ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

「雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム」が始動【北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然の中でアート活動】

「雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム」が始動【北アルプスの最奥部、雲ノ平の自然の中でアート活動】
北アルプスの最奥部に位置する山小屋、雲ノ平山荘は、「自然」「人、社会、自然の関連性」をテーマした芸術表現に対し、制作活動の場を提供する『雲ノ平山荘 アーティスト・イン・レジデンス・プログラム』を2020年夏山シーズンから実施いたします。

『雲ノ平山荘 アーティスト・イン・レジデンス・プログラム』

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

雲ノ平は、飛騨山脈・黒部川源流にある、標高2,600m付近に位置する溶岩台地で、どの登山口からもアプローチに1日はかかるため「最後の秘境」とも呼ばれています。
黒部五郎岳や水晶岳などの名峰に囲まれ、草原の中に点在する池塘や花畑が作り出す、まるで天上の庭園のような情景が雲ノ平の特徴です。

本プログラムは、雲ノ平の自然に浸りながら、新しい芸術表現に挑戦できるプログラムです。8月下旬から10月初旬の間の最大2週間程度の宿泊が可能で、創作活動に関わる生活面のサポートは全て雲ノ平山荘が行います。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

夜、雲ノ平の平原に立って目を閉じれば、そばにあるのは、空と大地だけ。
街灯りはなく、あたりは山々の影が冷厳とそびえ、谷底からは太古の昔と変わらない黒部川の沢の音がかすかに聴こえてくる。
夜明けには、鳥たちのさえずりが薄明の中新しい一日の到来を告げ、日の出とともに湧き上がる谷風は花々をそっと揺り起こす…
雲ノ平はあるがままの自然のエッセンスを表現者の精神に取り込むのに、この上ない環境だと考えています。

コンセプト

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

山をめぐる表現活動に、もっと多様性があっても良いのではないか?という思いがこのプログラムの根底にあります。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

日本の自然環境は世界の中でも指折りの豊かさを誇り、生物の多様性や景観の美しさの面でも非常に優れた特徴を持っています。
また、江戸時代以前の日本は、木造建築文化や茶道、花道、陶芸や漆芸といった多彩な工芸など、豊かな自然の資源を生かした独自の文化で彩られていました。
しかし、20世紀以降の近代化の流れの中で、古い文化は急速に放棄され、「殖産興業」に傾倒するあまり近代思想としての自然保護運動も根付かなかったことで、現在は自然と人間社会の分断が著しい状況になってしまっています。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

年間1,000万人に迫る莫大な数の登山者が利用する北アルプスのような国立公園でさえ予算や人材が著しく欠乏し、自然保護のシステムがほとんど存在せず、社会に自然の価値や魅力を発信するべき学問や芸術の分野も低迷する中、各地で山は荒廃が進んでいます。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

これも、アウトドアカルチャーが普遍的な文化、日常生活に根ざした自然観の領域まで根付いておらず、あくまでも「趣味」の一ジャンルとして扱われてきた弱さだと言えます。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

この状況を打開するにはどうすれば良いでしょうか?

言論活動として問題提起が必要な一方で、同時に求められるのは、より豊かな想像力を持ち、文化としての懐を深めていくことなのではないかと私たちは考えています。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

それは、経済の発展が自然環境や生活を破壊し、一方で自然保護派は現代社会を全否定する、という対立の連鎖ではなく、山と街、歴史と現代、生活や産業を緩やかなグラデーションでつなぎ合わせ、高次元に調和した環境を社会のデザインとして生み出すことです。

都会の喧騒を逃れて山を訪れるだけではなく、山で育んだイメージを都市の創造性に還元し、日常的により多くの人々が自然の価値について考える機会を作ることで、自然環境と都市空間の分断を解消していく。

雲ノ平山荘 アーティスト・イン・ レジデンス・プログラム

経済活動と自然環境は必ずしも矛盾するものではありません。むしろ持続可能な経済とは、人の幸福感や、世界の美しさを抜きにして語れるものではないはずです。

こうしたことを証明するためにこそ、芸術表現の発展は不可欠だと考えています。

ページ: 1 2
   
   

ふるさとPR/地方創生カテゴリの最新記事