半永久的ににおわない!「mil-spec ミルスペック」海上自衛隊のために作られた消臭タオル

ランニング中でも苦しくならないマスクBuff(バフ)ご存知ですか?おすすめ商品も!

ランニング中でも苦しくならないマスクBuff(バフ)ご存知ですか?おすすめ商品も!
   
公園や河川敷などではあいかわらずたくさんの方が走っていますね。そういう筆者も人の少ない早朝をねらって、毎日ランニングしています。今回は、そんなランニング中でもできるマスクをご紹介します。
   

ランニング中もマスクをしよう

Buff(バフ) マスク

最近、家にこもっているという人が多いのではないでしょうか。ずっと家で過ごしているとストレスもたまりますよね。

精神衛生を保つためにも、外に出て適度な運動をして心身ともにリフレッシュすることは、大切です。

広い場所でのランニングは、きちんとした距離を保っていれば安心な気がしますが、ランナーではない周りの人からすればやはり不安を感じます。

時節柄、マスクをすることは最低限のマナーと考えた方がよいでしょう。しかし、ランニング中のマスクは息苦しいので、できれば着用したくないですよね。

そこで今回は、ランニング中でも着用できるマスク選びのポイントと、おすすめのマスクをご紹介します。

 

ランニング中のマスク、ポイントは苦しくない素材選び

Buff(バフ) マスク

 

マスクを着用して走ったことのある人はわかると思いますが、ランニング中はとくに息の湿気がマスクの内側に付着します。ちょうど濡れタオルで鼻と口をふさがれた形になるため、とてもじゃないけれど息苦しくて走れません。

しかし、高い伸縮性能と吸水速乾性能を持つポリエステルや、マイクロファイバーポリエステルなどの素材であれば、息の湿気を素早く吸収して蒸発させるため、ランニング中でも息苦しくなることが少ないです。

マイクロファイバーポリエステルは、今流行りのBuff(バフ)にも使用されている素材です。

 

ランニング中も着用できるマスクBuff(バフ)

いま、Buff(バフ)と呼ばれる口や鼻を覆う、ランニング中にマスク代わりになるグッズに人気が集まっています。

Amazonなどの通販サイトでも売り切れが続出。そのひとつの要因になっているのが、こちらの山中教授の呼びかけです。

山中教授も推奨するBuff(バフ)

山中教授も推奨するBuff(バフ)をいくつかご紹介します。

Buff ThermoNet Headwear〜ミストアクア

Buff ThermoNet Headwear〜ミストアクア

リサイクルボトルから作られたポリエステルマイクロファイバーで、環境に配慮されたBUFFです。涼しげな柄でこれからの時期にちょうど良いです。

スカルライダー マルチ ポーラー 大人サイズ
スカルライダー マルチ ポーラー 大人サイズ

弾力性と吸湿速乾性能にすぐれたポリエステル素材のBuff(バフ)です。フリース素材で有名なポーラテック社の商品。

速乾性に優れたポリエルテル素材に注目してさまざまなアイテムを開発しています。

フェイスマスクダスト風紫外線対策スカーフ

マイクロファイバーポリエステル素材のBuff(バフ)です。通気性がよく、繊細で滑らかな肌触り、弾力性に富み吸汗速乾、吸湿放湿性能にすぐれています。防風や防寒、花粉症対策にもおすすめ。

多機能3Dスカルターバンヘッドウェア

多機能3Dスカルターバンヘッドウェア

ユニークなデザインが豊富にそろったBuff(バフ)。伸縮性能や通気性に富んだ防湿マイクロファイバーです。

ネックゲートル、バンダナバフチューブスカーフマスク

薄くてひんやりとした肌触りのポリエステル素材を採用したBuff(バフ)。UVカット素材のため紫外線対策にもなります。ランニングをはじめ、登山やスノーボードなどにも最適です。

Bassdash(バスダッシュ) ネックガード UVネックゲイター ロードバイク

伸縮性能にすぐれ子供から大人まで幅広い層に対応しています。4色セットになっているので、家族全員で使えます。軽くて薄いポリエステル素材を使用。吸湿速乾性能にすぐれ、ランニングに最適です。

 

ランニング用Buff(バフ)を手作りしよう

Buff(バフ) マスク

好きな柄だったけどもう着なくなったTシャツがあったら、ランニング用Buff(バフ)を手作りしてみませんか?

素材としては、吸湿速乾・伸縮性能にすぐれたランニングウェアなどがおすすめです。伸縮性能にすぐれているため、顔にぴったりフィットします。

マスクとちがってBuff(バフ)はシンプルな筒状をしているので、作り方はとても簡単です。

ランニングウェアの「EXIO(エクシオ) コンプレッションウェア」(ポリエステル)などは伸縮性と通気性にすぐれているため、バフの素材としても最適だと思います。

Buff(バフ)の作り方

①ミシンがある方は、自分のサイズに合わせて生地を細長い帯状にカットし、周囲をほつれ止め縫いします。

②周囲のほつれ止め縫いが終わったら、帯状の端と端を縫い合わせればバフの完成です。

※ミシンがない方は糸と針があれば縫えます。縫うのが難しい方は、裁縫用のボンドがあれば作れますよ。

まとめ

バフがあれば周りの人を不快にさせることなくランニングができそうですね。しかし、バフを巻いたからといって、飛沫を完全に防止できるわけではありません。あくまでも周囲の方への配慮だと心得ていてください。どうしても走りたいときには、バフを巻いていてもきちんと距離を保ち(2m以上)、できるだけ人のいない場所で走ることが大切です。






ランニングカテゴリの最新記事