【女子キャンパー急増中!】女同士だからこそ楽しめる♡女子キャンプのススメ

Greenfield

【女子キャンパー急増中!】女同士だからこそ楽しめる♡女子キャンプのススメ

一昔前までは、キャンプといえば男の人が主体で、女性は誘われて行くようなイメージでしたよね。しかし、アクティブな女性が増えている今、キャンプ業界には男子禁制の『女子キャンプ』という新たな風が吹いているんです。トレンドはいつの時代も女性がつくるもの。今後どんどん盛り上がりそうな『女子キャンプ』についてご紹介します!

今、『女子キャンプ』がきている!

『女子キャンプ』とは、女性だけでキャンプを楽しむ新しいスタイルのこと。

意外と力仕事が多いキャンプでは、男性がいるとどうしても頼ってしまいがちですが、女子キャンプでは、テントの設営も火おこしも、全て女性だけでやります。

今はワンタッチで簡単に設営できるテントなども販売されていて、女性でも無理なく道具を使いこなせるようになりました。

この「全て自分でやる」という充実感が、女子キャンプの醍醐味でもあるんです。

火付け役はイラストレーターでキャンプコーディネーターの「こいしゆうか」さん。

こいしさん主宰のガールズアウトドアユニット「mijinco(ミジンコ)」や、自然好きユニット「noyama(ノヤマ)」などが、メディアやブログなどで女子キャンプを提唱し、密かなブームになっています。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

こいしゆうか ホームページ

 

noyama(ノヤマ)

 

 

また、Instagramで4万人以上のフォロワーを持つ「YURIE」さんも、グランピングスタイルのオシャレなアウトドアライフを発信し、本を出版するなどして話題を集めています。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

Instagram《yuriexx67》

 

これらの女子キャンプに共通するものは、サイトのデコレーション、フォトジェニックな料理など、自然を楽しみながらも、「オシャレ」「かわいい」にこだわるということ。

これは男性がいるとなかなかできないですよね。

通常キャンプ道具には、機能性やコンパクトさ、耐久性などが求められますが、女子キャンプでは見た目も重視。

普段使いのお鍋やアンティークの食器、ラグやクッションだって持って行っちゃいます。

確かに、オートキャンプ場が主流になっている今、多少荷物が多くてもそんなに問題はありません。

それよりも女子キャンプでは、お気に入りのモノに囲まれ、オシャレな空間でガールズトークを楽しむことの方が重要なんです。

まさに男子禁制の『女子会』の延長といえますね。

 

 

 

魅惑の『女子キャンプ』の実態

流行っているというけれど、実際みんなどんな女子キャンプをしているの?と気になりますよね。

Instagramでは、サイト作りのお手本や、過ごし方のヒントをたくさん見ることができます。

是非 #女子キャンプ で検索してみてください。

 

 

傾向としては、三角形のティピーテントやバナーなどで「レトロ感」を醸し出すのが人気のようです。

ネイティブアメリカン柄のラグやタータンチェックのブランケットをアクセントに、ナチュラルな小物でデコレーション。

カラフルな野菜が並んだヘルシーなごはんや、こだわりのコーヒーなどは、まるでカフェのようです。

 

 

ファッションもアウトドア感を出しすぎず、普段着の延長で。

女子キャンプに「ガチ感」は必要ありません。

森の中で暮らしているようなゆる~い雰囲気がいいんです。

また、女子キャンプの魅力は、オシャレ感を楽しむことだけではないですよ。

男性の目を気にしたり、「モテ」を意識する必要がないので、心も体も自然体で楽しめます。

星空の下で、気の置けない友達とのガールズトークは最高に盛り上がることでしょう。

 

 

 

まずはグランピングやコテージからはじめてみても

女子キャンプに興味があるけれど、なかなか踏み出せない…という人も多いのでは。

確かに初心者の女性だけでテントを張ったり、道具を全て揃えたりするのはハードルが高いですよね。

そんな人におすすめなのが、グランピング施設を利用すること。

 

 

テントの設営や料理など、自分たちでする必要なし!

優雅に自然を満喫できるため、アウトドアが初めてでも安心して楽しめます。

ある程度は自分でやりたいという人は、女子限定BBQなど、デイキャンプから始めてみては?

テントやシュラフなどが必要ないため、気軽に始められます。

アウトドアに慣れてきたら、バンガローやコテージ泊をしてからテン泊デビュー!という流れもおすすめです。

女子のペースに合わせてゆる~く楽しみましょう♪

 

まとめ

SNSやメディアで盛り上がりを見せている女子キャンプ。自然の中で生きていくためのあれこれが、どんどん自分でできるようになるから、今までにない充実感と満足感が得られるんですよね。中にはソロキャンプを楽しんでいる女性もいますよ。元々アウトドア派の人も、初めてキャンプをする人も、今年は魅力満載な女子キャンプを始めてみませんか?

公式アカウント

関連記事