5月はキャンプに最適なシーズンです。とはいえ、朝晩の寒暖差が大きい場合があり、寒さ対策が欠かせません。どのような対策がよいのかわからず、悩む人も多いのでは?そこで今回は、5月のキャンプで役立つ、寒さ対策やおすすめの商品を紹介します。

5月のキャンプでおすすめの寒さ対策

5月 キャンプ 寒さ対策

キャンプの寒さ対策を、具体的に4つ挙げて紹介します。快適な時間を過ごすコツもあるので、ぜひチェックしてください。

重ね着できる服装にしよう

寒暖差に対応するために、重ね着しやすいアイテムを選びましょう。さっと羽織れるアウターや、風をとおさないシャツがあると便利です。丸めてコンパクトになる、ポケッタブル仕様のアイテムなら、かさばらず持ち運びしやすいですよ。

また、オールシーズン使えるブランケットもおすすめ。膝の上にかけたり、ポンチョのように羽織ったりと重宝するでしょう。

テント内の底冷えに気をつけよう

就寝時は、地面からの底冷え対策が大切です。暖かい寝袋だけでは、底冷えを防げない場合があります。銀マットや断熱性のあるシートを敷いて、地面からの冷えを遮断しましょう。

夏用の寝袋しかない場合は、上から毛布やブランケットをかけてくださいね。厚手の毛布を寝袋の下に敷くのも、保温効果がありますよ。

食事を工夫しよう

5月 キャンプ 寒さ対策

体を内部から温めるには、食事を工夫しましょう。たとえば、鍋料理や熱々のスープなら、冷えた体が温まり、気持ちも安らぎます。辛さに抵抗がない人は、キムチ鍋など香辛料を効かせたレシピがよいでしょう。

焚き火を使って煮込み料理を作れば、暖をとれるだけでなく、体がぽかぽかと温まりますよ。

暖房器具を活用しよう

暖房器具も、キャンプの寒さ対策に有効な手段です。とくに標高が高いキャンプ場では、電源付きサイトを選んで、電気毛布やヒーターを活用しましょう。

また、冷たい手を温めるには、携帯用カイロもGOODです。サイズ違いでそろえておくとよいでしょう。使い捨てではなく、燃料を補充して、繰り返し使えるカイロもありますよ。自然を愛するキャンパーに、ぜひ使ってほしいエコな商品です。

おすすめアイテムは後述しますので、ぜひチェックしてくださいね。

GWのキャンプ場選びと寒さ対策については、こちらの記事もあわせてご覧ください。
キャンプの寒さ対策は大丈夫?春の寒暖差の備えを紹介

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。