ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

消耗ブレーキシューは交換を!ロードバイクのブレーキシューの種類と選び方

消耗ブレーキシューは交換を!ロードバイクのブレーキシューの種類と選び方
ロードバイクは自転車の中でもハイスピードで走る自転車なので、ブレーキの性能は重要です。制動力を左右するブレーキシューは消耗品で、いずれ交換が必要になります。今回はロードバイクに使われるブレーキシューの種類と性能も左右する選び方を解説します。

ロードバイク:キャリパーブレーキ用のブレーキシュー

ロードバイク ブレーキシュー

 

キャリパーブレーキはロードバイクのブレーキとしてもっともシェアの多いブレーキですね。

キャリパーブレーキの場合、ブレーキ本体にブレーキシューブロックを取り付けたカートリッジが装備されています。

基本的には同じものに交換すればOKですが、それぞれのブレーキシューブロック、カートリッジは各社さまざまな規格があるので注意しましょう。

また、発熱しやすいカーボンホイール(リム)用のブレーキシューもあるので、ホイールとの互換性も確認して交換しましょう。

 

メーカー別キャリパーブレーキシューの選び方

例えばSHIMANOのキャリパーブレーキ用ブレーキシューは、ほとんどのモデルで共通の規格が採用されています。

ブレーキシューに現行型の「R55C4」、もしくは旧型の「R55C3」の表記があり、それぞれ兼用できます。

R55C4、もしくはR55C3のブレーキシューを使用している場合は、105以上のブレーキシューが制動力が高いのでおすすめです。

 
シマノ SHIMANO R55C4 カートリッジタイプブレーキシューセット 左右ペア ブラック用

【送料無料】シマノ(SHIMANO) R55C4 カートリッジタイプブレーキシューセット(左右ペア) ブラック用

 

「R55C+1」は耐摩耗性に優れるモデルの品番ですが、ブレーキ本体のマウント方式によってはほかの品番と兼用はできないのでご注意を。

これもむずかしく考えず、同じものに交換すればOKです。

 

シマノ SHIMANO R55C+1シュー 2ペア Y8FA98132

【ポイント3倍】シマノ(SHIMANO) R55C+1シュー 2ペア Y8FA98132

 

ほかにも「R55C4-1」というカーボンリム用の規格もあります。

R554と兼用可能ですがブレーキシューが1㎜薄く、ワイドリムホイールでもクリアランスを確保できますね。

ホイールを交換した場合は、ブレーキシューも見直すといいでしょう。

 

シマノ R55C4-1 カートリッジタイプブレーキシュー カーボンリム用

 

SRAM純正のキャリパーブレーキシューはなかなか入手しにくいですが、じつはSHIMANOのブレーキシューが流用できます。

カートリッジとボルトはそのまま流用し、R55C4(R55C3)のブレーキシューブロックを取り付ければ交換できます。

一部型番や年式によっては取り付けられない場合があるので、メーカーの指定品以外を使う場合はショップで確認したほうが安心です。

 

【送料無料】シマノ ブレーキシューブロックBR-7900他適応R55C3カートリッジタイプ Y8FN98090

 

何らかの理由でSHIMANO製が流用できないブレーキシューの場合は、SWISS STOPのブレーキシューから探しましょう。

SWISS STOPはSRAM標準装備のブレーキシューを手掛けるメーカーなので、SRAMのブレーキシューのほとんどをカバーしていて、種類も豊富です。

 

SWISS STOP スイスストップ FLASH PRO YELLOW KING イエローキング

SWISS STOP(スイスストップ) FLASH PRO ブレーキシュー YELLOW KING

 

カンパニョーロのブレーキシューは少し特殊で、ブレーキシューブロックの交換に専用工具が必要です。

交換用の工具がなければ、ショップで購入しそのまま取り付けてもらう方がいいでしょう。

 

campagnolo カンパニョーロ BR-SR500・アルミリム用ブレーキパッド

【送料無料】campagnolo(フリガナ: カンパニョーロ) BR-SR500・アルミリム用ブレーキパッド

 

 

ロードバイク:Vブレーキ用のブレーキシュー

ロードバイク ブレーキシュー

 

最近発売されているロードバイクではほとんど見かけなくなりましたが、クロスバイクでは主流のブレーキで、マウンテンバイク、シクロクロスにも搭載されている場合が多いです。

マイナーではあるものの、形状を生かして空力を重視したエアロVブレーキもあり、一部ロードバイクに搭載されていることもありますね。

ブレーキシューブロックのみ交換できるタイプもありますが、キャリパーブレーキと違い、ブレーキシューに取り付けるための軸が合体している形もあるので、購入前には要確認です。

 

Vブレーキ用ブレーキシューの選び方

Vブレーキはキャリパーブレーキとディスクブレーキにシェアを奪われ、マイナーなブレーキになりましたが、ブレーキシューは多数販売されています。

とくにVブレーキ用のブレーキシューは互換性が高く、社外品が多く販売されています。

 

Ruler ルーラー カートリッジ式ブレーキシュー ロード用 ブラック RD-300

Ruler(ルーラー) カートリッジ式ブレーキシュー ロード用 ブラック RD-300

 

Vブレーキは構造がシンプルで、社外品でも取り付けられれば機能することも多いです。

ただし制動力や、ブレーキアームの調整幅との相性を考えると、やはりもともと付いているもの、もしくはそれと互換性のある同一のメーカーのものがおすすめです。

SHIMANOではVブレーキのラインナップは徐々に少なくなり、今後ブレーキシューの供給もどこまで続くかわからないので、可能ならいくつか予備を用意しておいた方が安心かもしれませんね。

ホイールとの相性や、路面コンディションに対応できるよう準備すればなお安心です。

 

SHIMANO シマノ BR-R573 M70R2シューペア S Y8KY98030

SHIMANO シマノ BRR573 M70R2シューペア [ブレーキシュー] [Vブレーキ] [ロードバイク] [クロスバイク]

 

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事