アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

親子で楽しめるアクティビティがいっぱい!低学年からできる川の遊び方♪

親子で楽しめるアクティビティがいっぱい!低学年からできる川の遊び方♪
「せっかくの夏休み、子どもと一緒にとびっきりの思い出を作りたい」というファミリーへ!低学年から体験できる、川のおすすめアクティビティをご紹介します。まったり楽しむものから、ちょっとドキドキするものまでたっぷりご紹介します!

川の流れと風を感じよう〜カヌー・カヤック

親子 川遊び

川のアクティビティといえば、まずカヌーやカヤックを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。いきなり自分でカヌーやカヤックを一式揃えるのはかなり敷居が(金額も…)高いので、はじめは体験ツアーを利用しましょう。

ツアーはだいたい4歳以上の子どもから参加できますが、パドルを持って漕げるのは小学生以上からのところが多いようです。

ところで、カヌーとカヤックの違いをご存知ですか?実は「パドルで漕ぐ小舟」の総称をカヌーといい、カヤックもカヌーの一種なんです。

カヌーは大きく分けるとカナディアンカヌーとカヤックに分けられ、その違いはパドルにあります。カナディアンカヌーは片側にだけブレード(漕ぐ部分)が付いており、カヤックは両側にブレードが付いています。

カヤックのほうがカヌーに比べ小型なものが多く、方向転換をする時もパドルを持ち替えなくていいので、子どもでもコントロールしやすいでしょう。

また、カヌーよりも体が水面に近くなるので、ダイレクトに川の流れを感じることができます。

ただし、カヤックはコックピットが小さいのであまり荷物を積めません。「釣り道具などを載せてのんびり浮かびたい」という場合はカヌーがおすすめです。

 

緩やかなコースなら子どももOK〜ラフティング

親子 川遊び

ラフティングとは、ラフトと呼ばれる専用のゴムボートを数人で漕ぎながら川を下る、スリル満点のアクティビティです。

水しぶきが飛び散るような急流を下るイメージがありますが、緩やかな流れのコースもたくさんあるので、子どもと一緒でも大丈夫。

最近では、中学や高校の修学旅行のプログラムにも選ばれるほど、人気のレジャーのひとつなんですよ。

ラフティングツアーでは、漕艇やレスキューの知識や技術を身につけたガイドが必ず同乗するので安心してください。ガイドの指示に従って、みんなで力を合わせパドルを漕いでいきます。

緩やかなコースといっても緩急があるので、のんびり景色を楽しむだけでなく、ちょっとしたスリルも味わいたい!というアトラクション好きなファミリーにぴったりです。

ページ: 1 2
   
   

 

 

川遊びカテゴリの最新記事