『トレーナー/インストラクター応援企画!』新規無料掲載登録で、先着50名様に『RATIONお試しセット』をプレゼント!

セールでもカイトでもないニューシステム「ウイング」とは

セールでもカイトでもないニューシステム「ウイング」とは
   
ウォータースポーツの分野では次々と新しいジャンルが誕生しています。2019年に生まれたこのウイングもそのひとつ。その名の通りウイング=翼が生み出すパワーを推進力にするニューシステムです。この記事では、そんなウイングについてご紹介します。
   

誕生したのはつい最近?!ウイングの歴史

ウイング(セーリング・ウォータースポーツ) 出典:NAISH
 

ウイングが誕生したのは2019年はじめと、まだ生まれたてのシステムです。

かつてはウインドサーフィンのキングであり、レジェンド・ウォーターマンのロビー・ナッシュが、SNSで発信したのがその始まりです。

しばらくして自らが率いるブランドから製品が発表され、あっという間に各社が参入を表明。

まさにウイングは開発と発表の真っ只中という状況となっています。

とは言っても、厳密には過去にウイングを使った水上スポーツは存在しました。

しかし、それはハンググライダーと同じように金属や樹脂製の“骨”が使われたウイングで、今の形態とは異なっていたため、普及には至らなかったのです。

 

 

 

 

ウイングの推進力は揚力。セールやカイトと同じ原理が働く

ウイング(セーリング・ウォータースポーツ)
出典:株式会社MKD

 
ウイングは、ヨットやウインドサーフィンで使用するセール、あるいはカイトボーディングで使用するカイトと同様、受けた風のパワーを揚力という推進力に変換します。

揚力は飛行機の翼に発生することが有名です。

翼の表面に流れる風の速度の違いが圧力差となり、それが翼に対して直角方向の力を生み出します。

これが揚力で、ウイングにも同様の働きが備わっています。

非対称の断面形状を持つウイングの上面と下面に流れる空気のスピードは異なります。

上面は距離が長く、下面は短いため、上面の方が速く流れます。

すると速い上面の方が圧力が低くなるため、高い方から低い方へ直角に揚力が発生するというわけです。

 

 

ウイングはちょうどセールとカイトの中間に位置する

ウイング(セーリング・ウォータースポーツ) 出典:NAISH

 

ウイングは、一見すると小さめのカイト、あるいは小さなハンググライダーのような形をしています。

しかしよく見ると、カイトのように風を受けて膨らむ部分(キャノピー)は、ひとつではなく2つに分かれ、ライン(紐)はありません。

骨組みはハンググライダーのような金属製でも、ヨットやウインドサーフィンのマストのような非常に硬質な材質でもありません。

空気を注入するインフレータブルタイプとなっているために軽量で、誰でも操作しやすくなっていることが大きな特徴です。

つまりウイングは、マストがないダブルキャノピータイプのセールとカイトのちょうど中間に位置する道具なのです。

 

 

 







ウィンドサーフィンカテゴリの最新記事