ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

カヌー・カヤックの服装は?カヌー・カヤック用パドリングウエアはしっかり選ぶことが大切!

カヌー・カヤックの服装は?カヌー・カヤック用パドリングウエアはしっかり選ぶことが大切!

カヌー・カヤック用パドリングウェアの選びかた

カヌー・カヤック用パドリングウェアカヌー・カヤック用パドリングウェアを選ぶ際のポイントを解説します。

パドリングウェアの選びかた①レイヤード

レイヤードとは重ね着のこと。パドリングウェアのレイヤードはより機能面に重きを置いています。

レイヤードはアンダーウェア→アウターウェアと2層を基本に、水温に応じて間にミドルウェアをはさんでコーディネートするといいでしょう。

アンダーウェアには体温を保持するために速乾性にすぐれ、体を動かしやすい柔軟な素材でできたラッシュガードがおすすめ。

ミドルウェアには空気を含んで断熱効果のあるフリースを、そしてアウターウェアにはドライジャケットとネオプレンのパドリングタイツ・ジョン+ドライパンツなどがいいでしょう。

パドリングウェアの選びかた②季節を考える

レイヤードを考える服装とはいえ、季節や気温・水温に適したものを身につけましょう。後述するおすすめコーデでは季節ごとに紹介していますので参考にしてください。

パドリングウェアの選びかた③素材

①②のポイントを見てきましたが、パドリングウェアでは体温の保持と動きやすさが重要になってきます。パドリングウェアで採用される素材も、この機能を満たしたものが多いのです。

パドリングタイツ・ジョンなどは、ネオプレンというストレッチ性の高いゴム素材が使用されているものがおすすめ。

パドリングジャケットはドライテックのような、防水撥水にすぐれ、透湿性にぐれた素材なら安全かつ快適にカヤック・カヌーをたのしめるでしょう。

このように、ウェアの素材は機能性の高いものが年々増えてきています。

 

カヌー・カヤック用パドリングギアの選びかた

カヌー・カヤック用パドリングウェアカヌー・カヤック用パドリングギアを選ぶ際のポイントを解説します。

パドリングギアの選びかた①安全性

ギアの機能としていちばん重要なポイントです。ライフジャケットの中の浮力体はきちんと浮いてくれるか?

ベルトは外れないか?ヘルメットなら衝撃にちゃんと耐えうる素材か?など、いざというときに自分の身を守ってくれるかチェックしましょう。

また、ギアはウォータースポーツに適したものを使用する事も大事。ヘルメットなどは水抜き用の穴が空いている専用のものを使用しないと、中に水がたまり思わぬ事故に繋がる危険性があります。

パドリングギアの選びかた②故障・劣化がないか

ギアも経年変化とともに劣化していきます。とくに、パドリングギアは水の中で使うものなので使用後そのままにしていると劣化が進行します。

使用後は掃除をし、きちんとかわかしてメンテナンスをすることで長持ちします。

パドリングギアの選びかた③サイズ

ギアは自分の体にフィットしたものを使用しましょう。ライフジャケット、ヘルメットのベルトが緩んでいたりすると、沈脱した際に脱げてしまいます。

とくに、子どもは体が小さいのでフィッティングは念入りに。ベルトをしっかり締めて、ライフジャケットなら後ろから引っ張って脱げたりしないか確認しましょう。

 

おすすめの服装・パドリングコーデ例を紹介

カヌー・カヤック用パドリングウェア季節ごとにどんな服装をすればよいのか、パドリングコーデの例とおすすめのパドリングウェアを紹介します。

夏用パドリングコーデ例

 アンダーウェアアウターウェア
上半身ラッシュガード半袖パドリングジャケット(必要に応じて)
下半身ショートパンツなし

真夏の水温が高い時期のコーディネートです。ラッシュガードとショートパンツは、パドリングウェアでもかなり軽装なスタイル。

このコーディネートをベースに、アウターに半袖のパドリングジャケットを着用すれば水の流入を防げるのでより安全です。

TESLA 半袖 水着 スイムウェア ラッシュガード

TESLAから発売されている、半袖のラッシュガードです。吸汗速乾のドライ繊維なのでインナーには最適です。また、UVカット99%なので、アウトドアスポーツにはピッタリです。

春・秋用パドリングコーデ例

 アンダーウェアアウターウェア
上半身ネオプレンジャケットパドリングジャケット
下半身パドリングタイツ・ジョンショートパンツ

春・秋にかけては、気温が穏やかで天気のいい日が多く、カヤック・カヌー日和です。

しかし、過ごしやすい気温でも、水温は思いのほか低い時期でもあるので、体温の保持に注視したコーディネートにしましょう。

アンダーウェアには保温性と柔軟性に富んだネオプレン素材のものがおすすめです。

MORGEN SKY ウェットスーツ ロングパンツ

柔軟で耐久性のあるネオプレンのロングパンツ。保温性に優れていながら、透湿性もあるのでムレません。岩などから体を守ってくれます。

冬用パドリングコーデ例

 アンダーウェアミドルウェアアウターウェア
上半身ラッシュガード/パドリングジョンフリースドライジャケット/ドライスーツ
下半身パドリングタイツ・ジョンなしドライパンツ

上級者には真冬のカヤック・カヌーも人気です。真冬の際のパドリングウェアはより保温性の高いコーディネートをして、低体温症の危険から身を守る必要があります。

もし行う場合は、完全防水のドライジャケット・パンツまたはドライスーツと、ミドルウェアも活用しフル装備でのぞみましょう。

高階救命器具 ブルーストーム BSJ-RV104 ハイドライトドライトップ ネイビー/M

透湿・防水にすぐれたドライスーツです。縫製部分を極力少なくすることで、水の流入を防ぐ工夫がされています。

立体裁断なのでパドリングの際の動きを阻害しません。長時間の着用でも不快にはなりません。

created by Rinker
ブルーストーム(Bluestorm)
¥38,456 (2021/09/20 23:44:59時点 Amazon調べ-詳細)
いかがでしたか?パドリングウェアとギアは、ただのファッションではなく、予期せぬ事故の時に身を守ってくれる大切な道具です。デザイン性やコスト面も大切ですが、体温の保持や柔軟性など機能面をポイントに、自分にピッタリのものを選びましょう。

カヌー・カヤックカテゴリの最新記事