半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

サルカンの選び方とは?釣り用サルカンの種類とそれぞれの特徴を徹底解説

サルカンの選び方とは?釣り用サルカンの種類とそれぞれの特徴を徹底解説
   
釣りでは、ラインとラインを結んだり、仕掛けを組み立てる作業がありますよね。この作業をスムーズにしてくれるのが「サルカン」で、さまざまなシーンに対応するよういろいろな種類があります。今回は釣り用サルカンの種類とそれぞれの活用方法を解説します。
   

釣り用サルカン:ベーシックな「タル型サルカン」

釣り サルカン

 

サルカンのなかでも、もっとも一般的なものがタル型サルカンです。

おもにラインをラインの結束で間にかませる使い方で、ラインがよじれてしまうのを防ぎ、劣化やラインブレイクを防ぐ効果があります。

海釣りの仕掛け作りでは「ヨリモドシ」と呼ばれる場合もあります。

完成仕掛けに組み込まれている場合も多いので、見たことがあるかたも多いですよね。

価格も安く、サイズも小さいものから大きいものまであるので、使いやすいのも特徴です。

 

タル型サルカンの選び方

タル型サルカンは、おもに大きさと強度から選びます。

大きさは20種類以上あるので、ラインとの相性を考え、結び目がしっかり作れるものを選びましょう。

 

NTスイベル N.T.SWIVEL タル型サルカン ブラック ハンガーパック 50個入 #14

【送料無料】NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型サルカン ブラック ハンガーパック 50個入 #14

 

とくに重いおもりを使ったり、大物がかかるシチュエーションであれば強度も重要になります。

号数によって強度が変わり、もっとも大きいサイズであれば100㎏以上の強度もあります。

大きいものは高くなり、コストもあがってしまうので、適切な重さのものを選ぶ必要があります。

 

NTスイベル(N.T.SWIVEL) タル型サルカン クロ # 8

 

 

釣り用サルカン:高強度で大物釣りにも「スイベル型サルカン」

釣り サルカン

 

形はタル型サルカンとほぼ同じで、使い方もタル型サルカンと同じですが、使われるシーンが違います。

一番の違いは強度で、内部の構造が破断しにくいよう設計されており、タル型サルカンが苦手とする斜めからの引張強度にも長けています。

また、タル型サルカンよりも回転性能の優れているものが多いので、軽い重りでうねりのあるポイントに仕掛けを投げる場合にも有効です。

おもに強度が必要になる大物釣りや船釣り、重い仕掛けを使う投げ釣りなどで使用されるサルカンですね。

ただしタル型サルカンに比べて価格が高いため、シーンに合わせてタル型サルカンと使い分けましょう。

 

スイベル型サルカンの選び方

スイベル型サルカンを使うべきシーンは、おもに強度が必要なシーンです。

スイベル型サルカンでもメーカーによって設計強度が違い、基本的には強度が高いものは価格も高いので、用途に応じてサイズが小さくても強度があるものも検討してみましょう。

 

NTスイベル(N.T.SWIVEL) パワースイベル クロ #10

【ポイント5倍】NTスイベル(N.T.SWIVEL) パワースイベル クロ #10

 







海釣りカテゴリの最新記事