ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

スローキャンプのマストアイテム「焚き火台」のすすめ!ソロからファミリーキャンプまで

スローキャンプのマストアイテム「焚き火台」のすすめ!ソロからファミリーキャンプまで
キャンプの長い夜をあたたかな火を見つめながら過ごしてみませんか。地面を傷めず焚き火ができる「焚き火台」をご存知でしょうか。炎の灯や暖かさはキャンプの夜を豊かにしてくれます。シーンごとの選び方やおすすめの焚火台をご紹介しましょう。

ソロキャンプの焚き火台はどんなのがいいの?

キャンプ 焚き火台

 

ひとりでキャンプへ行くときも焚火台があれば、夜も豊かな時間を過ごせます。

ソロキャンパーが焚き火台を選ぶポイントは、次の4つです。

 

ソロキャンプは荷物を少なく!焚火台も軽量でコンパクト

ソロキャンプに行く際は車のほか、バイクや電車、徒歩で向かう人もいるかもしれません。

なるべく軽く、コンパクトサイズのものがいいですね。

また、折りたたむことができ、持ち運びがしやすいものを選びましょう。

 

DOD 秘密のグリルちゃん 焚火台

 

あっという間に完成!組み立て簡単

ほかの作業やゆっくりする時間へ充てられるよう、袋から出して広げるだけの仕組みのものや、簡単な組み立てで完成するようなシンプルなものを選びましょう。

できれば説明書を見なくても完成できるものがいいですね。

購入する時にはお店で実際に商品を見て確認することをおすすめします。

また、実際に触れられる場合はスタッフに聞いて、触ってみるのもいいでしょう。

組み立てが簡単ということは、片付けも簡単だということ。

お天気が変わり、雨の場合でも素早く撤収できますね。

 

ソロだからこそ薪や炭が少量でOKなのがいい

たくさんの料理をするわけではないソロキャンプ。

ひとりで過ごすのなら少ない燃料で済む焚き火台がいいですね。

片付けも簡単に済みます。

 

ソトミニ焚き火台 テトラ

 

収納袋が付いたものは持運び便利

焚火台はつかうと汚れますが、収納袋がついた焚火台なら少々汚れたままでも気にすることなく持ち運べます。

また焚き火台本体の傷みを防ぐこともできます。

車に乗せる時も、車への汚れを気にすることながなくなります。

収納袋がついていない焚き火台もあるので、確認してから購入しましょう。

こちらにもおすすめがあります。

焚き火の秋♪いつでもどこでも持ち出せる1kg以下の軽量・コンパクトな焚き火台がほしい!

 

 

家族や仲間とステキな夜に!おすすめ焚き火台

キャンプ 焚き火台

 

家族や仲間とキャンプをする場合は、人数が多くてもみんなが火のそばで楽しめる焚火台がいいでしょう。

しっかりとしたものはちょっと高価。

だからこそ選ぶときの大切なポイントを見ていきましょう。

 

みんなで火を囲もう!たくさんの薪や炭が入る?

炭や薪がたくさん入り、家族や仲間みんなが火を囲めるサイズを選びましょう。

大きなサイズであっても収納がコンパクトにできるものであれば持運びも便利です。

 

コールマン 焚火台

 

やっぱり長く使いたい!頑丈なものが欲しい

火を起こすための薪や炭を入れ、ときには料理をすることもある焚き火台。

丈夫で安定性が高く、耐久性のあるものを選びましょう。

実際に使っているひとの口コミやブログを見たり、ショップのスタッフに質問するのもいいでしょう。

 

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) KAMOTO S オープンファイアピット S P-C738060

 

大きくてもコンパクト収納できるのがうれしい!

やはり収納袋が付いていて、コンパクトに収納できると便利ですね。

折りたたんでしまうことができるものや、足の部分が外れるものだと持ち運びに便利でしょう。

 

お料理もしたいから、グリルと兼用できる焚き火台がいい

キャンプ 焚き火台

 

家族や仲間とのキャンプなら、人数もつくる料理の品数も多いことでしょう。

コンロだけではなく調理もできる焚き火台があれば便利ですね。

重いダッチオーブンやスキレットを置いても耐えられる耐荷重のあるものを選びましょう。

 

ベルモント 焚き火台

 

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事