【これからはじめる渓流釣り】渓流用ウェーダーの選び方と予算別おすすめウェーダー

Greenfield

【これからはじめる渓流釣り】渓流用ウェーダーの選び方と予算別おすすめウェーダー

渓流釣りを始めようと思ったときに、まず揃えなければいけないのがウェーダーです。しかし、ウェーダーの種類はたくさんあり、値段もピンキリで、どれを選んだらいいのか分からないですよね。渓流釣りのウェーダーを選ぶポイントは、サーフや湖で使用する場合とは異なります。今回は、初めて渓流用のウェーダーを選ぶ方向けに、選ぶポイントとおすすめのウェーダーを予算別に紹介します!

海や湖とは違う!渓流釣り用ウェーダーの選び方

形や素材はどれがいい?

渓流釣りは、下流から上流に向かって釣り上がるスタイルが基本です。

海や湖や沼などの釣りに比べて運動量が多いため、いかに動きやすいかが重要になります。

 

 

ウェーダーには、ネオプレンソックスの上からウェーディングシューズを履く「ストッキングタイプ」と、ウェーダーとシューズが一体型になった「ブーツフットタイプ」がありますが、機動性が求められる渓流釣りでは、断然ストッキングタイプがおすすめです。

また、ウェーダーの長さの種類として、腿までの「ヒップウェーダー」、腰までの「ウェストハイウェーダー」、胸までの「チェストハイウェーダー」があります。

渓流では意外と深いところに立ちこむこともありますので、万能に対応できる「チェストハイウェーダー」を選んでください。

素材は、ナイロン素材、防水透湿性素材、ネオプレン素材などがありますが、夏場でも蒸れにくく快適に釣りができる透湿性素材のウェーダーをおすすめします。

 

渓流用のウェーダーブランドは?

 

一言でウェーダーと言うと、ノーブランド品も含め相当な数のメーカーが作っていますが、渓流用には渓流用のブランドというものがあります。

代表的なのはシムス、パタゴニア、オービス、フォックスファイヤー、リトルプレゼンツあたりです。

ダイワやシマノなどのウェーダーは、海でのシェアは大きいですが、渓流ではあまり見かけません。

もちろん、それらが渓流で使えないわけではありませんが、わざわざ選ぶ理由も特にないので、渓流に特化しているブランドのウェーダーを選びましょう。

 

 

最初の1着におすすめウェーダー

 

ウェーダーは、耐久性や快適性が値段と比例しています。

しかし、せっかくだから良い物を買おう!と、いきなりゴアテックスの5レイヤーのウェーダーを買ってしまうと、確かに耐久性には優れていますが、その分重くなるので初心者には使いづらいかもしれません。

最初の1着目には、1年を通して使えて、性能と値段のバランスの良いウェーダーを選ぶことをおすすめします。

渓流用ウェーダーの各ブランドには、だいたい3種類くらいのランク別のウェーダーが、松・竹・梅みたいな感じで用意されています。

ウェーダーは消耗品で、3年保てば良いようなものですから、「ストッキングタイプ」「チェストハイウェーダー」「透湿性素材」この3つのポイントを押さえていれば、一番下のスペックのものか、2番手くらいのものでいいと思いますよ。

以下では最初の1着におすすめのウェーダーをピックアップしてご紹介します。

ご予算に応じて選んでみてください。

 

予算2〜3万円台

モンベル チェストハイウェイダー ¥24,686

 

登山用ウェアのイメージがあるモンベルですが、実は渓流用ウェーダーも作っています。

ウエイダーのためにモンベルが開発した独自の防水透湿性素材「ドライテック」を採用した3レイヤーウェーダーです。

暑いときには胸部の生地を折り込み、サスペンダーで留めてウエストハイとしても使用可能。

ソックス部分は左右の足の形状に合わせた形状で、かかと部分の縫い目をなくすなど、はき心地も◎です。

モンベルの直営店は全国にたくさんあるので、試着や修理がしやすいこともメリットですね。

 

リトルプレゼンツ W-46 N3 チェストハイウェーダー ¥26,784

 

従来の生地よりも耐久性を向上させたオリジナル3レイヤー「LIPTEX-N3(R)透湿防水素材」にマイナーチェンジされ、より使いやすくなったリトルプレゼンツのチェストハイウェーダー。

ひざ部分の独自のパターンにより、足上げも楽で動きやすいです。

テフロン(R)撥水加工、防カビ加工処理済。

ショルダーベルトを取り外し、ベルトとして使用すれば、ウエストハイとしても使用できます。

 

パタゴニア メンズ・リオ・アズール・ウェーダー  ¥34,020

 

パタゴニア独自の防水透湿基準「H2Noパフォーマンス・スタンダード」を採用した4レイヤーのウェーダー。

脚の内側の最も摩耗しやすい箇所の縫い目を解消し、耐久性を強化するシングルシーム構造、ウェーダーを下げてウエストハイで着用する際のベルトにもなるサスペンダーのほか、内側のツール用デイジーチェーン、立体的にフィットするブーティと摩耗を削減するフラットパネル構造のグラベルガードを新しく採用しました。

パタゴニアのウェーダーの中で最もコストパフォーマンスに優れています。

 

予算4〜5万円台

オービス ウルトラライトコンバーチブルウェーダー ¥41,040

 

オービス独自の革新的なFIDLOCK SNAP(磁石とロックシステム利用した、簡単に取り付けできるサスペンダー)を採用し、チェストハイとウエストハイを簡単に切り替えられる軽量なウェーダーです。

3レイヤーの防水透湿素材で、膝から下は耐久性を上げるために4レイヤーになっています。

胸の外側にはYKK製アクアガード防水ファスナー付きの大型ポケットが備わり、胸の内側にも伸縮性の高いメッシュポケットを配置。

ウエストベルトは伸縮性があるので、締めたまま座っても苦しくありません。

 

フォックスファイヤー TRバーティカルツーシームウェーダー ¥51,840

出典 foxfire

 

3レイヤーのゴアテックスファブリクスを採用したフォックスファイヤーのウェーダーは、細身のシルエットでスッキリした印象。

センター・ツーシーム・パターンにより、細身ながらも足さばきの良さを実現しました。

ソックス部は立体裁断を駆使した左右非対称の3Dソックスパターンで、抜群のフィット感です。

インナーポケットはゴアテックスと止水ファスナー仕様(完全防水ではありません)なので、スマホなどを入れるのに適しています。

 

予算6万円以上

シムス ヘッドウォータープロストッキング  ¥62,640

出典 simms

 

渓流ではシムスのシェアが一番高いです。

ヘッドウォータープロストッキングは、3レイヤーのゴアテックスプロファブリックを採用したウェーダー。

ゴアテックスプロは通常のゴアテックスよりも軽量で、抜群の透湿性を発揮します。

アジャスタブルサスペンダー、冷たくなった手を温めるハンドウォーマーポケット、ジッパー付きのチェストポケットを備え、耐久性も◎。

フライフィッシングの聖地モンタナ製。

胸部のファスナーには別売りのティペットテンダーポーチを装着するとより便利ですよ。

 

女性の渓流用ウェーダーの選び方はこちらをご覧ください♪

【渓流フライガール】ウェーダー&ウェーディングシューズの選び方

 

 

公式アカウント

関連記事