アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

【2022年版】秋にネイチャーツアーも楽しめる関東のキャンプ場4選

【2022年版】秋にネイチャーツアーも楽しめる関東のキャンプ場4選
森が紅葉で色づく秋は、暑さも和らぎ、アウトドアに最適な気候です。自然に触れられるネイチャーツアーに参加すれば、より自然を理解でき、キャンプもさらに楽しくなります。今回は関東近郊でネイチャーツアーが楽しめるキャンプ場を紹介します。

秋はキャンプ×ネイチャーツアーで山や森の自然をもっと堪能しよう

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場

なぜ秋にネイチャーツアーがおすすめなのか、そして、キャンプとネイチャーツアーの相性がよい理由を紹介します。

ネイチャーツアーとは?

ネイチャーツアーとは、その地域にある自然環境の魅力を体感・体験できるプログラムで、地域に根ざしたガイド団体や環境団体が主に開催します。団体によって、ネイチャーガイドツアーやエコツアーなどとも呼ばれます。

ツアーの内容はさまざまですが、その地域固有の景観や野生の動植物などを観察します。ツアーの案内人を、ネイチャーガイドやインタープリター、エコツアーガイドなどと呼びます。

ツアーの形態も、ハイキングやサイクリング、カヌーイング、シュノーケリング、スノーシューイングなど多彩。体力はそこまで必要なく、未経験の方でも気軽に参加できます。なかにはセグウェイで巡るツアーもあります。

秋にネイチャーツアーがおすすめの理由

秋は暑さが和らぎ、虫も少なく天候も安定するため、山や森の自然を快適に体験できる、よい季節です。色とりどりの紅葉風景は、1年で数週間しか見られない美しい森の姿。空気が澄んでくるので、山岳風景などの遠景も期待できます。

紅葉を眺めながらの森林セラピーや秋の野鳥観察会など、ゆっくり楽しめるタイプのネイチャーツアーがおすすめです。

キャンプとネイチャーツアーの相性がよい理由

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場

ネイチャーツアーに参加して自然を理解すると、キャンプがさらに楽しくなります。たとえば、小鳥たちの声を聞き分けたり、野生動物の痕跡を見つけたり、樹木や草花の特徴を知っていれば、キャンプを楽しみながら自然観察もできます。

キャンプ場は、ネイチャーツアーの開催場所と同じく、自然が豊かな場所にあります。関東近郊では、奥多摩や日光などの地域、国営公園などでネイチャーツアーが多く開催されており、その周辺にはキャンプ場も豊富です。

 

秋にネイチャーツアーが楽しめる関東近郊のキャンプ場

秋にネイチャーツアーが楽しめる関東近郊のキャンプ場を4つ紹介します。

【富士山麓】PICA Fujiyama

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場
出典 PICA Fujiyama

富士山の北側の山麓にある「PICA Fujiyama」は、コテージやグランピングも楽しめる高規格なキャンプ場。キャンプ場場内からは雄大な富士山が望めます。

キャンプ場から徒歩10分のところにある「河口湖フィールドセンター」では、溶岩樹型が見られるネイチャーガイドウォークを開催しています。溶岩樹型とは富士山の溶岩が作り出した井戸穴のような空洞で、ここでは国内最大規模のものが見られます。

PICA Fujiyama

住所山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
電話番号0555-30-4580(PICAヘルプデスク)

河口湖フィールドセンター

料金ホリデーガイドウォーク:大人1,000円、小中高500円
住所山梨県南都留郡富士河口湖町船津6603
電話番号0555-72-4331

【奥多摩】氷川キャンプ場

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場
出典 氷川キャンプ場

奥多摩駅から徒歩4分のところにある「氷川キャンプ場」は、川沿いの自然豊かなフリーサイトのキャンプ場です。設備やレンタルが充実しており、食材なども現地で購入できます。

おくたま地域振興財団では、奥多摩駅から出発する森林セラピーツアーを開催しています。森林のもつ癒し効果で、こころと身体をリフレッシュさせましょう。奥多摩町の認定ガイドである、自然・郷土史・医療等の知識を備えた「森林セラピーアシスター」がガイドしてくれます。

氷川キャンプ場

利用料テントサイト:1,500円~
住所東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
電話番号0428-83-2134

おくたま地域振興財団

料金森林セラピーツアー:5,000円~
住所東京都西多摩郡奥多摩町氷川215番地6
電話番号0428-83-8855

【ひたちなか】田の上キャンプ場

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場

「田の上キャンプ場」は海沿いのキャンプ場で、波音のBGMがキャンパーたちを癒してくれます。地域の人たちに愛された昔ながらのキャンプ場ですが、管理は行き届いており不便さはありません。手ぶらBBQサービスもあります。

徒歩10分のところにある国営ひたち海浜公園では、普段は入れない自然保護区「沢田湧水」ガイドツアーや秋の野鳥観察会、セグウェイツアーなど季節に応じたプログラムを多数開催しています。

田の上キャンプ場

利用料オートサイト:5,000円~
住所茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町552-1
電話番号029-265-8082

国営ひたち海浜公園

料金https://hitachikaihin.jp/kaihin_events/event_2248/”>沢田湧水ガイドツアー:無料
住所茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号029-265-9001

【昭島】モリパークキャンプ

秋にネイチャーガイドも楽しめる近隣キャンプ場
出典 モリパークキャンプ

モリパーク アウトドアヴィレッジに併設された新しいキャンプ場。知識豊富なスタッフが24時間常駐しています。レンタルが充実していたり、薪割り体験ができたりと、初心者キャンパーさんにも心強く、快適にキャンプを楽しめますね。

車で約20分のところにある国営昭和記念公園では、自然の住人の悩みを解決するネイチャークエストやアプリを使った自然発見ビンゴなど、親子で気軽に楽しめるプログラムが数多く開催されています。

モリパークキャンプ

料金1区画1泊:13,200円
住所東京都昭島市田中町610-4(モリパーク アウトドアヴィレッジ スピードクライミングウォール前広場)
電話番号070-3985-4878

国営昭和記念公園

料金入園料:450円~ ※別途プログラム参加料金
住所東京都立川市緑町 3173
電話番号04-2528-1751
ネイチャーツアーに参加すると、地域の自然環境を深く学ぶことができます。そして、自然に親しめば親しむほど、キャンプでも自然観察ができるようになり、どんどん楽しみが増えるでしょう。秋はハイキングやキャンプに最適な気候で、山や森は紅葉に染まります。今回紹介したキャンプ場では、近隣で秋のネイチャーツアーも楽しめるので、ぜひ訪れてみてください。
   
   

キャンプ場カテゴリの最新記事