ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

知ってる?川のルール。楽しく川遊びするためのマナーを知っておこう!

知ってる?川のルール。楽しく川遊びするためのマナーを知っておこう!
川は公共のものなので、誰でも自由につかうことができます。しかしいくら「自由」といっても、川によって禁止されていることもあれば、最低限のモラルとしてマナーを守ってほしいこともあります。みんなでルールを守り、気持ちよく遊べるようにしましょう。

事故を防ぐための『川のルール』

川遊びにバーベキュー、花火など、夏場は川に行く機会が多くなる季節ですよね。川は誰でも自由に遊んでいい場所ですが、なかには明らかに危険と見なされる行為をする人や、マナーを守れない人がいます。

事故やトラブルが起きてから「知らなかった」では済まされません。ここで川のルールを知っておきましょう。

川遊び ルール

1人ではいかない 誰かに行き先を言っておく

子どものみならず、大人でも1人で川に行くのは危険です。また、登山のように入山届けなどはありませんから、万が一のため誰かに行き先を言っておくことも大事です。

子どもから絶対に目を離さない

特に河原でのバーベキュー中などは、子どもも親も注意が散漫になりがちです。いつどのようなきっかけで子どもに危険が及ぶか分からないので、絶対に目を離さないでください。

増水していたら近づかない

当日雨が降っていなくても、数日前の雨の影響が残っていることがあります。水が濁っていたり、少しでも増水している場合は川には入らないでください。ダムの放水のサイレンが鳴ったら、ただちに川から離れましょう。

安全な服装で

足にフィットする滑りにくいシューズ、乾きやすい服、ライフジャケット。この3点は必ず用意してください。

禁止区域で遊ばない

立入り禁止、遊泳禁止、飛び込み禁止、釣り禁止などの看板が立っている場合は、必ず守ってください。

「自分は大丈夫」「ちょっとくらいいいだろう」という気持ちが事故のもと。一人一人がルールを守っていれば、悲しい事故は減らせるはずです。

 

人に迷惑をかけないための『川のマナー』

もともとは禁止されていなかったのに、マナーの悪い人が増えたせいでバーベキューやペット連れなどが禁止されてしまった河川もあります。

川を汚したり、ほかの人の迷惑になったりする行為はやめましょう。次のことに注意してください。

川遊び ルール

車やバイクのマナー

言わずもがな路駐は違反行為です。近くの駐車場など止められるところを探してください。

また、河原まで無理して車でおりると、砂や石にハマって出られなくなることがあるのでやめましょう。

トイレのマナー

トイレがある川は少ないですが、だからと言ってそのへんで用を足しちゃダメです。事前に済ませておくか、簡易トイレを持参しましょう。

幼児のおむつは水遊び用のものを使用してください。

ペットのマナー

犬をリードを外して走らせるのはやめてください。子どもが咬まれたり、びっくりして転んでしまったりするトラブルが起きています。

また、川のなかで遊ばせる場合も、ほかの人に配慮してください。

バーベキューのマナー

基本的に直火はダメです。必ずコンロや七輪などを使ってください。火の始末は徹底しましょう。

また、残飯、洗剤などを川へ流さないでください。当然ですが、ごみは持ち帰りましょう。

花火のマナー

バーベキュー同様、ゴミ、火の始末をきちんとしてください。また、あまり遅い時間まで騒がないようにしましょう。

ページ: 1 2
   
   

川遊びカテゴリの最新記事