※当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。
ランニングやワークアウト用にスマホからアップルウォッチ(AppleWatch)にしようかと考えているかたは多いはずです。でも値段や画面の小ささがネックになっているというケースもあるでしょう。アップルウォッチ(AppleWatch)の使いかたや購入しやすい価格帯のおすすめのアイテムを紹介していきます。

目次

アップルウォッチはGPSモデルとCellular(セルラー)モデルの2タイプ

ランニング アップルウォッチ

アップルウォッチ(AppleWatch)には、GPSモデルとCellular(セルラー)モデルの2つのタイプがあります。以下で両者の違いを簡単にまとめました。

  GPSモデル GPS+Cellularモデル
電話やメッセージ iPhoneが必要 iPhoneがなくても単体で通信できる
ランニングアプリ 使用可能 使用可能
GPSアプリ 使用可能 使用可能
音楽 保存した音楽再生は可能
ただしストリーミング再生は不可
保存した音楽もストリーミング再生も可能
SuicaやPasmoの利用 可能(ただしチャージは不可) 可能
価格や毎月の通信料(ランニングコスト) GPS + Cellularモデルよりも1万円以上安く、毎月のランニングコストもかからない GPSモデルよりも1万円〜2万円ほど高く、毎月のデータ通信料(ランニングコスト)がかかる

ランニングやワークアウトに使用するためにアップルウォッチ(AppleWatch)を購入するのでしたら、GPSモデルでじゅうぶんでしょう。

走りながら電話やメールのやりとりをしたいかたは、iPhoneがなくても単体で通信できるGPS + Cellularモデルにしてください。

アップルウォッチのGPSモデル

アップルウォッチ(AppleWatch)のGPSモデルは、GPSとBluetoothを搭載したモデルです。

iPhoneとBluetooth接続することで、電話やテキストメッセージの送受信、通知の受け取り、音楽の再生、アプリの使用など、さまざまな機能を利用できます。

具体的な機能としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 音楽の再生、アプリの使用
  • ワークアウトの記録、ナビゲーションの情報を表示
  • 心拍数、睡眠、ストレスなどの計測・管理
  • BLUEMORIS(ブルーモリス)
  • 緊急時に助けを呼ぶための通知

アップルウォッチのCellular(セルラー)モデル

アップルウォッチ(AppleWatch)のCellularモデルは、GPS、Bluetooth、そしてセルラー通信を搭載したモデルです。

Cellularモデルは、通信事業者と契約してSIMカードを挿入する必要があります。

メリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • iPhoneがなくても電話やメッセージの送受信ができる
  • iPhoneから離れてワークアウトの記録や設定ができる
  • 緊急時に助けを呼ぶための通知機能が使える

【Ultra, SEなど】ランニングに使えるアップルウォッチ機種を比較

ここでは、現在発売されているアップルウォッチの各機種における最新モデルをご紹介します。

アップルウォッチの主な機種は

  • Apple Watch Series
  • Apple Watch Ultra
  • Apple Watch SE

の3種類です。各機種の最新モデルの特徴や機能を表にまとめました。

  SE(第二世代) Series 9 Ultra 2
特徴 そのサイズと価格から最も手軽に使えるエントリーモデル デザインも性能もどちらも高水準。バランスの良い機種 Apple Watch史上最も頑丈かつ最も画面が大きい。機能性重視
発売日 2022年9月16日 2023年9月22日 2023年9月22日
価格(税込) 34,800円~ 59,800円~ 128,800円~
サイズ 40mmまたは44mmケース 41mmまたは45mmケース 49mmケース
ケース素材・カラー アルミニウム:3色 アルミニウム:5色

ステンレス:3色

チタニウム:1色
GPS or GPS+Cellular GPSとGPS+Cellular GPS とGPS+Cellular GPS+Cellularのみ
バッテリー容量 最大18時間 最大18時間

