ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

冬キャンプはインナーテントなしで楽しめる!快適に冬キャンプをする方法

冬キャンプはインナーテントなしで楽しめる!快適に冬キャンプをする方法
人気のあるワンポールテントやティピーテント、軍幕などの場合、多くのキャンパーがインナーテントなしで冬キャンプを楽しんでいます。今回は、インナーテントなしで冬キャンプを快適に楽しむ方法を紹介していきます。

インナーテントなしの冬キャンプが人気

冬 キャンプ インナーテントなし

寒さを楽しむことが冬キャンプの醍醐味。タープやワンポールテント・ディピーテント、軍幕テントによる冬キャンプが主流になりつつあります。

人気の土間スタイルで冬キャンプができる

土間スタイルとは、グランドシートのない地面の土がむき出しの状態でキャンプをするスタイル。もちろんインナーテントなしの冬キャンプということです。

テント内と外との地面がつながっていることで、風が入りやすいことや虫が入りやすいといった問題がありますが、冬の季節のキャンプで虫の心配はありません。

また、風が流通することで、テント内で薪ストーブなどを使用することが可能になります。グランドシートがないため火の粉が飛んでも穴が開く心配もなく、土足のままでテントに出入りできます。

焚き火を楽しむキャンプスタイルが楽しめる

ブッシュクラフトで野営する際の基本形といえるのが、風などを遮るしゃへいぶつを背後にして、焚き火をすることです。

キャンプのときも同じスタイルで野営を楽しむソロキャンパーが増えています。

 

インナーテントなしのメリット・デメリット

冬 キャンプ インナーテントなし

インナーテントなしのメリットとデメリットをまとめました。

インナーテントなしのメリット

メリット①設営や撤収が簡単

インナーテントなしは、設営や撤収が簡単で早くおこなえる点がいちばんのメリット。筆者は、ワンポールテント・ティピーテントを使用することがありますが、設営も撤収も5分ほどで完了します。

メリット②テントの管理が楽

1枚のテントになるため、撤収のときとても早く折りたたんで収納袋に入れることができます。また、1枚のテントなので洗いやすくて、干しやすい、乾きやすい、とにかく管理が楽です。

メリット③コンパクトで持ち運びに便利

インナーテントやグランドシートがない場合、コンパクトになるので持ち運びに便利です。

筆者が使っているワンポール・ティピーテントは、重さ1㎏弱、45㎝×15㎝ほどの筒状。ソロキャンプや登山での長い距離の縦走によく持っていきます。

インナーテントなしのデメリット

デメリット①冬は寒い

インナーテントがないので、テントの下部から風が入りやすく、冬はさむいというのが最大のデメリットです。

デメリット②結露しやすい

インナーテントのないシングル構造の場合、テント内部と外との温度差が大きくなり、どうしても結露しやすくなります。

テントの側面であるウォールから離れてコットなどを置くようにしましょう。ウォールとシュラフが接触すると結露の水分を吸収してしまいます。

デメリット③虫が入りやすい

インナーテントなしでキャンプをするとき、気になるのが虫などの侵入です。しかし、冬キャンプであれば、虫はいないのでインナーテントなしでも問題はありません。

キャンプ道具カテゴリの最新記事