季節の変わり目に必須! 寒いときにさっと羽織れる、アウトドアに最適な持ち運びらくちんポータブルブランケットや、2WAYクッションブランケット

初心者にも扱いやすい人気のスノーボードブランド!板&ブーツ・ビンディング編

初心者にも扱いやすい人気のスノーボードブランド!板&ブーツ・ビンディング編
   
スノーボードを本格的に始めようと思ったら、板、ブーツ、ビンディングなど一式揃えたくなりますよね。初心者にもおすすめできるスノーボードギア、今回は板・ブーツ・ビンディングについて、サイズなど選び方のヒント、人気のブランドについて紹介します。
   

初心者にも扱いやすいスノーボードの選び方

スノーボード ブランドスノーボードを選ぶ上で大切なことは、長さ、幅(太さ)、重さ、硬さ、形状の5つです。この5つの要素でスノーボードの特徴は決まります。

スノーボードの長さ

スノーボードの長さは板の重さや硬さ、形状によって変わりますが、スノーボードを立てたときに自分の口の高さに端がくる長さがいいでしょう。

身長が低い人は少し長めの鼻の高さくらい、逆に身長が高い人はアゴの高さくらいでも問題無いと思いますが、基本的に板は短い方が操作性は安定します。

スノーボードの幅(太さ)

スノーボードの幅はあまりむずかしく考える必要はありません。スノーボードは幅が広いと安定感が増しますが、コントロールが難しくなります。

逆に板の幅が狭いとコントロールはしやすいですが、安定感が弱くなります。

スノボードの重さ

スノーボードの重さはスピードを出した時の安定感に影響します。

軽い板はコントロール性能に優れターンなどが非常にしやすいですが、スピードを出したときに安定感が悪くなります。

重い板は板のコントロールが難しいですが、スピードを出しても安定感があります。まずは軽い板から購入するのがおすすめです。

スノーボードの硬さ

スノーボードは柔らかい板を選ぶようにしましょう。柔らかい板は反発が少ないもののコントロールがしやすいため、ボードを動かしやすいのが特徴です。

硬い板は反発が強いため、カービングターンなど上級者の滑りに適しています。

スノーボードの形状

スノーボードの形状は大きく分けてキャンバー、ロッカー、フラットの3つに分けられます。

  • キャンバー:スピード滑走に優れているが、エッジが引っかかりやすいため初心者やグラトリをする人には向いていない
  • ロッカー:スピード滑走は安定しないが、エッジが引っかかりにくく初心者やグラトリに向いている
  • フラット:キャンバーとロッカーの2つの要素を組み合わせているためバランスが良い

最初はロッカーかフラットを選ぶのがおすすめです。

 

初心者にもおすすめ!板の人気スノーボードブランド

スノーボード ブランド

圧倒的なモデルの多さ:BURTON(バートン)

BURTON(バートン)の板の特徴

BURTON(バートン)は最先端の技術で、初心者から上級者まで誰もが使いやすいような板を作っています。反発性や軽量性に特化している板が多く、どんなゲレンデでも安定した滑りができます。

スノーボーダーからの評価も高く、多くの人が使用しています。

BURTON(バートン)の板のメイン価格帯

4万〜7万円

BURTON(バートン)の初心者にもおすすめの板

NAMEDROPPER(ネームドロッパー)
NAMEDROPPER

板が柔らかく非常に操作性に優れています。そのため逆エッジになりにくく転びにくいのが特徴です。

スピードを出すと板がばたつく可能性がありますが、カービング上級者でなければ問題ありません。

女性におすすめ:SALOMON(サロモン)

SALOMON(サロモン)の板の特徴

SALOMON(サロモン)の板は機能性とデザイン性に長けています。おしゃれな板が多いことから若い女性にも人気です。

SALOMON(サロモン)の板のメイン価格帯

4万〜5万

SALOMON(サロモン)の初心者にもおすすめの板

ASSASSIN(アサシン)
ASSASSIN







RULER(ルーラー)

スノーボードカテゴリの最新記事