ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

冬でもアオリイカを釣りたい!初心者でも釣れる冬エギングを解説

冬でもアオリイカを釣りたい!初心者でも釣れる冬エギングを解説
冬はアオリイカが釣れないからエギングができなくてつまらない。そんな風に考えていませんか?冬=釣れないと思いがちですが、じつは冬でもアオリイカは釣れるんです!今回は初心者でも釣れる冬エギングのコツを解説します。

冬はエギングのオフシーズン?

冬エギング アオリイカ

冬はエギングのオフシーズン。そんな風に思っている方も多いかもしれません。でも「冬だからアオリイカは釣れない」これは大きな勘違いです。

沖縄などの暖かい地方はもちろんですが、九州や四国、本州でも真冬にキロオーバーのアオリイカが釣れることは珍しくありません。

その理由は「海中は意外と暖かい」から。一般的に大型に成長したアオリイカは、冬になって海水温が下がると沖の深場に落ちていくといわれています。

でもこれは「冬になると」ではなく正しくは「海水温が下がると」ということ。つまり、冬でも海水温が高ければ、アオリイカは沖に行かずに岸近くにいるためエギングを十分楽しめます。

冬になると気温が下がり風が強くなって、エギングしにくい環境になりますので、体感的に釣れないと感じるのも当然かもしれませんが、実際には冬でもアオリイカを釣ることができるのです。

 

暖かい海を狙おう!ポイントは黒潮

冬エギング アオリイカ

とはいえ、冬でも暖かい海なんて、どこにあるの?そう思われるかもしれません。

冬に暖かい海、それは黒潮の海です。

日本の近海には赤道付近から、フィリピン、台湾近海を抜けて流れてくる海流があり、この海流を黒潮と呼んでいます。この黒潮では、なんと真冬でも20度近い海水温がキープされています。

本州でいえば、静岡県や和歌山県など。黒潮の影響で真冬でも20度以上の海水温を保っている日も珍しくありません。

こういったエリアにあって、潮通しがよく深場が隣接した磯や堤防などは1級ポイントと考えて良いでしょう。

ただし、黒潮の流れる場所や海水温は毎年状況が変わります。SNSなども活用しつつ最新の状況を確認しましょう。

高温の海域を知る方法

でも、どこを黒潮が流れていて、どこの海水温が高いのかなんて普通はわかりませんよね?じつはかんたんに知る方法がありますのでご紹介しておきます。

それは各県の水産試験場のHP。ここで最新の海水温が公開されていますので、誰でもかんたんに黒潮の状況、海水温の状況を確認できます。

各地の水産試験場へのリンクは「国立研究開発法人 水産研究・教育機構」にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

海釣りカテゴリの最新記事