アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

雨のサイクリングは要注意!雨の中を走ったあとの自転車メンテナンス方法は?

雨のサイクリングは要注意!雨の中を走ったあとの自転車メンテナンス方法は?
   
雨の中で走ったあとは、自転車が濡れ、フレームやパーツなどが汚れてしまいます。もちろん、そのまま放置していると劣化を招くことに。そこで、今回は雨の日に走ったあとの自転車メンテナンス方法をまとめていきます。
   

雨の中走った自転車はどうなる?

ロードバイクの雨の後のメンテナンス方法

 

雨の中を走った場合、当然ながら車体が濡れます。

それだけではなく、雨と一緒に泥が巻き上げられるので、フレームやパーツなども汚れてしまいます。

濡れたパーツをそのままにしておくと、金属部分にサビが発生します。

また、チェーンやギアといった駆動部分のパーツが汚れやサビは、走行性能の低下を招き、パーツの寿命を縮めてしまいます。

汚れたままの自転車は、見た目にも格好悪いですよね。

大切な自転車を快適に長く乗り続けるためにも、雨の中を走ったあとは、忘れずにお手入れやメンテナンスをやっておきましょう。

 

 

雨の日の走行後のメンテナンス方法を紹介

自転車の雨の後の基本メンテナンス方法

 

ここからは、メンテナンス方法について詳しくまとめていきます。

誰でも簡単にできるものばかりですので、欠かさないでくださいね。

 

水気を拭き取る

まずは何よりも、濡れた自転車の水気を拭き取ってください。

ウエスやいらない布などを使って、自転車全体を拭きます。

シートチューブの裏側やブレーキ周りなど、パーツによっては手が届きにくいものもありますが、忘れずにやってください。

とくに、水気を取っておきたいのは、サビになりやすいネジ周りです。

こういった部分がサビびてしまうと、パーツ交換などで外そうと思った時にうまくできなくなります。

また、水気と一緒に自転車についた泥なども落としてしまいましょう。

 

 

 

ブレーキやホイール周りのチェック

雨の中を走ると、道路上の泥が水と一緒に巻き上げられ、ブレーキシューやホイールのリム部分に付着します。

ブレーキシューの表面に泥が付いたままの状態で使うと、リムとブレーキシューの双方が余計に削れてしまいます。

そのため、雨の中を走ったあとは、ブレーキとホイールのチェックを欠かさず行ってください。

泥などが付着している場合は、しっかり拭き取りましょう。

 

チェーンなどへの注油も忘れずに

雨の中を走ると、チェーンなどに差したオイルも一緒に落ちてしまいます。

オイルが落ちた状態では、走ったときの快適性が落ちてしまいます。

そのため、雨天走行後はチェーンやディレイラーなどに注油してください。

また、雨の日にも積極的に走るという人なら、雨でも落ちにくく粘土の高いウェットタイプのチェーンオイルがおすすめです。

 

 

 

 

できればフレームの水抜きもやっておきたい

サイクリング中にゲリラ豪雨にあった後のメンテナンス

 

先ほど紹介した3つのメンテナンス方法は、雨の中を走ったあとにやっておきたい基本的なものです。

それ以外には、長時間、雨の中を走ったあとのメンテナンス方法も押さえておきましょう。

ゲリラ豪雨や大雨の中を走ったあとは、フレームの内部に水が入り込んでいる可能性があります。

そのままの状態で放置しておくと、フレーム内部やボトムブラケットなどがサビてしまいますので、水抜きをしたほうがいいでしょう。

水抜きの方法としては、まずシートポストを抜き、車体を逆さまにした状態で置いておくことでできます。

シートポストの部分には水が抜けたときのために、タオルやマットを置いておくといいでしょう。

 

 

雨の日でも走る人は定期的な点検が大事

自転車・ロードバイクの定期点検

 

ほかにも、雨の日に走る機会のある人が、自転車の状態を保つもためには、走った後だけではなく定期的な点検が大事です。

いくら走行後のメンテナンスを欠かさずやっていても、雨の中を走っていれば、通常以上に自転車は消耗します。

そのため年に1度ぐらいのペースで、パーツなどを外して、部品の状態をチェックするといいでしょう。

その際に、グリスが流れていたり、予想以上に消耗しているパーツを見つけたら相応の対応してください。

常に自転車の各パーツに意識を向けておくことが、大切な自転車を長く乗り続けるための秘訣です。

 

 

NEWS

ロードバイクの本場ヨーロッパで人気の北欧メーカー「SWIX社」が展開する

「バイク ケアライン」がついに日本初上陸!

バイクウォッシュ

自転車を清潔に保つ、ボディ全体に使える強力で優しいクリーナー。
低温でも問題なくご利用いただけます。

 

 

 

 

ディグリーザー(脱脂剤)

効率的なチェーンクリーナー。自転車チェーンとギア、シャフトなどのための非常に強力な脱脂剤です。

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント(潤滑油)ウェット

水と汚れに強い耐久性!
オイルに適下することで、悪天候の過酷な条件下に対する耐久性をアップ。自転車チェーンのすべらかな運行を助けます。

 

 

 

 

バイク ルーブ ルブリカント (潤滑油)ドライ

ほこりや乾燥した天候下でのより良いシフティングのために。
自転車チェーンに使うことで、摩擦係数を下げるスプレーです。

 

 

 

 

まとめ

ロングライドやキャンプツーリングだけではなく、通勤通学などで自転車に乗る場合、雨の中を走る機会は結構ありますよね。雨の中を自転車で走ったあとは、忘れずにメンテナンスを行うことで、サビや劣化を防ぎ、自転車の状態をキープすることができます。雨の中を走って、体は疲れているかもしれませんが、体を休める前に今回ご紹介したことをやっておきましょう。

ツーリング&キャンプカテゴリの最新記事