アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

カーボンで軽量化!ロード用カーボンシートポストの選び方とおすすめ10選

カーボンで軽量化!ロード用カーボンシートポストの選び方とおすすめ10選
   
ロードバイクのパーツの中で、軽量化と乗り心地にも影響するのがシートポストです。カーボン製を標準装備するモデルも増えましたが、改造でより軽量化することもできます。今回は、シートポストの選び方と、ロード用のおすすめシートポストをご紹介します。
   

カーボンシートポストのメリット

ロードバイク シートポスト

 

ロードバイクはさまざまなパーツがカーボンに移行し、シートポストもカーボン製が一般的になりました。

これはもちろんレースシーンにおいてメリットがあるからで、成績を求めるマシンほどカーボンで固めています。

しかし価格が高いこともあるので、実際にどのようなメリットがあるか考え、導入するかどうかを決めましょう。

 

更なる軽量化が可能

ロードバイクは元々軽量化を重視して作られていますが、カーボン素材に変更することでより軽くできます。

標準のアルミ製シートポストは500g程度のものもありますが、カーボン製であれば100g台も狙えます。

シートポストは高い位置にあるパーツなので、軽くすることでマシンの制御もしやすくなります。

 

柔軟性で乗り心地アップ

カーボンはカーボン繊維シートを樹脂で固めているため、金属に比べて衝撃を伝えにくい特性があります。

ロードバイクにはマウンテンバイクのようなサスペンションがなく、衝撃がダイレクトに伝わりやすいので、カーボン素材は衝撃を吸収する目的にも用いられます。

長時間乗ることの多いロードバイクでは、路面から伝わる衝撃が体に蓄積しやすいので、大きなメリットになりますね。

 

 

シートポストの選び方

ロードバイク シートポスト

 

シートポストの交換で一番のネックは、規格がいろいろあることです。

使えなければ無駄になってしまうので、注意するべきポイントを覚えておきましょう。

 

パイプ径を選ぼう

第1に重要なのが、シートポストのパイプ径です。

ロードバイクごとに変わるので、パイプ径が合わなければ取り付けられません。

今回は、パイプ径ごとのおすすめ商品をピックアップしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

長さを選ぼう

高さ調節機能はどのロードバイクにもありますが、調整幅はシートポストに依存します。

シートポストには長いものから短いものまであるので、必要な長さのものを選びましょう。

 

ポジション調節機能で選ぼう

シートポストのクランプ部分には、サドルの位置調整機能もあります。

前後位置や角度などを調整できるものもあるので、より細かなセッティングをするならクランプ部分にもこだわるといいでしょう。

 

 

27.2mmのカーボンシートポスト

クロスバイク シートポスト

 

27.2mm系のシートポストは、かなり幅広い自転車で使用されている規格です。

規格が合えばクロスバイクにも使用できるので、クロスバイクユーザーの方も参考にしてください。

 

3T IONIC 25 LTD STEALTH

カーボン製自転車パーツに精通する3Tのシートポストです。

参考重量185gと、十分な軽量化が目指せます。

 

 

3T シートポスト IONIC 25 LTD STEALTH 27.2X350mm 64470000 シートポスト

 

DEDA SUPERLEGGERO RS POB シートポスト

プロチームからの信頼性の高いDEDAのカーボンシートポストです。

この価格で参考重量176gはかなり優秀なコスパといえます。

 
 

【ポイント5倍】DEDA(デダ) SUPERLEGGERO RS POB 27.2/350 シートポスト

 

TNI LW168 シートピラー

高品低価格が評判のTNIのカーボンシートポストです。

長さが400mのラインナップもあるので、シートポジションを高めにセッティングしたい方にもおすすめです。

 

 

TNI (ティーエヌアイ) LW168 CARBON φ27.2 400mm シートピラー

 

SYNCROS カーボンシートポスト RR1.2

自転車メーカーのスコットが展開するパーツブランドSYNCROSのシートポストです。

245gとやや重いですが、カーボンにチタンを組み合わせたチューブで、より衝撃吸収性に長けています。

 

 

【即納】【軽量245g】シンクロス(SYNCROS) カーボンシートポスト RR1.2 CARBON 27.2/350mm 白ロゴ

 

 

30.9mmのカーボンシートポスト

ロードバイク シートポスト

 

30.9mmのシートポストは、主にGIANTのロードバイクで使用されるマイナーサイズです。

30.8mmのラインナップもありますが、0.1mmの差で取り付けできないので注意して選んでくださいね。

 

TIOGA セプター カーボン シートポスト

幅広い自転車サプライを展開するTIOGAのシートポストです。

位置調整の自由度はやや低いですが、この価格で参考重量180gはかなり軽量なおすすめ商品です。

 

 

 

RACE FACE NEXTカーボンシートポスト

信頼性の高さが評判のRACE FACEのカーボンシートポストです。

マウンテンバイク向けなので参考重量240gとやや重いですが、その分剛性が高いメリットがあるので、シクロクロスやグラベルロードなどにもおすすめです。

 

【ポイント3倍】RACE FACE(レースフェイス) NEXTカーボンシートポスト 30.9/400mm SP14NX30.9X400BLK

 

 

31.6mmのカーボンシートポスト

ロードバイク シートポスト

 

ロードバイク用シートポストの規格として一般的な規格です。

太い分重さは出てしまいますが、その分剛性が高いメリットもあります。

 

PLATT カーボンシートポスト3K

コスパ最高峰のカーボンシートポストです。

精度は価格相応なので、趣味乗りマシンのカーボン体験用としておすすめです。

 

TNI カーボンシートポスト LW168

品質、コスパともに評判の高いTNI製のカーボンシートポストです。

27.2mm規格では同じグレードのものが176gで、31.6mm規格だと186gになるため、やはりやや重くなりますね。

スピードに影響するほどの重さではないですし、気になるようなら不要な長さをカットすることで対応しましょう。

 

 

 

PROFILE DESIGN ファストフォワードカーボン

トライアスリート御用達のパーツメーカーPROFILE DESIGNのカーボンシートポストです。

独特な見た目ながら細かなサドル位置調整も可能なので、競技用マシンにもおすすめです。

 

 

PROFILE DESIGN シートポストファストフォワード カーボン31.6mm 【送料無料】(沖縄・北海道・離島は追加送料かかります)

 

ControlTech Wepost

モノコックカーボンの独特なデザインが魅力のシートポストです。

独特な構造は防振性能にも一役買っていて、ロングライダーからレーサーまで幅広い方におすすめです。

 

 

 

 

まとめ

軽量化を求めるロードバイクにカーボン製パーツは有効で、乗り心地にもメリットがあります。シートポストの規格はメーカーによってさまざまで、最低限パイプ径は揃える必要があり、性能を求めるなら長さや調整機能にも注意しましょう。あまり注目されないパーツですが、カスタマイズしてよりよいマシンに仕上げましょう!

ロードバイクカテゴリの最新記事