*低電力モードで最大36時間

*高速充電可

最大36時間

*低電力モードで最大72時間

*高速充電可

常時点灯ディスプレイ ×
CPU S8 SiP S9 SiP S9 SiP
今モデルから追加された機能 衝突事故検出機能

S8 SiP

ダブルタップジェスチャー

S9 SiP

ダブルタップジェスチャー

S9 SiP

「モジュラーUltra」文字盤

Apple Watch SE(第二世代)

Apple Watch SEの最新版は2022年に発売された第二世代です。Apple Watch SE(第二世代)は、比較的手頃な価格のエントリーモデルです。3機種の中ではサイズが1番小さく、1番安価です。

Apple Watch SEは、耐水性能やセルラー通信など、Appleの最新の機能やテクノロジーの一部を備えながら、より高価なモデルよりも一部の機能や特徴が制限されています。しかし、日常的に使用する分には十分な機能を兼ね備えているため、費用対効果は高いと言えるでしょう。

第一世代との違いは、CPUの性能です。第一世代のS5 SiPと比べて、第二世代に搭載されているS8 SiPは処理速度が20パーセント向上しており、アプリの起動や操作がよりスムーズになりました。また、第二世代には、事故に遭ったときに自動で周りに知らせてくれる衝突事故検出機能が搭載されています。

Apple Watch Series 9

Apple Watch Series 9は、SEより高性能でUltraより低価格という、最もスタンダードなモデルです。SEとの違いは、CPUの性能、常時点灯ディスプレイの有無、画面の明るさ、一部ヘルスアプリの有無などがあります。

CPUには、SE第二世代やSeires 8のS8 SiPより処理速度が30パーセント速いS9 SiPが使用されており、これによって操作性が向上します。これに関連してダブルタップでの操作ができるようになりました。

ダブルタップジェスチャー、すなわちアップルウォッチを着けた手の人差し指と親指を2回合わせる動作によって、画面に触れなくても通話の着信や切断、音楽の再生や停止などの操作が可能です。

常時点灯ディスプレイは、しばらく手の動きがなかったり、手を下に下げたりしても画面がスリープ状態にならず、常に画面がオンの状態になる機能のことです。ランニング中に自分のタイムをすぐに確認したい人にとっては便利な機能だと言えるでしょう。

SEにはない「血中酸素ウェルネスアプリ」「心電図アプリ」といったヘルスアプリが使えることも特徴です。ランニングには健康管理が欠かせないため、こうしたアプリを使用して自分の健康状態を確認できるのは大きなメリットです。

Ultra 2と比較すると機能面では劣りますが、デザインに優れています。Series 9は3機種の中で最もカラーバリエーションが豊富で、アルミニウムケース5色・ステンレスケース3色の計8色あります。見た目を重視したい人や、ステンレス製の時計を使いたい人におすすめです。

Apple Watch Ultra 2

3機種の中で1番高性能なApple Watch Ultra 2。最大の特徴はその耐久性の高さです。3機種の中で唯一、ケースにチタンを使用しており、従来のステンレススチールより軽量かつ耐久性に優れています。

歴代アップルウォッチの中で最も画面が大きいモデルなので、重さが気になるところですが、チタンを使用することで画面の大きさほど重さを感じさせない仕様になっています。

バッテリーは低電力モードにすることでSeries 9の2倍の、最大72時間保持できます。

また、Series 9に搭載されている「ダブルタップジェスチャー」「常時点灯ディスプレイ」「心電図アプリ」などに加えて、Series 9にはない機能を兼ね備えています。ここでは代表的なものを2つ紹介します。1つ目は「デュアル周波数GPS」です。周波数の異なる2つのGPSを統合することで、ランニングの距離やペース、経路をより正確に計算できます。

2つ目は「アクションボタン」です。アクションボタンは側面についているオレンジのボタンで、1回ボタンを押すだけでワークアウトなどの機能を瞬時に開始できるという機能です。アクションボタンでできることのうち、ランニングで使用できそうな機能は以下です。

