アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

水の事故を起こさない!知ってほしい川遊びの危険性と安全対策

水の事故を起こさない!知ってほしい川遊びの危険性と安全対策
夏になると川遊びを楽しむファミリーも多いでしょう。きれいな川で泳ぎ川の生き物を見つけるなど、とても楽しい経験です。しかし、夏に起こる水の事故の半分は川で起きているとの声もあります。今回は川遊びの危険性と事故を防ぐためのポイントを説明します。

知っておこう!川のもつ危険性

川遊び 事故・危険性

夏になると川遊びに行く家族も多くなります。しかし、川遊びは楽しい反面、一歩まちがえると水難事故に見舞われる可能性も。

実際、夏になると川での悲しい事故のニュースをみることがあります。今回は、そんな水の事故にあわないために、覚えておくべき川の危険性を説明していきます。

川の危険性①外からではわからない深み

川は陸からみると、水中の様子がわからないことが多々あります。たとえば、浅く見えても急に深くなっている場所、水流が変わる場所などがあるのが川の恐ろしいところ。

筆者もカヤックで川を下っている途中、茂みにある横穴に気づかず、カヤックごと吸い込まれそうになった体験をしました。近くにいた友人に引き上げてもらったので助かりましたが、水の力に恐怖したできごとでした。

川の危険性②川底は砂だらけでアリ地獄状態

川の様子は陸から把握するのが難しいのですが、川底も同様です。とくに砂が堆積した川底は危険です。

足がつかないと気づいて岸に戻ろうとしても、砂の堆積した底は足をとられ踏ん張りがききません。どんどん沈んで、アリ地獄のように沈んでいってしまう怖さがあります。

川の危険性③子どもは静かに溺れる

川で人が溺れるとき、大きな音をたてたら気づくことができます。しかし、子どもは声を出さずもがくこともなく沈んでいくことがあります。

「本能的溺水反応」と呼ばれ、とくに乳幼児によくみられる反応です。溺れていることに気が付いていない、呼吸をすることに精一杯で、声を出すことができないために起こると言われています。

 

川遊びの安全対策

川遊び 事故・危険性

川の危険性を確認したところで、それでは川遊びをする際に、どんなところに気を付ければいいのでしょうか?ここでは、川遊びで気を付けるべき安全対策について紹介します。

対策①目をはなさず一緒に遊ぶ

前述したとおり、子どもは静かに溺れます。そのため、子どもが危険な状態なのかは、岸から見ているだけでは気付くのがむずかしいことがあります。やはり、一緒に川に入ってあそぶというのが、いちばんでしょう。

対策②ひざより深い場所は避ける

小さい子どもとあそぶのであれば、深い場所は避けましょう。目安としては、水深がひざより下であれば、水中を歩くことができるといわれています。

そのため、小さい子どもとの川遊びでは、ひざより下くらいの水深の川を、ひざより上であればライフジャケット着用しましょう。

対策③ライフジャケットをつける

先程も少し触れましたが、ライフジャケットをつけていれば、浮いて救助を待つことができます。顔が水面に出ていれば助かる確率が高くなるのです。

子ども用のライフジャケットは、川遊びの必需品として持っていきましょう。つけた後、首の後ろから上に引っ張って、ぬげないかチェックも忘れずに。

ページ: 1 2
   
   

川遊びカテゴリの最新記事