アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年版】関東の夏でも涼しく過ごせるキャンプ場

【2022年版】関東の夏でも涼しく過ごせるキャンプ場
「夏でも涼しい関東のキャンプ場はないの?」こんな気持ちでキャンプ場を探している方は多いのではないでしょうか?そこで今回は夏でも涼しい関東のキャンプ場を紹介していきます。日々のストレス解消や家族や友人との素敵な時間を満喫するためのキャンプ場を探していきましょう。

 

夏でも涼しいキャンプ場の特徴

涼しいキャンプ場 関東

夏でも涼しいキャンプ場を探しているのであれば、標高が高いキャンプ場を探すことが重要です。実は標高が高くなるほど、気温は0.6度下がると言われています。また東京から離れ、忙しい毎日では感じづらい、自然の空気を味わえます。

レジャー施設や、グランピング環境にも恵まれているので、標高が高いことは外せない条件です。ではどのようなキャンプ場がおすすめなのか詳しく見ていきましょう。

 

夏でも涼しい関東のキャンプ場をご紹介!

涼しいキャンプ場 関東

夏でも涼しい関東のキャンプ場は以下の通りです。

  • 日光まなかの森キャンプ&スパリゾート(栃木)
  • メープル那須高原キャンプグランド(栃木)
  • 榛名湖オートキャンプ場(群馬)
  • グリーンパークふきわれオートキャンプ場(群馬)
  • わらび平森林公園キャンプ場(群馬)
  • 丸沼高原オートキャンプ場(群馬)
  • 北軽井沢スウィートグラス(群馬)
  • 無印カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬)
  • みずがき山森の農園キャンプ場(山梨)
  • 筑波高原キャンプ場(茨城)

ではそれぞれのキャンプ場について詳しく見ていきましょう。

日光まなかの森キャンプ&スパリゾート(栃木)

日光まなかの森キャンプ&スパリゾートは、栃木県日光市の標高約600mに位置するキャンプ場です。

こちらのキャンプ場では、温泉や釣りが魅力です。釣った魚はそのまま焼いて食べられます。イワナやヤマメ、マス、アユなどを塩焼きにして堪能でき、非日常の食事を楽しめます。

また、宿泊の方に限り、天然掛流し露天風呂が何回でも無料で利用できる点もうれしいポイントです。

公式HP:日光まなかの森キャンプ&スパリゾート

メープル那須高原キャンプグランド(栃木)

メープル那須高原キャンプグランドは、栃木県那須郡の標高約650mに位置するキャンプ場です。

こちらのキャンプ場ではレジャー施設が豊富です。​​釣り堀、メープル池、芝生広場、どんぐりハウスなど子供が楽しめるものが揃えられています。

宿泊施設についても、2つのオートサイトと、ログハウスやコテージなど8種類の建物があるため、家族でゆったりとした時間を楽しめる環境が整っています。

公式HP:メープル那須高原キャンプグランド

榛名湖オートキャンプ場(群馬)

榛名湖オートキャンプ場は、群馬県高崎市の標高約1,140mに位置するキャンプ場です。

榛名山の豊かな自然環境である既存の地形や樹木を活かした施設になります。山と湖の自然環境が整っていることから、​​榛名湖でのボート遊びや釣り、湖畔周辺でのサイクリング、榛名山をロープウェイで登れるなどのアクティビティが揃っています。

公式HP:榛名湖オートキャンプ場

グリーンパークふきわれオートキャンプ場(群馬)

グリーンパークふきわれオートキャンプ場は、群馬県川場村の標高約650mに位置するキャンプ場です。

薄根川の源流が流れ、手つかずの自然が多く残っており、都会から1歩外に出た違う世界を堪能できます。
1番の特徴としては、12の豊富なキャンププランがあり、それぞれのニーズに合ったものを選択可能。この中には日帰りキャンプや、ピザ作り体験なども含まれているので、気軽に楽しめます。

公式HP:グリーンパークふきわれオートキャンプ場

わらび平森林公園キャンプ場(群馬)

わらび平森林公園キャンプ場は、群馬県高崎市の標高約1,100mに位置するキャンプ場です。

大きなキャンプ場ではないですが、こじんまりとした穴場スポットなので静かに家族の時間を楽しみたい人にはおすすめです。キャンプファイヤーや釣り池、マス焼き、陶芸などの体験もできるので家族だけの時間を過ごすよい時間となるでしょう。

公式HP:わらび平森林公園キャンプ場

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事