ダウン専用のメンテナンスウォッシュ!驚異のロフト回復力!「ECOダウンウォッシュ」

アウトドア愛好家から救命のプロまでが学ぶ『ウィルダネスファーストエイド』とは?

アウトドア愛好家から救命のプロまでが学ぶ『ウィルダネスファーストエイド』とは?
   
「ウィルダネスファーストエイド」という言葉を聞いたことがありますか?日本語では「野外・災害救急法」といわれ、アウトドアフィールドで事故が起きて負傷者が出たときや、急病人が出たとき、医療体制へ引き継ぐまでに施す救急処置のことを指します。なかなか救助が来ない、周りに誰もいない、最低限のものしか無いという状況での処置は、一般的な応急手当の方法とは全く異なるものです。講習会は実際に野外で行われ、数日間かけてガッチリ学ぶことができます。アウトドアスポーツを愛する方、山岳ガイドを目指している方だけでなく、災害ボランティアの方も多く受講しているんですよ。そんな「ウィルダネスファーストエイド」とはどんなものなのか、詳しく紹介していきましょう。
   

ウィルダネスファーストエイドって何?

医療アクセスが過酷な環境や災害などの状況でも「いのちをつなぐ」救急法、それが「野外・災害救急法」です。カリキュラムはウィルダネス状況下(医療体系への引き継ぎや必要な処置を受けるまでに長時間を要する状況)で必要とされる評価と処置、また長時間に 及ぶ経過観察と看護、過酷な自然環境下での考え方などを体系的にまとめた内容です。座学を通じて頭で理論的に理解し、次いで実技を通じ体で覚える学習スタイルもその特徴の日本では新しい救急法です。出典:ウィルダネスファーストエイドアソシエイツジャパン

「Wilderness」は直訳すると、「人の姿も気配もない場所・荒野」という意味。

人の気配がないような山中では、救助を要請してから傷病者が病院で医療処置を受けられるまで、かなりの時間を要してしまいます。

これを「ウィルダネス状況下」と呼びます。

アウトドアでは、天候の変化、落石、雪崩、滑落、洪水など様々なアクシデントに遭遇する可能性がありますよね。

たとえ低山のハイキングでも、のどかな里川の釣りでも、条件次第では「ウィルダネス状況下」に陥ってしまうことがあります。

また、「ウィルダネス状況下」はアウトドアだけでなく、日常でも起こりうることです。

首都圏で大雪が降れば道路が大渋滞し、救急車の到着が大幅に遅れます。

東日本大震災のときは、回線が混雑しすぎて何時間も電話が繋がらない状況でしたよね。

これもまた「ウィルダネス状況下」といえるでしょう。

ウィルダネスファーストエイド(以下WFA)とは、こうした状況で「いのちをつなぐ」救急法なんです。

WFAの発祥は、広大な森林・山岳地帯を有するカナダや北米です。

1980年代頃から、現地の登山ガイドやカヤックガイドなど、アウトドアのプロフェッショナル達によって指針が作られ普及していきました。

日本で本格的にWFAの講習が始まったのは2000年代に入ってからと、ごく最近のこと。

講習を実施している団体もまだまだ少ないのが現状です。

しかし、WFAはアウトドアフィールドのみならず、地震などの災害が起きたときも非常に役立つため、今後国内でもどんどん普及していくことでしょう。

 

 

 


 

 

 

一般的な応急手当との違い

WFAがアウトドアでの事故を想定していることに対し、一般的な応急手当は都市で起こることを想定していることが決定的に違う部分です。

一般的な応急手当では、救急車が到着するまでの数分〜数十分間の処置が主になります。

都市部では人手も物資も潤沢にあり、インフラも整っていますよね。

一方WFAはウィルダネス状況下ですから、救助が来るまでの時間は数時間または数日間に及ぶこともあります。

使用できる物資が限られているという点も大きな違いです。

またWFAでは、傷病人の応急手当の他に、現場からの退避計画など、状況を悪化させないためのリスクマネジメントも重点的に学びます。

 

出典:ウィルダネスファーストエイドアソシエイツジャパン

 

 


 

 







資格検定・認定講習カテゴリの最新記事