アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

猛暑にぴったりな新しい川遊び 簡単・軽い・丈夫の三拍子な 持ち運べるイカダ「パックラフト」ツアーを開始

猛暑にぴったりな新しい川遊び 簡単・軽い・丈夫の三拍子な 持ち運べるイカダ「パックラフト」ツアーを開始
ボートの保管場所、持ち運びにくさなどで、少々ハードルの高かった川下りというウォータースポーツを「簡単・軽い・丈夫」持ち運べるイカダ「パックラフト」を導入し、日本の清らかな川を身近で簡単に体感できるツアーを創業当時から主催しています。より多くの方に安心してパックラフトの魅力を体感していただきたい思いから、「家族貸し切りプラン」もスタートします。

パックラフトとは?

パックラフト

簡単に言うと、折り畳める(パック、パッキング)イカダ(ラフトボート)という意味。最軽量モデルだと3キロ未満の重さで、折り畳むと2リットルペットボトル1.5本くらいの小ささとなり、登山用ザックや自転車などで携行することができる。電車でも小さな車やバイクでも簡単に持ち運ぶことができるのです。
軽量のため操作性も軽くお子様でもすぐに漕げるようになる。それでいて、水上での安定性が抜群に良く、ボートに荷物も積める。軽さを重視した静水用モデルと、より丈夫な素材と形状で作られた激しい川下り用の流水用モデルがあります。

■パックラフトツアー
パックラフトツアーでは、流れのない「湖」と流れのある「川」に分かれます。「湖」では、風が強くない限り波が立つことはなく、パックラフトに水が浸入することはありません。濡れてもパドルの雫が落ちてくるくらいです。危険性も少なくガイドからの安全説明を守れば落ちたりするリスクはとても低いです。
一方、川にはたくさんの危険が存在します。川底には罠(フットエントラップメント)や倒木(ストレイナー)が沈んでいたり、滝や突破できないほどの大波など様々な危険を乗り越えなければなりません。プロガイドは、それらがどこにあり、どのように回避するのか熟知しているので、お客様のレベルに応じてコースを設定し、安全に川下りを楽しむことができます。

■安全に楽しく楽しむならガイドツアー
ラフティングをはじめとしたウォータースポーツのメッカと言われる群馬県利根郡みなかみ町の利根川で、初めての方でもパックラフトの操船、川の危険を知り、楽しく体験できる「入門」ツアーから、「入門」で得た知識と技術でガイドと川下りができる「初級」ツアー、それらが向上された方には「中級」「上級」とステップアップして、よりアグレッシブなコースにチャレンジすることを可能としています。
川のツアーでも湖のツアーでも、運が良ければ野生動物との遭遇やガイドのトークもお楽しみの1つです。さらに、ガイドが写真や動画の撮影もするので、カメラを持っていかなくても自分の雄姿を後で楽しむことができます。

ページ: 1 2
   
   

川遊びカテゴリの最新記事