アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

カゴがなくても荷物が運べる自転車「TOTE-BIKE(トートバイク)」を発売

カゴがなくても荷物が運べる自転車「TOTE-BIKE(トートバイク)」を発売
トートフレーム構造を採用し、新しい「運ぶ」を創る小径自転車 TOTE-BIKE(トートバイク)を全国のDAIWA CYCLEおよびオンラインストアで発売します。通勤・通学、買い物で荷物を運ぶのに当たり前に使われている前かご。ダイワサイクルは自転車のフレーム自体に荷物を載せられる“トートフレーム構造”を採用し、前かごが無くても手軽に多くの荷物を安心・安全に運べる自転車 TOTE-BIKEを開発しました。

TOTE-BIKE(トートバイク)

トートフレーム構造

TOTE-BIKE(トートバイク)

トートフレーム構造と命名された、フレームの中央にトートバッグに似た深型の構造がTOTE-BIKEの最大の特徴。

TOTE-BIKE(トートバイク)

十分な強度を持ちながら、前かごよりももっと手軽で便利に使える荷物スペースになっています。

TOTE-BIKE(トートバイク)

大きなバスケット容量を確保しつつもペダルを漕ぐ姿勢を考え、前を広く、後ろを細くして膝やふくらはぎがフレームにぶつかりにくいように設計。
自転車としての基本機能を損なうことなく、新しい機能を付加することに成功しました。

新しい「運ぶ」を創る

TOTE-BIKE(トートバイク)

1. 仕事を運ぶ
 A4ノートPCが入るビジネスバッグ(幅42cm×高さ30cm×幅11.5cm)がすっぽり入ります。

TOTE-BIKE(トートバイク)

2. 遊びを運ぶ
 小さく見えるトートフレーム構造も、深いので長い荷物をしっかり積載。

TOTE-BIKE(トートバイク)

テント・テーブル、椅子を載せても安全に走ることができるので、家族での気軽なピクニックにピッタリ。
小さなボディに驚きの積載量を誇ります。

TOTE-BIKE(トートバイク)

3. もっと運ぶ
 別売りの前かご、あるいは後かごを搭載すれば、更に多くの荷物を運ぶことができます。

ページ: 1 2
   
   

ロードバイクカテゴリの最新記事