ポテチのあの味がスパイスに!? BBQ・キャンプに使えるYODELL- ヨーデルサワークリーム スパイス

初心者におすすめのシュノーケルセット10選!選び方とお手入れ方法

初心者におすすめのシュノーケルセット10選!選び方とお手入れ方法
   
シュノーケリングを始めたいと思ったら、マスク、シュノーケル、フィンの3点を準備しましょう。これらがあれば、すぐに始めることができます。初心者におすすめのシューケルセットを中心に、選び方やお手入れ方法をご紹介します。お気に入りの道具が見つかりますように。
   

シュノーケル3点セットをそろえよう

シュノーケルマスク フィン

 

シュノーケリングを始める前に、まずは基本道具の「シュノーケルセット」をそろえましょう。

シュノーケルセットとは、マスク、シュノーケル、フィンの3点です。

マスクとシュノーケルの2点でも楽しめますが、フィンをプラスすると水をかく力をセーブできるので、快適に泳ぐことができおすすめです。

シュノーケルセットは、ビーチ周辺の売店などでも安価に購入できますが、せっかくなら安全に長く使えるような、お気に入りアイテムを見つけてみましょう。

 

シュノーケルセットは「使い心地」で選ぼう

シュノーケルセットを選ぶときには、「使い心地」の良さがポイントです。

カラーやデザインなど、さまざまなデザインや機能のものがあるので迷ってしまいますが、使いにくい道具では安全に楽しむことはできません。

ベーシックなデザインで、良質な素材を使用しているシュノーケルセットを選びましょう。

マスク、シュノーケル、フィンの選び方についてまとめたので、参考にしてみてください。

 

【マスク】鼻を覆うものがベスト

マスク(水中メガネ)は、スカート部が鼻まで覆われたダイビングマスクがおすすめです。

スイミングゴーグルのように鼻が出ているタイプは、素潜りをしたときに水圧の影響を受けやすいので、鼻まで覆われていると安心です。

素材は、シリコン製とPVC(ポリ塩化ビニル)製のものがあり、耐久性やフィット感で選ぶなら圧倒的にシリコン製がおすすめです。

シュノーケリング用とダイビング用は、見た目は同じように見えますが、使用しているガラスに違いがあります。

一般的には、シュノーケリング用の方がガラスがうすく、プラスチック製のものもあります。

デザインは、一眼レンズ(ガラス面が1枚)と二眼レンズ(ガラス面が2枚)があり、それぞれに長所と短所があります。

一眼マスクは、視界が広いことが特徴ですが、マスクの面積が広くなるため、水の抵抗を受けやすくなります。

二眼マスクは、面積がせまいためコンパクトでフィット感が良く、度付きレンズに交換することもできます。

 

【シュノーケル】快適に呼吸ができるデザインを

シュノーケル(またはスノーケル)は、快適に呼吸ができるデザインを選びましょう。

顔のラインに合わせてパイプ部分がカーブしていると、水の抵抗を減らせるため、マウスピースもくわえやすいです。

マウスピース部分が独立しているタイプなら、万が一マウスピースを噛み切ってしまったときにも交換ができます。

パイプ上部に水の侵入を防ぐドライトップや、パイプ下部に水の排出を楽にする排水弁など、さまざまな機能のついたシュノーケルがあるので、目的に合わせて選びましょう。

 

【フィン】サイズは用途に合わせる

フィン(足ひれ)は、自分に合ったサイズや種類を選ぶことが重要です。

種類は、かかとを包み込むタイプの「フルフット式」と、サイズを調整できる「ストラップ式」があります。

フルフット式は素足のまま履くことができ、ストラップ式はマリンブーツなどを着用したままでも装着できるので、使用する場所や目的に合ったフィンを選びましょう。

素材にはプラスチック製とラバー製がありますが、柔軟性のあるラバーフィンの方が泳ぎやすいでしょう。

スキューバダイビング用のフィンを使用することもできますが、軽量でコンパクトなものが多いシュノーケリング用がおすすめです。

 

 

おすすめシュノーケリングセット10選

シュノーケリング 道具 セット

 

初心者にもおすすめの、シュノーケルセットをご紹介します。

販売先では商品レビューや体験談も見られるので、ぜひそちらも参考に、お気に入りのアイテムを見つけてみましょう。

 

大手の「ReefTourer」

リーフツアラーは、大手ダイビング器材メーカーTUSAのシュノーケリングブランド。

マスクとシュノーケルは、シリコン素材を使用しているのでフィット感も良く、細部までしっかり作られているので安心です。

フィンはストラップ式で、素足にもブーツにも対応しています。

 