  • ワークアウトの開始
  • ストップウォッチの使用
  • フラッシュライトの使用
  • ショートカット

ランニング中は画面をじっと見るのが難しいはずなので、こうした機能があるとよりランニングが捗るでしょう。

また、初代Ultraとの大きな違いは、「モジュラーUltra文字盤」が追加されたことです。Apple Watch Ultra 2は歴代アップルウォッチの中で最も画面が大きく、画面が明るいため、他の機種や初代Ultraと比べて画面が見やすいです。

その大きい画面を活かしたモジュラーUltra文字盤は、秒数や高度、深度などのリアルタイムのデータを表示します。屋外でのスポーツ・水中・水上での運動・登山での運動など、アクティビティの場所に合わせて表示するデータをカスタマイズできます。ランニング以外にも、水泳や登山など様々な活動を行う人におすすめです。

3機種はそれぞれ価格や機能に大きな違いがあるので、自身の予算やランニングのスタイルに合わせて選びましょう。次は最新モデルだけでなく、過去のモデルも含めておすすめのアップルウォッチを紹介します。

おすすめのアップルウォッチを紹介

ランニング アップルウォッチ
上記の選ぶポイントをふまえて筆者おすすめのアップルウォッチ(GPSモデル)を紹介します。各機種の最新モデルも紹介しましたが、機能だけでなく価格も考慮して総合的に選んだので、ぜひ参考にしてください。

AppleWatch SE(第2世代) GPS + Cellular

ランニングをはじめ、ウォーキングやアウトドア、サイクリングなどのアクティブなシーンにおすすめのアップルウォッチです。

雨や汗でも問題なく使える耐水性能、Apple Musicには、数千万曲がラインナップ。また、Siriによる音声での操作が可能となっています。

簡単なカスタマイズ — 幅広いスタイル、素材、カラーをそろえたバンドと、思いのままにカスタマイズできる文字盤。気分やシーンに合わせてAppleWatchの印象を変えましょう。

AppleWatch SE(第2世代) GPS + Cellular
AppleWatch SE(第2世代) GPS + Cellular

AppleWatch Series 8 GPSモデル

Series 8では血中酸素濃度を測定するアプリやGPSアプリを標準装備しており、常時表示ができる現状唯一のモデルです。

常時表示Retinaディスプレイ、泳げる耐水性能も完備。また、転倒検出、緊急SOS、衝突事故検出などの先進的な安全機能もついています。

AppleWatch Series 8 GPSモデル 41mmケース
AppleWatch Series 8 GPSモデル 41mmケース

ランニングに使えるおすすめアプリの紹介はこちら

ランニングに便利なおすすめのアプリについては、以下の既存記事をご覧ください。

ランニングアプリ
現役ランナーが推奨するランニングアプリ!体調管理などができる便利機能も

アップルウォッチがあるとランニングがこんなに便利になる

ランニング アップルウォッチ

アップルウォッチ(AppleWatch)はあなたのランニングライフを劇的に変えてくれるはずです。以下ではどんな便利な機能があるのか紹介していきます。

機能①さまざまなランニングアプリが単体で直接使える

ランニングのワークアウトに使用できるガーミンとアップルウォッチ(AppleWatch)の最大の違いは、さまざまなランニングアプリをダウンロードして単体で使用できる点にあります。

ガーミンの場合は「Garmin Connect」経由でスマホのアプリへ情報を転送しなくてはなりません。

また、ランニングなどワークアウトにおけるペース配分はとても重要です。とくにマラソンなどのレースでは、ペース配分がタイムを左右するといっても過言ではありません。

アップルウォッチ(AppleWatch)のランニングアプリを使って、自動的に走りのペース配分を表示してくれるので正確に計測し情報を確認することができサポートしてくれます。

