豪快なアウトドア料理がつくれるダッチオーブンをいつか手に入れたい。そう思っておられるかたは多いはず。今回、筆者が新たに購入したダッチオーブンで、実際に行ったシーズニングや定期的なメンテナンス方法についてご紹介します。

ダッチオーブンの魅力

ダッチオーブン シーズニング

ダッチオーブンのシーズニングやメンテナンスに入るまえに、そもそもダッチオーブンとは何なのか?また、どのような魅力があるのかについて簡単に解説します。

ダッチオーブンとは

ダッチオーブンとはアメリカ西部開拓時代に使用されていた鋳鉄(ちゅうてつ)製の分厚い鍋のことです。ダッチとはアメリカ西部開拓時代にこの鋳鉄製の鍋を販売していたオランダ商人ダッチ氏が由来だといわれています。

フタも分厚い鋳鉄製で、鍋の上下から火で熱して調理することができます。

ダッチオーブンの特徴

ダッチオーブンの最大の特徴は分厚い鋳鉄製であること。熱がじんわりと食材に浸透して焼きむらの少ない状態で旨味を引きだしてくれます。

重たいフタで密閉するため圧力釜の機能もあり、ふっくらとしたおいしいご飯が炊けます。

また、スキレットとも共通していますが、表面が鋳肌であるため、きちんとシーズニングさえすれば、フッ素加工の鍋やフライパンと同じくらい食材がくっつきにくいという特徴も。

ダッチオーブンひとつで、炒める、焼く、蒸す、茹でる、炊く、揚げる、燻製にするといった調理工程をすべてこなすことができるため、魔法の鍋とも呼ばれているのです。

 

ダッチオーブンの使いはじめはシーズニングをしよう

ダッチオーブン シーズニング

ダッチオーブンの多くが出荷時にサビ止めの表面塗装をほどこすか、または鋳鉄の肌がむき出しとなったいわばスッピンの状態です。

この状態から使いやすくするだけでなく、長く使い続けることができるようにする作業がシーズニングです。

表面塗装がある場合、そのまま使用すると塗装がはがれて食材に混入してしまうので、まずは塗装を焼いて取り除いてから、油を焼きつけて表面にコーティングを施します。

また、鋳鉄の肌がむき出しになった状態のダッチオーブンは、そのままでは食材がくっついて使いにくくサビやすいため、洗剤で洗ったのち焼いて水分をとばし、油を焼きつけてコーティングします。

次の項目でシーズニングの具体的な方法を紹介します。

固定ページ: 1 2

この記事を書いた人

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】 私たちは日本のアウトドア、レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的とした総合ウェブメディアです。 これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者向けの様々な情報を中心に配信しております。 また、アウトドア関連のイベント情報やフィールドで活躍するスペシャリストの方、遊びを豊かにするアイテムを創造し形にするクリエイターの方をクローズアップいたします。