世界の「U.S. DIVERS」

USダイバーズは、世界最大級のダイビング器材メーカー・アクアランググループのシュノーケリングブランドです。

装着感や使い易さはトップクラスです。

シュノーケルセットを付属のメッシュバックに収納できるので、長く使いたい人おすすめです。

U.S.DIVERS(USダイバーズ) アドミラル4点セット S(23〜25cm) BK 278685

 

コスパの良い「Zenoplige」

コスパが良く、機能性の高いシュノーケルセットなら、Zenopligeがおすすめです。

曇り止め加工をしたシリコン製マスクに、水の侵入を防ぐドライトップシュノーケルを採用しています。

持ち運びにも便利な、コンパクトなフィンの3点セットです。

Zenoplige シュノーケルセット スノーケリング ドライスノーケル フィン・マスク・スノーケル 3点セット曇り止め 強化ガラス 収納バッグ付き 男女兼用  M&ピンクMYR

 

ハワイブランド「Hele i Waho」

ヘレイワホは、ハワイにゆかりのある日本ブランドです。

視界が広い一眼レンズを採用したシリコン製マスクで、ドライトップシュノーケル。

フィンのかかとストラップは、引っ張ると簡単にサイズ変更ができます。

 

「AQA」は安心のクオリティ(メンズ)

エーキューエーは、日本のダイビング器材メーカーGULLの姉妹ブランドで、入門カテゴリーの商品を扱っています。

シリコン製マスク、ドライトップシュノーケルで、フロートタイプのプラスチック製のコンパクトフィンが付いた3点セットです。

 

「AQA」レディース用は小顔効果

キュートでポップなカラーリングが特徴の、女性向けシュノーケルセット。

マスクは小顔に見えるフォルムのPVC製、シュノーケルはスプラッシュガードの付いた、小さめのマウスピースが採用されています。

フィンは、ストラップを引っ張るだけで簡単に装着できるタイプなので、気軽に使用できます。

 

キッズにもおすすめな「AQA」

9歳以上の子ども用のシュノーケルセットです。

マスクは二眼レンズで、スカート部は小さく設計されているので、子どもや小顔の女性などにぴったりフィットします。

シュノーケルはドライトップなので、初めてのシュノーケリングでも安心して使用できますよ。

 

ダイビングにも使える「FIELDOOR」

使いやすさを追求した、FIELDOORのシュノーケルセットは、ダイビングでも使用できます。

マスクは、強化ガラスを採用したシリコン製の一眼レンズ。

シュノーケルはドライトップで、大きな推進力が得られるストラップ式フィンのセットです。

 

イタリアの老舗「CRESSI」

クレッシー(クレッシー・サブ)は、イタリアのダイビング器材メーカーで、トップフリーダイバーたちも愛用しています。

シュノーケリングはもちろん、ダイビングでも使用できる高品質なアイテムです。

シュノーケリング マリンスポーツ Cressi Nano Crystal Scuba Mask Fin Snorkel Set, BL-SMシュノーケリング マリンスポーツ

 

180度見わたせる「フルフェイス型」

「フルフェイス型」は、マスクとシュノーケルが一体型になったシュノーケルマスクです。

180度の広い視野が確保できる点が、最大の特徴です。

マスクに、GoProなどのアクションカメラを取り付けることが可能なので、撮影にもぴったり。

ただ、マスククリアや耳抜きには特別なテクニックが必要になるため、素潜り用ではなく、水面で使用する方が良いでしょう。

 

 

シュノーケルセットのお手入れ方法

シュノーケル 手入れ 道具

 

シュノーケルセットのお手入れの基本は、「洗って乾燥させること」です。

使い終わったら水洗いをして、砂や海水、日焼け止めなどをしっかりと落とし、日陰干しで乾燥させます。

特にシュノーケルは、すきまなどにカビが生えやすいので、小さなブラシを使用して汚れを落とします。

また、シリコンやゴムは変形しやすいため、マスクのスカート部を下にしたまま長時間放置したり、フィンの先を下にして立てかけたりしておくことは避けましょう。

パーツごとに分解して収納しておくと、道具がいたみにくいのでおすすめです。

シリコンは、日焼けで黄ばみやすいので、箱などに入れて保管しておくのが良いでしょう。

お気に入りのアイテムを長く使用できよう、正しくお手入れをして大切に使用していきたいですね。

 

 

まとめ

シュノーケリングに必要なアイテムは、マスク、シュノーケル、フィンの3点です。今まで旅行先でレンタルをしていた人も、自分に合ったシュノーケルセットをそろえることで、より快適に、より安全に、楽しむことができるでしょう。さまざまなタイプがあるので、目的に合わせて自分にぴったりのアイテムを探してみてくださいね。






ダイビングカテゴリの最新記事