ランニングアプリなどを連続して使っていく場合は、6時間程度でバッテリー切れになるおそれがあります。

マラソンなどを走る場合には、省電力モードに設定しておくことで、アップルウォッチ(AppleWatch)のバッテリー切れを防ぐことができます。

機能②GPS機能をそなえているため距離や現在地点がよくわかる

アップルウォッチ(AppleWatch)にランニングアプリをダウンロードすることで、現在地やゴールの地点、ゴールまでの距離や時間などが表示される設定になります。

日頃のランニングやワークアウトはもとより、マラソンなどのレースのときに役立ちます。

GPS機能はハイキングや登山のときにも大活躍してくれるでしょう。

機能③音楽を楽しみながらランニングができる

アップルウォッチ(AppleWatch)に保存しているポッドキャストなどの音楽を選択して再生して楽しむことができます。

スクロールをしてボタンを押すことなくSiriに「○○を再生」と音声でたのむことで、音楽が再生されるため、ワークアウトなど走りながらの操作が簡単です。

機能④電話やメールのやりとりができる

GPS+Cellularモデルはモバイルデータ通信の契約をすれば、スマホがなくてもアップルウォッチ(AppleWatch)単体で電話やメッセージが表示され送受信がおこなえます。

利用できるのはキャリア携帯会社のみで格安携帯会社は利用できません。また、モバイルデータの通信料が別途かかり、月額400円〜500円程度です。

そのほか使用するiPhoneと同じキャリアである必要があります。詳しくはこちらでご確認ください。

参照:Apple公式サイト

機能⑤耐水性能なので雨や汗に濡れても大丈夫

アップルウォッチ(AppleWatch)は耐水性能をそなえているため、突然の雨や汗、スイミングでの使用やシャワーを浴びて濡れても大丈夫です。

アップルウォッチのランニング利用は初心者のユーザーにもおすすめ

トレイルランニング 注意点

アップルウォッチ(AppleWatch)のランニングやワークアウト利用は、屋外でのランニングや室内ランニングの距離、コース、時間、ペース、心拍数、消費カロリーなどの情報を表示し記録できます。

正確なペース配分や走る距離、現在地とゴールまでの距離などを計測し表示して把握したい人におすすめです。

初心者の場合、自分のランニングやワークアウトがどのようになっているのかを把握することが大切です。

アップルウォッチを使って、簡単にランニングやワークアウトの記録や分析ができるので、自分のランニングやワークアウトを客観的に評価して、より効果的にサポートしてくれます。

また、ランニングなどワークアウト中に体調不良や事故に遭った場合、アップルウォッチを使って周りに知らせることができるので、万が一の際にも安心です。

必ずパーソナルデータを入力しておきましょう。

筆者ならこう選ぶ!ランニングに使用するアップルウォッチの選び方

ランニング アップルウォッチ

ポイント①スポーツバンドのアップルウォッチがおすすめ

スポーツバンドは肌にフィットしてなじみやすく、ランニングなどのワークアウトで激しい運動をしてもズレる心配がありません。シンプルな設計でありながら付け外しも簡単です。

ポイント②目的のアプリがダウンロードできる機種を選ぶ

使用したいランニングアプリが使えるアップルウォッチ(AppleWatch)の機種を選びましょう。たとえば、ランニングやワークアウト中の心肺機能などの記録やデータが知りたい場合には、少し上位機種のアップルウォッチが必要なことがあります。

ポイント③GPSモデルとGPS+Cellularモデルのどちらにするのか

上記で簡単にまとめましたが、アップルウォッチ(AppleWatch)にはGPSモデルとGPS+Cellularモデルの2種類があります。

筆者は、格安携帯会社と契約しているので通信はスマホでおこない、アップルウォッチ(AppleWatch)はランニングや登山のために使用するつもりです。

ランニングアプリが使用できて現在地点を特定するGPS機能が備わっているGPSモデルでじゅうぶんだと考えています。

また、毎月の支払い(ランニングコスト)がいらないところもGPSモデルのメリットです。

ランニングウォッチ
ランニングウォッチに必要な機能とは?選ぶポイントとおすすめを紹介

ランニングをより楽しくするアップルウォッチのカスタム

アップルウォッチは本体の色とサイズ以外にも、バンドをカスタマイズして見た目を変えられます。アップルが販売しているバンドにはいくつか種類がありますが、主要なタイプを紹介します。

