『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

【スペイン・冬のロードバイク事情】ロードバイクに乗る人はオフ・シーズンに何をしている?

【スペイン・冬のロードバイク事情】ロードバイクに乗る人はオフ・シーズンに何をしている?
   
基本的に1年中いつでも乗れるのが、ロードバイクのよいところです。しかし、寒い冬の間、自転車に乗ることができない地域があるのも事実です。そんな中でもサイクリストたちは、様々な方法で楽しみながらトレーニングを続け、冬をすごしています。今回は、スペインのロードバイク・サイクリストが冬にしていることをご紹介します。
   

シクロクロス

ロードバイク オフ・シーズン
編集部撮影:自転車のコントロール能力が鍛えられます。

 

冬の間、ヨーロッパで盛んになる自転車競技がシクロクロスです。

シクロクロスは、いわば自転車の障害物競走です。

舗装されていない土の上にある砂場や階段、急な坂などの障害物を、自転車に乗りながら、あるいは自転車を担いで、ゴールを目指します。

走る距離は長くても10kmほどなのに加えて、スピード自体も早いわけではありません。

しかし、レース中何度もストップ・アンド・ゴーを繰り返す競技なので、ロードレース同様、ハードな競技なのです。

また、何よりもこの競技で必要とされるのが、正確な自転車のコントロールです。

シクロクロスのサイクリストが走るコースの足元は、舗装されていない土の地面。

くわえて、冬の間は土はかなりのぬかるみ状態になります。

そこを自転車をコントロールして、走らなくてはならないのです。

ひと冬シクロクロスを走った後春にロードレースに戻ると、自転車のコントロールが上達していることに、サイクリスト本人はもちろん、周りの人もすぐに気が付きます。

ヨーロッパでは、ロードレースのプロサイクリストも、冬にシクロクロスを走ります。

ただし往々にして、シクロクロスのレースは雨か雪の中で開催されます。

レースが終わったら、すぐに着替えて体をあたため、風邪を引かないようにしましょう。

 

 

マラソン/ロードレース

ロードバイク オフ・シーズン
編集部撮影

 

冬の間は、自転車ではなく、自分の足で走るサイクリストもいます。

スペインでも秋から冬にかけて、マラソンやハーフマラソンなどのロードレースが盛んになります。

そのようなランニングの大会に参加するのです。

中には、ロードレースだけでなく、距離が短めのトレイルランニングに挑戦する人もいます。

ちなみに、ロードレースのシーズンが終わり、シクロクロスのシーズンに入る直前に、マラソンやハーフマラソンを走る自転車選手もいます。

「自転車に乗るときに使う筋肉と走るときに使う筋肉は違うから、足で走る前にはいろいろな準備が要るのさ」とは、夏はロードレース、冬はシクロクロスを走るサイクリストの言葉です。

 

 

ニューバランス(New Balance)陸上ランニング シューズ(メンズ)NB HANZO R M L2(MHANZRL22E)2019FW

 

 

登山/トレッキング

ロードバイク オフ・シーズン
編集部撮影

 

秋も深まるころ、登山やトレッキングを楽しむサイクリストもいます。

日本でも、登山やトレッキングを楽しむ人が増えていますが、スペインでもトレッキングは大人気です。

国内のいたるところでトレッキングを楽しむことができます。

トレッキングのよいところは、家族や友人たちと一緒におしゃべりしながら楽しむことができることです。

そのため、雪が降る前のスペインの山々では、多くのサイクリストがトレッキングを楽しんでいます。

また、最近スペインではノルディックウォーキングの人気が上がっています。

ノルディックウォーキングに挑戦するサイクリストが現れるのも、時間の問題でしょう。

ちなみに、スペインの山々には狼がいます。

また、数こそ少ないですが、北部の山々には熊がいたりもします。

もし日本人がスペインでトレッキングを楽しむのなら、現地のプロのガイドに同行を頼むのがおすすめです。

 

 

 







ロードバイクカテゴリの最新記事