ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

クライミングとボルダリングは違うの?奥が深いクライミングの種類!

クライミングとボルダリングは違うの?奥が深いクライミングの種類!
   
最近耳にする機会が増えた「クライミング」と「ボルダリング」。同じようで違うようなこの言葉、なんだか分かりにくいと思ったことはありませんか?クライミングとボルダリングは、壁を登ると言う点では同じ意味です。では、それぞれはどのように使われているのでしょうか?多彩なクライミングの種類とその違いをご紹介します!
   

1.ロッククライミング

岩壁をよじ登る意味をもつロッククライミング。

一言で表すと簡単ですが、ロッククライミングは登り方の種類により、いくつものカテゴリーに分かれます。

 

1.ロック
クライミング
2.フリー
クライミング
4.ボルダリング8.スポーツ
クライミング
5.ルート
クライミング
6.リード
クライミング
7.トップロープ
クライミング
9.トラディショナルクライミング
(トラッドクライミング)
3.アルパインクライミングとエイドクライミング(人工登攀)
10.その他の
クライミング
11.マルチピッチクライミング
12.アイスクライミング
13.ミックスクライミング
14.シャワークライミング(沢登り)

 

フリークライミング

クライミングとボルダリング

 

ボルダリング

Boulder(ボルダー)は、大きな石、大きな岩、岩石の意味があります。

ボルダリングで示す大きな石や岩とは、大体3~5メートルほど。

この大きさの石を、ロープなしの体ひとつで登るもっともシンプルな登り方です。

クラッシュパッドと呼ばれる落下の衝撃を吸収し怪我を防ぐマットと、落下した際に頭や腰を受け止めるスポッターが、ボルダラーの安全を確保する役目を担っています。

 

 

 

ルートクライミング

5~25mほどの長いルートに支点とロープで最低限の安全確保を行い、体ひとつで登るのがルートクライミング。

墜落することを前提にしているため、支点は強固に設置されています。

ボルダリングよりも長い距離を、疲労を溜めないように登るのが大切。

ルートクライミングでは、ロープで体を固定して登るクライマーと、クライマーの命を預かりロープを操作するビレイヤーの2人一組で行います。

登り方の種類が2つあるルートクライミング、その違いを見てみましょう。

 

クライミングとボルダリング

 

リードクライミング

ルート開拓者が壁に設置した支点に、クイックドローとロープを自らかけながら終了点まで登ります。

リードクライミングは、クイックドローとロープをかける手間が多くかかるうえ、長い距離を墜落する可能性もあるため、保持力と持久力だけでは登れないリスクの高いクライミングです。

 

クライミングとボルダリング

 

トップロープクライミング

リードクライマーが終了点にかけて折り返されたロープを、自分のハーネスに結んで登ります。

リードクライミングと比べてリスクが低いため、クライミングに慣れていない初心者やそのルートをリードするための練習、また、ハンドドッグ(ルートの下見のこと)などで登ることが多い登り方です。

 







安全・危機対策カテゴリの最新記事