ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

雨のサイクリングは要注意!雨の中を走ったあとの自転車メンテナンス方法は?

雨のサイクリングは要注意!雨の中を走ったあとの自転車メンテナンス方法は?
   
雨の中で走ったあとは、自転車が濡れ、フレームやパーツなどが汚れてしまいます。もちろん、そのまま放置していると劣化を招くことに。そこで、今回は雨の日に走ったあとの自転車メンテナンス方法をまとめていきます。
   

雨の中走った自転車はどうなる?

ロードバイクの雨の後のメンテナンス方法

 

雨の中を走った場合、当然ながら車体が濡れます。

それだけではなく、雨と一緒に泥が巻き上げられるので、フレームやパーツなども汚れてしまいます。

濡れたパーツをそのままにしておくと、金属部分にサビが発生します。

また、チェーンやギアといった駆動部分のパーツが汚れやサビは、走行性能の低下を招き、パーツの寿命を縮めてしまいます。

汚れたままの自転車は、見た目にも格好悪いですよね。

大切な自転車を快適に長く乗り続けるためにも、雨の中を走ったあとは、忘れずにお手入れやメンテナンスをやっておきましょう。

 

 

雨の日の走行後のメンテナンス方法を紹介

自転車の雨の後の基本メンテナンス方法

 

ここからは、メンテナンス方法について詳しくまとめていきます。

誰でも簡単にできるものばかりですので、欠かさないでくださいね。

 

水気を拭き取る

まずは何よりも、濡れた自転車の水気を拭き取ってください。

ウエスやいらない布などを使って、自転車全体を拭きます。

シートチューブの裏側やブレーキ周りなど、パーツによっては手が届きにくいものもありますが、忘れずにやってください。

とくに、水気を取っておきたいのは、サビになりやすいネジ周りです。

こういった部分がサビびてしまうと、パーツ交換などで外そうと思った時にうまくできなくなります。

また、水気と一緒に自転車についた泥なども落としてしまいましょう。

 

 

 

ブレーキやホイール周りのチェック

雨の中を走ると、道路上の泥が水と一緒に巻き上げられ、ブレーキシューやホイールのリム部分に付着します。

ブレーキシューの表面に泥が付いたままの状態で使うと、リムとブレーキシューの双方が余計に削れてしまいます。

そのため、雨の中を走ったあとは、ブレーキとホイールのチェックを欠かさず行ってください。

泥などが付着している場合は、しっかり拭き取りましょう。

 

チェーンなどへの注油も忘れずに

雨の中を走ると、チェーンなどに差したオイルも一緒に落ちてしまいます。

オイルが落ちた状態では、走ったときの快適性が落ちてしまいます。

そのため、雨天走行後はチェーンやディレイラーなどに注油してください。

また、雨の日にも積極的に走るという人なら、雨でも落ちにくく粘土の高いウェットタイプのチェーンオイルがおすすめです。

 

 

 







ツーリング&キャンプカテゴリの最新記事