ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

マットひとつで寝心地に差がでる!キャンプでのテント泊におすすめのマットをご紹介

マットひとつで寝心地に差がでる!キャンプでのテント泊におすすめのマットをご紹介
テントでの寝心地をもっと快適にするために、マットは欠かせないアイテムです。よりキャンプを楽しむためにも、睡眠はとても大切ですね。そこで今回は、種類ごとのメリット、デメリット、そしておすすめのマットもご紹介します。

キャンプやテントの寝袋の下にマットは必要不可欠!

キャンプ マット テント

キャンプのとき、テントと同じサイズのテント用インナーマットだけで満足していませんか?

確かにインナーマットは多少の厚みがありますし、その上に直接寝袋を敷いて、寝られないことはないかもしれません。

しかし、それだけではまだ地面のゴツゴツ感を背中に感じてしまうでしょう。

キャンプだからいちいち気にしない、といっても、寝心地が悪いせいで寝不足になってしまったら、次の日の体調に支障が出るかもしれません。

楽しいキャンプを台無しにしないためにも、テントでの寝心地は非常に重要なのです。

そこで、ぜひ手に入れてほしいのが「マット」。

寝袋の下に敷くだけで、一気に快適な眠りにつけるという、魔法のようなアイテムなのです。

 

キャンプマットの種類とそれぞれの特徴

キャンプ マット テント

マットの種類は大きくわけると3種類あります。

それぞれの特徴を把握して、自分のキャンプスタイルに合ったマットを見つけましょう。

キャンプで使える発砲マット

ウレタンなどのクッション性のある素材でできているマット。

発砲マットのメリットは軽量で安価に購入でき、保温性も高いということ。

一方で、収納時のコンパクトさに欠けるという点と、あまり厚さがないものは、地面の凸凹を感じやすくなってしまうといったデメリットがあります。

キャンプで使えるエアーマット

空気を入れて膨らませてつかうマットです。

弾力性があり、地面の凸凹を感じることはほぼありません。

エアーの感触が苦手という方も、マットの上に寝袋を敷いて寝るのでさほど気にはなりません。

デメリットは、空気を入れたり抜いたりする作業が大変なこと。

しかし近年はそれほど厚みがないマットなら、女性でも簡単に膨らませることができる製品も多くでています。

キャンプで使えるインフレーターマット

広げるだけで、半自動で膨らむ構造のマットです。

エアーマットよりも丈夫で、空気を入れる作業が少しで済むため(半自動でほぼ膨らみますが、仕上げに多少の空気入れは必要)、どなたでも楽に扱えます。

デメリットは、片付け時の空気を抜く作業が少し大変な点。

コンパクトさが特徴のため、しっかり空気を抜いておかないと、収納袋に入れにくくなります。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事