新記事