『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

コスパならシュワルベ!シュワルベのロードバイク用おすすめ10選

コスパならシュワルベ!シュワルベのロードバイク用おすすめ10選
   
数あるロードバイクのタイヤメーカーのなかでも、コスパが高いことで好評なのがシュワルベです。スポーツ自転車先進国でもあるドイツの会社で、品質の評判もどんどん上がっています。今回は、シュワルベのロードバイク用タイヤをピックアップしてご紹介します。
   

シュワルベの概要と評判

シュワルベ 評判

 

シュワルベは、ロードバイクユーザーなら一度は目にしたことのあるメーカーでしょう。

主にタイヤ関係の商品を製造・販売する会社で、ホームセンターでも取り扱いがあり、いわゆるママチャリからロードバイクまでをカバーしています。

販路は広く商品も豊富ですが、実際の性能や評判はどうなのでしょうか?

 

アジア発祥でドイツで発展

シュワルベ(Schwalbe)はツバメを意味するドイツ語ですが、元々の母体は韓国のタイヤメーカーでした。

その後、ドイツのラルフポール社が製品や製造拠点を引き継ぎ、今に至ります。

もともとスポーツ自転車が盛んだったドイツに拠点を移したことで、より製品のマーケティングに優れ、全世界にシュワルベブランドのタイヤを売り出しています。

 

高コスパでシェアの高いメーカー

シュワルベでイメージできる最たるイメージは、なんといっても低価格であることでしょう。

ホームセンターなどスポーツ自転車を扱わない店舗でも取り扱いがあるため、ブランドは広く知られています。

また、価格が安いため完成車のタイヤに装着されていることも多く、自分で購入していなくてもシュワルベのタイヤを持っていたというユーザーも多いです。

 

耐久性が高くマウンテンバイク・クロスバイクにもおすすめ

シュワルベ製品の性能的なメリットは、安さを差し引いても他社に引けを取らない耐久性があることです。

長距離を走るためにトラブルを避けたいロードバイクはもちろん、険しいオフロードを走るマウンテンバイクや、パーツ交換をあまり頻繁に行われないクロスバイクでも大きなメリットになります。

格安でかつ耐久性が高いことから、決戦用のレースタイヤは別のメーカーでも、サイクリングやツーリング用はシュワルベというライダーも見かけます。

 

 

シュワルベのおすすめオンロード用クリンチャータイヤ

シュワルベ おすすめ

 

 

低価格帯重視のシュワルベは、クリンチャータイヤへのこだわりも強いメーカーといえます。

まさに実用車からスポーツ車までをカバーしたラインナップで、クリンチャータイヤではたいていの用途をシュワルベだけでまかなえるといってもいいでしょう。

数あるシュワルベのクリンチャータイヤの中から、まずはレースやロングライドなど、オンロード向けのクリンチャータイヤをピックアップしてみました。

 

ルガノ エンデュランス

耐摩耗性をとくに重視した、エンデュランス向きのタイヤ。

ロングライドから街乗りまで、幅広く対応します。

 

●シュワルベ ルガノ エンデュランス 700×25C(622) ワイヤー【自転車】【ロードレーサーパーツ】

 

デュラノ

耐久性に最高の自身をもって開発されたのがデュラノです。

グリップ力も高く、雨の日にも自身を持ってはかせられる一本です。

 

 

シュワルベ ワン

シュワルベのレース用タイヤといえばシュワルベ ワンです。

しっとりとしたグリップ力で、コーナリングの安定性や、確かなブレーキングで安心感のあるタイヤです。

 

シュワルベ ワン 700C(622) クリンチャー フォルダブル【自転車】【ロードレーサーパーツ】

 







ロードバイクカテゴリの最新記事