半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

キャンプで使う包丁はステンレス製×サイズ・目的で選ぶ!おすすめ10選

キャンプで使う包丁はステンレス製×サイズ・目的で選ぶ!おすすめ10選
   
キャンプで料理にも凝るようになると欲しくなってくるのがよりキャンプ向けの包丁。家にあるものでは満足できなくなるわけですが、ただそんなキャンプ向け包丁も実に多くのものが存在します。そこで、迷わないためにおすすめのキャンプ用包丁をご紹介します。
   

キャンプ用包丁の選び方

キャンプで使う包丁をいざ選ぼうとすると、実にさまざまなタイプがあることに気づかされ、面食らってしまうことも。

しかし、キャンプで快適に料理を作りたいなら包丁探しは大事な第一歩。

そこでまずは、キャンプ用包丁の選び方を解説します。

 

素材

キャンプ ステンレス包丁

 

キャンプなどのアウトドアシーンで使う包丁で最も多いのがステンレス。

さびにくいのが特徴で、研ぎやすくお手入れも簡単です。

風雨にさらされるなどして傷みやすい環境であるキャンプ用として長く愛用したいのであれば、ステンレス製もしくはステンレスに相当する素材の包丁がおすすめです。

 

サイズ

キャンプ ステンレス包丁

 

もし包丁よりも先にまな板を購入しているのであれば、まな板のサイズにあった刃渡りの包丁を選びましょう。

まな板より大きな包丁では使いにくいだけでなく危険でさえあります。

大きなものをさばく機会が多いのであれば、当然大きなサイズの包丁が必要になりますが、持ち運びや収納が重視されるキャンプという環境を考えればコンパクトサイズがおすすめです。

 

目的

キャンプ ステンレス包丁

 

料理のみに使うのであれば家庭で使う包丁を小型化したタイプで十分かもしれません。

しかし、キャンプという特殊な環境下で例えばロープを切ったり木材を削ったりという用途も考えるのであれば、サバイバルナイフに近いタイプのものを選んでもいいでしょう。

 

 

キャンプ用包丁おすすめ10選

キャンプ用の包丁としておすすめのタイプを、有名メーカーのものを中心にご紹介します。

どれも比較的ユーザーの評価が高いものを選びましたので、あとは個人のお好みで長く付き合えるものを選ぶとよいでしょう。

 

スノーピーク フィールド・三徳包丁

アウトドアグッズのトップブランドのひとつ、スノーピークの包丁です。

家庭用包丁とほぼ変わらないデザインなので定番のものを求める方におすすめです。

また、刃の背面部の手元に近い側に厚みを持たせているのでそこに指を乗せて力を入れることが可能。

不安定な場所が多いキャンプでの使用に優しいデザインです。

ステンレス製。

 

スノーピーク フィールド・三徳包丁

スノーピーク(snow peak) フィールド・三徳包丁 GK-019

 

スノーピーク フィールド デバ GK-007

同じくスノーピークのこちらは出刃包丁タイプ。

握りやすい作りで力も入るので、魚など硬いものをさばくのにおすすめです。

ステンレス製。

 

スノーピーク フィールド デバ GK-007

 

G・サカイ アウトドアクッキングナイフ直刃

切れ味抜群で非常に人気の高いアウトドア用包丁です。

ハンドル部分の素材にグリップのよいラバーを採用しているので安定感もあり安心です。

また、ハンドルの最後部には小さな穴が。

ストラップなどを通せば、持ち運ぶときにも便利な上フックに掛けて干したり保管したりしておく事ができます。

ステンレス製。

 

G・サカイ アウトドアクッキングナイフ直刃







キャンプ道具カテゴリの最新記事