ロードバイク・マウンテンバイクでツーリングキャンプに行こう♪テント選びのポイント&おすすめ3選

Greenfield

ロードバイク・マウンテンバイクでツーリングキャンプに行こう♪テント選びのポイント&おすすめ3選

キャンプツーリングで使用するテント。何を選んだら良いか迷ってしまいますよね。ロードバイク&マウンテンバイクでも積んで持っていくテントは、一般的なキャンプで使用するテントとは異なり、いくつかのポイントを意識して購入しなければなりません。そこで今回は、ロードバイクやマウンテンバイクに乗ってキャンプがしたい人向けに、テント選びのポイントとおすすめのテントを紹介します。

ロードバイク・マウンテンバイク用テントの種類について

 

テントと一言で言っても、機能性やツーリングのスタイルによって選ぶべきテントは種類が異なります。

ここでは、ロードバイクやマウンテンバイクでキャンプをする時におすすめしたいテントの種類についてご紹介致します。

自分に合ったテントを購入できるようにしましょう。

シングルウォールテント

その名の通り、1枚の壁を使用したテントのこと。

他のテントと比べ軽量であるという利点があります。

しかし、その分居住性は低く、温度変化に対応することが難しいため、テントを立てる場所を選びます。

機動性は高いのですが、テントとしての快適性はイマイチなので、装備の軽さを重視する人にはおすすめですが、キャンプ初心者には扱いづらいテントといえるでしょう。

 

ダブルウォールテント

シングルウォールテントに対して、2枚の壁を使用しているテントのこと。

シングルウォールに比べて快適性が高く、湿気や寒さに耐えることができますが、その分重量が増えます。

重量の問題はありますが、キャンプ初心者にとってはこのダブルウォールテントを選ぶのが無難といえるでしょう。

 

ツーリングテント

バイクツーリング向けに販売されているテントです。

コンパクトで軽量ながら、快適性の高いダブルウォールテントというイメージです。

シングルウォールテントとダブルウォールテントのいいとこ取りをしたようなテントですが、多くの場合バイク用に設計されているので、自転車で走るには少し重いという難点があります。

 

 

ロードバイク・マウンテンバイクでキャンプをするときのテントを選ぶポイント

次は、テントを選ぶポイントについて説明していきます。

考慮すべきポイントは3つありますので順に解説します。

 

軽量性

自転車に積んで走ることを考慮すると、軽さというのはとても重要となってきます。

長距離を走るならなおさら、少しでも荷物を軽くしておきたいはずです。

自転車に積んで走るテントの重量の目安としては、おおよそ3kg以内と言われており、できれば1kg以内に抑えると快適に走ることができます。

 

収納時のサイズ

ロードバイクやマウンテンバイクにテントを乗せるときには、たたんだ状態で積むことになります。

つまり、テントをたたんで収納した時のサイズがコンパクトであればあるほど良く、他の荷物の邪魔にもなりません。

 

快適性

テントを使う以上はその中に入って過ごすことになるので、テントの中の快適性はとても重要です。

主なポイントとしては、広さ、防水性、気温変化です。

テントの中には自分以外にも荷物を入れるので、できれば1~2人用のテントがいいでしょう。

また、雨風や寒さをしのぐために、防水性や気温変化に強いものを選ぶといいでしょう。

しかし、防水性能や気温変化に強いものは、その分軽量性やコンパクトさを犠牲にしてしまうので、バランスよく考慮することがとても重要です。

 

 

おすすめのテント3選

 

ここからはロードバイク・マウンテンバイクでのキャンプにおすすめのテントを紹介します。

 

mont-bell(モンベル) U.L.ドームシェルター 1/CYL

 

 

・収容人数:1~2人

・重量720g

・収納サイズ:本体:約直径10㎝×約25cm

・ポールバッグ:約φ直径5㎝×約46cm

 

自立式ドーム型ツェルトと呼ばれるシングルウォールテントで、春から秋にかけて使うことができるテント。

重量が1㎏をきる超軽量タイプなので、軽いテントが欲しいという人にはおすすめです。

また、ダブルウォールテントには及びませんが、防水性や快適性に関しても高いレベルで両立させています。

 

モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 1型

 

 

・収容人数:1~2人

・重量:2.1㎏

・収納サイズ:直径15cm×40cm

 

ツーリング用テントとして定番商品といわれているのが、このモンベルのムーンライトテントです。

様々なツーリングスタイルで使うことができる、オールマイティでハイクオリティなテントです。

収納した時のコンパクトさや、快適性、設営の容易さなど初心者でも扱いやすく、重量も抑えられています。

テントについて知識がないのであれば、こちらを選べば無難でしょう。

 

コールマン テント ツーリングドームST

 

・収容人数:1~2人

・重量:4.4㎏

・収納サイズ:直径23×54cm

 

重量が他のテントと比べて重いことが難点ではありますが、その分高い快適性を持っているテントです。

防水性や室内空間などはとても優れており、荷物を入れてもゆったり寝ることができますし、雨が降っていても快適に過ごすことができます。

重量が重くても快適に過ごしたいという人にはとてもおすすめの商品です。

 

 

まとめ

ロードバイクやマウンテンバイクに乗ってのキャンプを考えている人にとって、テント選びはまず最初に悩むことだと思います。種類がたくさんあってわからないという人でも、ポイントをしっかり押さえれば、必ず自分に合ったテントを見つけることができますよ。

公式アカウント

関連記事