ゴールデンウィークまで熱いセッションを繰り広げろ!おすすめのスノーパーク

Greenfield

ゴールデンウィークまで熱いセッションを繰り広げろ!おすすめのスノーパーク

今年は全国的に降雪も少なく、気温の上昇が早いスキー場泣かせのシーズンですね。早くもクローズしてしまったスキー場も結構あるようです。しかし、探してみるとまだまだオープンしているスキー場はあります!気温が高い春の陽気の中、厚いウェアを脱いでパーカーやTシャツでライドする爽快さは格別です。ざらめの春雪は板捌きのコントロールもしやすく、スキルアップにも最適です。今回はGW近くまでパークを開放している熱いスキー場を紹介してみたいと思います。

ロッテアライリゾート  LOTTE ARAI RESORT

 

 春スキーシーズンに欠かせない、パーク『LOTTE ARAI SCLOVER PARK』!!

プロデューサーは、国内外のスノーボードシーンを牽引する存在の石川敦士氏。

確かな実績と豊富な経験から、ジブアイテムを使用せず、アライリゾートの豊富な積雪を利用した自然地形を活かした流せるパークになっております。

◆LOTTE ARAI SCLOVER PARK◆
営業期間:2019/3/23-5/19(予定)
 営業時間:9:30-15:30
(当日の天候状況などにより変動の可能性有り)
 入場料金:無料
 設置アイテム:1)ジャンプ5m
2)バンク
3)バンク
4)ビッグWave3連
5)バンクウェーブ
6)バンクウェーブ
7)ウェーブ
8)ジャンプ5m
9)ジャンプ5m
 ※アイテムの構成内容やサイズは、変更になる可能性がございます。

 

◇石川敦士プロフィール◇
スキー場ゴールデンウィークスノーパーク勢いのあるライディングとサッカーで鍛えた強い足腰でコンテストからシューティングは勿論、パーク、ナチュラルヒット、ストリートレールなど全てをアグレッシブにこなすベテランライダー。

18歳からスノーボードを初め、高校時代に名門サッカー部で培った根性と、人一倍の努力でみるみる頭角を現すようになり、2000年には”sclover3”のメンバーに加入。

その後、数々の功績が認められスノーボード専門誌や数々のビデオパートにも登場。 数々の国内ビックコンペ「NISSAN X-TRAIL JAM」や「TOYOTA BIG AIR」、そして「SLOPESTYLE」などへも出場果たし、更にTTRの世界大会で表彰台に上るなど国内外問わず結果と記憶を残し続けている。

そして、スノーボード用品開発や営業活動にも積極的に行い、エンドユーザーをはじめとするショップスタッフやメーカーからの信頼も厚く、シーン全体を盛り上げて行こうという意識が高い。 間違いなく現在のスノーボードシーンを牽引している存在の一人。
http://simsnow.jp/team/atsushi_ishikawa/

 

 

夏油高原スキー場

 

日本屈指の豪雪地帯にある岩手県の夏油高原スキー場。

その豪雪故に、ツリーランやパウダーライディングを楽しめることで有名です。

降雪が早いので、シーズン始めや春スキーで訪れる人も多く、ハイシーズンは雪質も良いので私もよく訪れます。

スキー場内にあるGパークは、プロスノーボーダー石川敦士とプロスキーヤー近藤信がプロデュースする本格的なスノーパークです。

アイテムもレベル別、サイズ別に多く設置されているので、初級者から上級者まで楽しめます。

パークが設置されている場所は、短いペアリフトで効率良く回せるのも好印象です!

 
ゴールデンウィークスノーパーク

 

 

 

かぐらスキー場

 

新潟湯沢地区を代表するかぐらスキー場は、ゴールデンウィークを通り越しても営業している豪雪スキー場です。

私も訪れたことがあり、3つのエリアに分かれた広大なゲレンデに驚いた記憶があります。

その中のみつまたエリアに作られたみつまたArea51s Parkはディガーが常駐するスノーパークで、みつまたの地形をいかし、様々なジブアイテムが設置されています。

Area51sがプロデュースしているので、その完成度はかなりのものだと思います!

 

 

白馬五竜スキー場&Hakuba47ウィンタースポーツパーク

 

長野県白馬エリア屈指のスキー場である白馬五竜スキー場。

隣接するHakuba47ウィンタースポーツパークにある47PARKSは、日本トップのプロスノーボーダーチームHYWODがプロデュースする国内最大規模のパークです。

ビッグキッカーをはじめ様々なサイズの10以上のキッカー、今となってはなかなか少ないハーフパイプ、数多くのジブアイテムとそのクォリティーの高さから、ここを目当てで海外から訪れる人もいるほどです。

さらにJAPAN PARK SCHOOLが常設されており、初心者から中上級者までいつでもレッスンを受けられるという素晴らしい環境があり、スキルアップには最適です!

 

ゴールデンウィークスノーパーク
 

created by Rinker
¥14,364 (2019/06/15 18:56:56時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

丸沼高原スキー場

 

群馬県に位置する丸沼高原スキー場は、その標高の高さから良質な雪質といち早くオープンすることで知られるスキー場です。

私も雪の少ない今シーズン初めに訪れましたが、人工降雪機のフル稼働で、12月頭にも関わらずしっかりとした着雪があり楽しませてもらいました。

ここ丸沼高原スキー場のスノーパークは、プロスノーボーダー石山徹がプロデュースしており、レベルに合わせて全体を流して楽しめるように設計されています。

また、初心者でもビギナーレーンが設置されていますので、安心して練習することができます。

カービングのメッカというイメージがあった丸沼高原ですが、しっかりスノーパークにも力が入っていますね!

 

 

たんばらスキーパーク

 

首都圏から約2時間程度で行ける、群馬県のたんばらスノーパーク。

初中級者向けのコースが多いので、キッズやビギナーでも安心して滑れるスキー場です。

初めてパークにチャレンジするのにぴったりな「たんばらビギナーパーク」と、中上級者も楽しめるジョイフルパークの2つのパークがあり、ビギナーパークにはなんと日本最大級全700m48連のロングウェーブが設置してあります。

もう、足がパンパンになりそうですね(笑)

是非一度はチャレンジしてみてください!

 

ゴールデンウィークスノーパーク
 

 

 

まとめ

探してみると、ゴールデンウィーク近くまで滑れるスノーパークは結構ありますね。また、整備されているスノーパークは既設されていませんが、ゴールデンウィーク近くまで滑走可能なスキー場は、月山やアライリゾート等まだまだ他にもありますので、自然の地形を使って滑ってみるのもいいと思います。春の柔らかい雪はスキルアップに良いだけでなく、転倒による怪我も防いでくれるので、ハイシーズンの硬いバーンでは試せなかったことや新しい大技にチャレンジしていくのにもいい機会だですよ。締まった雪では走り過ぎてスピードコントロールが難しいキッカーやジブへのアプローチも、ザクザクの春雪が助けてくれることでしょう。パークのシーズンはまだまだこれから!さぁ、今週も熱いセッションを繰り広げましょう!!

公式アカウント

関連記事