『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

間近で溶岩ドームを観察してみよう!北海道の天然記念物「樽前山」

間近で溶岩ドームを観察してみよう!北海道の天然記念物「樽前山」
   
樽前山は、山頂の火口原の中央部に溶岩ドームがある世界でも珍しい活火山です。今回は、樽前火山の歴史や登山ルート、周辺の見どころスポットについて紹介します。樽前山は比較的簡単に登れる山なので、地球のエネルギーを目の当たりにしてみませんか?
   

樽前山について

北海道 樽前山 溶岩ドーム

 

樽前山の火山の歴史や、世界的に珍しい溶岩ドーム、登山ルートなどを紹介していきます。

樽前山という名称は、アイヌ語の「タオロマイ」(川岸の高いところという意味)が語源です。

アイヌ語で樽前川を指す言葉を、江戸時代後期に入植した和人が、山名と間違えたのではないかといわれています。

樽前山のことを、アイヌの人たちは「ヲフイノボリ」「オフィヌプリ」(燃える山)と呼んでいました。

 

 

アイヌ人物誌 近世蝦夷人物誌

 

 

樽前山の火山の歴史

北海道 樽前山 溶岩ドーム

 

樽前山の火山の歴史は古く、有史以前の約9,000年前から火山活動がはじまったとされています。

有史以降の記録に残されている噴火は、1667年(寛文7年)9月23日のことで、大規模なマグマ噴火が発生し、苫小牧に火山灰が約2mも堆積しました。

1739年(元文4年)8月18~30日にかけても大規模なマグマ噴火が発生、千歳空港付近に火山灰が約1m堆積したと記録されています。

さらに、1804年~1817年にも中規模なマグマ噴火が発生、周辺住民に多数の死傷者を出しました。

1909年(明治42年)の噴火では、マグマが大量に噴出して、現在見られるような溶岩ドームが形成されました(溶岩ドームは、樽前山と異なり真っ黒な色をしているため、とてもインパクトがある)。

山頂の火口の縁には、溶岩ドームの周囲をめぐるルートが整備されていますが、活発な噴気活動があるためルートから離れて溶岩ドームに近づくことはできません。

最近では、1979年(昭和54年)と1981年(昭和56年)に水蒸気噴火が発生しています。

2003年(平成15年)、2011年(平成23年)、2012年(平成24年)に火口付近が明るく見える現象を観測、2013年(平成25年)には火山性とみられる地殻変動を観測しましたが、それ以降は小康状態を保っています。

 

 

北海道が天然記念物に指定している溶岩ドーム「樽前山熔岩円頂丘」

北海道 樽前山 溶岩ドーム

 

1909年(明治42年)の噴火によって誕生した溶岩ドーム「樽前山熔岩円頂丘」は、北海道指定文化財の天然記念物に指定されています。

「樽前山熔岩円頂丘」は、円形の火口にプリンをふせたような形をしていて、千歳空港に離着陸する飛行機内からもよく見えます。

樽前山の山頂に、直径1.2km×1.5kmの外輪山に囲まれた火口原があり、その中央部に直径約500m、高さ約100mの溶岩ドーム「樽前山熔岩円頂丘」があります。

 

 

山頂への登山ルート

樽前山への登山は「7合目登山口」からのスタートが一般的です。

「7合目登山口」(標高660m)から山頂の外輪山取付(標高950m)まで登ります(所要時間は約40分)。

さらに、外輪山取付からは、溶岩ドームを眺めながら、外輪山をぐるっと1周するコースを周遊します(約2時間)。

下りは7合目登山口まで約30分、合計で約3時間10分のタイムスケジュールです。

7合目登山口→外輪山取付(約40分)→外輪山をぐるっと一周して外輪山取付(約2時間)→7合目登山口(約30分)合計約3時間10分

また、「7合目登山口」には、広い駐車場と宿泊も食事もできる「樽前山7合目ヒュッテ」があり、身体の疲れをゆっくり取ることができます。

 

 

 
樽前山7合目ヒュッテ

北海道苫小牧市字錦岡

アクセス:苫小牧駅から車で60分

電話:0144-32-6111

 

 

 







登山カテゴリの最新記事