アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【河川救助の重要性】専門的なレスキュー講習を行っている「RESCUE3」とは?

【河川救助の重要性】専門的なレスキュー講習を行っている「RESCUE3」とは?
毎年夏になると耳にする川での水難事故のニュース。
それがもし、自分の目の前で起こったとしたら、あなたはどうしますか?溺れている人がいたらすぐに泳いで助けに行かなくては、と思うかもしれませんが、実はその判断、二次災害を招く最も危険な行為。
水難事故は、こうした知識が一般的に普及していないことにより起こってしまうのです。
カヤックやリバーサップなど、川でのアクティビティが盛んな今、我々一般市民にも河川救助の正しい知識と技術が求められています。
今回紹介する「RESCUE3 JAPAN」は、主に河川での救助講習を全国で展開している団体です。興味のある方は是非目を通してみてください。
 

RESCUE3とは?

RESCUE3 河川救助
出典 RESCUE3JAPAN

1979年に創設されたRESCUE3社は、アメリカ・カリフォルニア州に本部を置く民間組織です。主にスイフトウォーターレスキュー(急流救助)やテクニカルロープレスキューなどの専門的な講習を行っています。

北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカの世界33カ国に支部があり、これまでに15万人以上が受講しています。

受講者の多くは消防署員や警察官、軍関係者、アウトドアインストラクターやガイド、また河川管理者や教育関係者など、救助活動に日々関わる人々です。

完成度の高い訓練プログラムは、世界中から高い評価と信頼を得ています。「レスキュー3ジャパン」は、1996年にRESCUE3社の正規支部として設立しました。

現在は「スペシャルレスキューサービスジャパン株式会社」内に本部を置き、日本やアジアでの講習活動、また国内の登録インストラクターの統括を行っています。

 

スイフトウォーターレスキューについて

RESCUE3 河川救助
出典 江津邑智消防組合

スイフトウォーターレスキューはまだ歴史の浅い、新しい分野のレスキューです。確固たる救助方法が確立されていないうちから、レスキュー3はこの分野の研究に取り組み、常に最新の情報を基にアップデートしながら訓練プログラムを構築してきました。

スイフトウォーターレスキューは、数あるレスキュー活動の中でも、最も危険性の高いレスキューと いわれています。

アメリカの消防関係の統計によると、消火活動と比較して、犠牲者の数は約4倍にも登るそうです。日本では、昨今のアウトドアブームにより川のレジャーを楽しむ人が増加していますが、比例して事故も多くなっているのが現状です。

国内でもスイフトウォーターレスキューに対する正しい知識と技術を取り入れることが急務となっています。

スイフトウォータ―レスキュー基本テクニック
スイフトウォータ―レスキュー基本テクニック/竪村浩一
ページ: 1 2
   
   

資格検定・認定講習カテゴリの最新記事