「ニッケンシザーナイフ」は、アウトドア好きのお客様からハサミとナイフが一体となった“かさばらない刃物”が欲しいという一声から開発が始まり、試作作りに約1年半の時間をかけ、満を持して完成させました。

アウトドアに行く際は、最小限の荷物で移動がしたいというニーズがあり、その中でもナイフとハサミが一体となれば、「袋を開ける際にはハサミを」「食材を切る際はナイフを」といった具合に、一つの道具で二役こなせるようになります。まさに、一石二鳥の刃物となり荷物も削減できます。
また、革ケースも付属していることから、キャンプ場へ安全に持ち運ぶことができます。

ニッケンシザーナイフ

こちらのシザーナイフは、刃物の町岐阜県関市の職人が1本1本丁寧に刃付けをしていることから、切れ味抜群です。
フェザースティックのように木の枝を切ることには向きませんが、キャンプ飯作りには重宝する道具となります。

その他、刃体にはフッ素コートを塗布しているため、食材離れが良いことに加え、錆びにくい特性があります。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。