スポーツループ

ナイロン製の柔らかく軽いバンドです。通気性がよく、面ファスナーで簡単に調節できるため、ランニング時に最適のバンドでしょう。ライトブルーやピンク、ブラックやホワイトなどオーソドックスで使いやすい色が揃っています。

 Apple Watch Band - 41mmケース用ウインターブルースポーツループ
Apple Watch Band – 41mmケース用ウインターブルースポーツループ

スポーツバンド

フルオロエラストマー製のバンドで、名前の通りスポーティな見た目をしています。ピンで留めるだけで装着できますが、外れにくいうえに、ピンの突起が抑えられているためデスクワークで邪魔になりにくいです。スポーツ以外の場面でも使いやすいバンドです。

Apple Watch 41mmケース用スレートブルースポーツバンド
Apple Watch 41mmケース用スレートブルースポーツバンド

ソロループ

伸縮性のある液状シリコーンゴムが使用されています。バックルやクラスプがなく、着け心地の良さにこだわったバンドです。デザインはシンプルで、単色の6つのバンドが販売されています。

ステンレススチール

優れた耐食性能を持ち、金属アレルギー反応を起こしにくいステンレススチールアロイから作られたバンドです。他のバンドと比べて見た目に高級感や重厚感があり、ランニング時のみならずビジネスにおいても使用できるでしょう。カラーバリエーションについてもゴールドやシルバー、ブラックなど落ち着いた色が揃っています。

これらのバンドの他にも、現時点では12のバンドタイプが販売されており、それぞれに多様なデザインやカラーが用意されているので、自分の好みに合ったバンドを選びましょう。

また、同じバンドを使い続けるだけでなく、その日の気分に合わせてバンドを付け替えるという楽しみ方もできます。楽しくランニングするために、自分好みにアップルウォッチをカスタマイズしてみてくださいね。

ランニングでアップルウォッチを使う際の注意点

ランニング 効果 距離

アップルウォッチ(AppleWatch)は、ランニングやワークアウト中にGPSや心拍数センサーを常時使用するため、バッテリーの消耗が激しくなります。

そのため、フルマラソン・ランニングやワークアウトをする場合は、バッテリー残量に十分注意しましょう。

バッテリー持ちを良くするためには、以下の方法があります。

  • 画面の明るさを下げる
  • 常にオン機能をオフに設定する
  • 心拍数センサーの自動検出をオフに設定する
  • 音楽を聴く場合は、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使用する

また、アップルウォッチ(AppleWatch)は、正しく装着されていないと、ランニングやワークアウト中に外れたり、データの記録や計測が正しく行われなかったりする可能性があります。

正しい装着位置は、手首の骨の突起部分の真上が理想です。バンドは、きつすぎず、緩すぎないように調整しましょう。

筆者も導入を検討しているアップルウォッチ(AppleWatch)について調べてみました。近所の携帯ショップなどで直接購入することができますが、Amazonの方が安いようです。ランニングしながら電話やメールをしたいというかたは、Cellularモデルが必要となりますが、そうでない場合はランニングアプリやGPS機能が使えるGPSモデルでじゅうぶんだと思います。

ライター

Greenfield編集部

【自然と学び 遊ぶをつなぐ】
日本のアウトドア・レジャースポーツ産業の発展を促進する事を目的に掲げ記事を配信をするGreenfield編集部。これからアウトドア・レジャースポーツにチャレンジする方、初級者から中級者の方々をサポートいたします。