ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ランニングに便利なアップルウォッチが欲しい!使いかたや選びかたを徹底解説します

ランニングに便利なアップルウォッチが欲しい!使いかたや選びかたを徹底解説します
ランニング用にスマホからアップルウォッチにしようかと考えているかたは多いはずです。でも値段や画面の小ささがネックになっているというケースもあるでしょう。アップルウォッチの使いかたや購入しやすい価格帯のおすすめのアイテムを紹介していきます。

アップルウォッチはGPSモデルとCellular(セルラー)モデルの2タイプ

ランニング アップルウォッチ

アップルウォッチには、GPSモデルとCellular(セルラー)モデルの2つのタイプがあります。以下で両者の違いを簡単にまとめました。

 GPSモデルGPS+Cellularモデル
電話やメッセージiPhoneが必要iPhoneがなくても単体で通信できる
ランニングアプリ使用可能使用可能
GPSアプリ使用可能使用可能
音楽保存した音楽再生は可能
ただしストリーミング再生は不可
保存した音楽もストリーミング再生も可能
SuicaやPasmoの利用可能(ただしチャージは不可)可能
価格や毎月の通信料(ランニングコスト)GPS + Cellularモデルよりも1万円以上安く、毎月のランニングコストもかからないGPSモデルよりも1万円〜2万円ほど高く、毎月のデータ通信料(ランニングコスト)がかかる

ランニングに使用するためにアップルウォッチを購入するのでしたら、GPSモデルでじゅうぶんでしょう。

走りながら電話やメールのやりとりをしたいかたは、iPhoneがなくても単体で通信できるGPS + Cellularモデルにしてください。

 

アップルウォッチがあるとランニングがこんなに便利になる

ランニング アップルウォッチ

アップルウォッチはあなたのランニングライフを劇的に変えてくれるはずです。以下ではどんな便利な機能があるのか紹介していきます。

アップルウォッチ・ランニングに使える機能①さまざまなランニングアプリが単体で直接使える

ランニングに使用できるガーミンとアップルウォッチの最大の違いは、さまざまなランニングアプリをダウンロードして単体で使用できる点にあります。

ガーミンの場合は「Garmin Connect」経由でスマホのアプリへデータを転送しなくてはなりません。

また、ランニングにおけるペース配分はとても重要です。とくにマラソンなどのレースでは、ペース配分がタイムを左右するといっても過言ではありません。

アップルウォッチのランニングアプリを使えば、走りのペース配分が正確に把握することができます。

ランニングアプリなどを連続使用する場合は、6時間程度でバッテリー切れになるおそれがありますので、マラソンなどを走る場合には、省電力モードに設定しておくことで、バッテリー切れを防ぐことができます。

アップルウォッチ・ランニングに使える機能②GPS機能をそなえているため距離や現在地点がよくわかる

アップルウォッチにランニングアプリをダウンロードすることで、現在地点やゴールの地点、ゴールまでの距離などがわかるので、日頃のランニングはもとより、マラソンなどのレースのときに役立ちます。

GPS機能はハイキングや登山のときにも大活躍してくれるでしょう。

アップルウォッチ・ランニングに使える機能③音楽を楽しみながらランニングができる

アップルウォッチに保存している音楽を再生して楽しむことができます。Siriに「○○を再生」と音声でたのむことで、音楽が再生されるため、走りながらの操作が簡単です。

アップルウォッチ・ランニングに使える機能④電話やメールのやりとりができる

GPS+Cellularモデルはモバイルデータ通信の契約をすれば、スマホがなくてもアップルウォッチ単体で電話やメッセージの送受信がおこなえます。

利用できるのはキャリア携帯会社のみで格安携帯会社は利用できません。また、モバイルデータの通信料が別途かかり、月額400円〜500円程度です。

そのほか使用するiPhoneと同じキャリアである必要があります。詳しくはこちらでご確認ください。

Apple公式サイト

アップルウォッチ・ランニングに使える機能⑤耐水性能なので雨や汗に濡れても大丈夫

アップルウォッチは耐水性能をそなえているため、突然の雨や汗、シャワーを浴びて濡れても大丈夫です。

アップルウォッチのランニング利用はこんな人におすすめ

アップルウォッチのランニング利用は、正確なペース配分や走る距離、現在地とゴールまでの距離などを把握したい人におすすめです。

ランニングカテゴリの最新記事