今話題のケイビングって!?日本各地のおすすめケイビングツアー&スポット(洞窟探検)

Greenfield

今話題のケイビングって!?日本各地のおすすめケイビングツアー&スポット(洞窟探検) 出典 有限会社 うみあっちゃー

ケイビングというアウトドアアクティビティをご存知ですか?ケイビングとは、「洞窟を探検する」というアウトドアスポーツです。洞窟の中は真っ暗で道が入り組んでいるため、初めてケイビングをされる方は、安全面などを考慮しツアー参加から体験してみましょう。今回は、そんなケイビングのおすすめツアーをご紹介します!

ケイビングは通年楽しめる!

ケイビング(洞窟探検)

 

ケイビングは1年を通して楽しめるスポーツです。

洞窟内は雨風の影響を受けませんし、1年を通して気温差があまりありません。

そのため、夏は涼しく、冬は暖かく感じることもあります。

また、洞窟にはたくさんの種類があり、バリエーションが豊富で楽しみ方もたくさんあります。

泥だらけになるスタンダードなケイビングから、洞窟内で泳げるタイプなど様々です。

今回は日本各地のおすすめケイビングツアーをご紹介します。

装備を無料レンタルできたり、安全性が確立しているツアーなので、安心して楽しんでください。

 

 

 

東北地方のおすすめスポット 福島県 あぶくま洞

こちらは、福島県にある「あぶくま洞」という洞窟です。

あぶくま洞は冬季の間だけ洞窟内がきれいにライトアップされています。

ケイビング(洞窟探検)

ライトアップされている期間は、2017年12月2日から2018年2月28日まで。

洞窟には少しだけ興味があるけど、本格的なケイビングはまだ怖くてできないという方におすすめのケイビングスポットです。

あぶくま洞は、およそ8,000万年という歳月をかけて創られた大自然の造形美。全長約600mの洞内は、天井から大きく下がる鍾乳石や床下からタケノコのように堆積してできる石筍(せきじゅん)など千変万化の神秘の世界が続いています。

 

 

お問い合わせ・詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

山梨県「富士山麓ケイビングツアー」

こちらは、富士山の麓にある青木ヶ原樹海の近くにある洞窟を探検するツアーです。

必要装備を貸してくれたり、写真を撮ってくれたり、洞窟の最寄り駅までの送迎サービスがあったりと、至れり尽くせり。

初めてのケイビングは不安もあると思いますが、こちらのように充実したサポートがあると、楽しむことに集中できますね。

 

自然のルール「森の移りかわり」が手に取るように分かる原生的な森「樹海」を散策後、富士山の噴火でできた「青木ヶ原樹海」の溶岩洞窟を探検。 電気も手摺もない自然のままの姿を五感で堪能できます。 これであなたも探検家!

お一人様 大人5,400円

【レンタル用具(ツナギ・ヘルメット・ヘッドライト・グローブ)・指導料 含む】

 

お問合せ・詳細はこちらをご覧ください。

ケイビング(洞窟探検)

出典 カントリーレイクシステムズ

 

 

 

近畿地方 奈良県 ケイブスイミング奈良コース

こちらのケイビングツアーは、ケイブスイミングと言って、泳げる洞窟探検のツアーです。

ケイビングというと、泥だらけになるというイメージをされる方が多いと思いますが、こちらは透明度の高い地下水の中を気持ちよく泳ぐことができます。

 

装備も一式貸して貰えること、経験豊富なガイドさんがしっかり誘導してくれる点も安心できるポイントですね。

きれいな洞窟内の絶景を楽しみたい方にお勧めのケイビングツアーです。

 

お問合せ・詳細はこちらをご覧ください。

自然派企画 奈良ケイブスイミングツアー

 

 

西表島ケイビングツアー

 

 

沖縄県の西表島で開催されているツアーです。

ケイビングだけでなく、マングローブの密林を探検できるカヌーツアーもセットになっているので、一日中西表島の自然を楽しむことができます。

また、この西表島の洞窟は、出口が海につながっているので、他とはひと味違うケイビングを楽しむことができます。

もちろん装備も無料レンタルできるので、手ぶらで楽しめますよ。

ケイビングで西表島の大自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

お問合せ・詳細はこちらをご覧ください。

ケイビング(洞窟探検)

出典 有限会社うみあっちゃー

 

 

まとめ

今回は、日本各地のケイビングツアーをご紹介しました。自分一人でケイビングの知識を深めることは非常に難しく、洞窟内は真っ暗で道も入り組んでいて、初めての場合は帰ってくることが出来なくなる恐れがあります。そのため、ツアーに参加して、どのような装備が必要なのか、洞窟内の地図の読み方などを勉強するなど経験を積んでから個人的な冒険にチャレンジするようにしましょう。ケイビングは危険が生じるスポーツだということを忘れないでくださいね。

公式アカウント

関連記事