ランニング、通勤、登山……日常使いからスポーツまで! 足を支え、足の骨格を補正してトラブルを防ぐホシノのインソールとそのこだわり

ウォータースポーツを一変させたニューシステム「フォイル」とは?

ウォータースポーツを一変させたニューシステム「フォイル」とは?
ウォータースポーツには、ヨット、サーフィン、ウインドサーフィン、SUPなど、実に多くの種類がありますが、個々のスポーツの垣根を越えて、今「フォイル」というニューシステムが席巻しています。今回は、この「フォイル」について詳しくご紹介します。

フォイルとは?

フォイル サーフィン
出典 スターボードジャパン

 

フォイルとは、「水中翼」のこと。

その名の通り水中の翼のことです。

皆さんは水中翼船という言葉を聞いたことがありますか?

水中翼船は船腹に翼を持ち、フェリーなどの船に利用されています。

フォイルはその水中翼のことで、それ自体は決して新しいものでもシステムでもありません。

 

 

なぜフォイルに注目が集まっているの?

フェリーなどの水中翼船に利用されているフォイルになぜ今、注目が集まっているのかといえば、それがスポーツに利用され、個人レベルの使用に直接つながったからです。

水中翼船のフォイルの形状は、船体が巨大で重いためV字型や梯子型という一般的な翼のイメージとは異なる形状をしていますが、スポーツで利用するフォイルは飛行機の翼のような形状をしています。

スポーツ利用のフォイルは、艇体(ボード)から水中に垂直に伸びた、巨大なフィンのような形状のマスト(本来は帆柱の意味ですが、フォイルでもこう呼ぶ)の先端に、直角に水中翼(両翼型)が付いている構造をしています。

 

水の抵抗を減らすことがフォイルの目的

フォイル サーフィン
出典 シュリロトレーディング

 

フォイルの特徴は、飛行機の翼がスピードが増すに従って機体を浮かせていくように、フォイルが生み出す「揚力」によって装着された船体を浮かせていきます。

飛行機の翼の揚力は空気の流れによって生まれますが、水中にあるフォイルは水流によって生み出されます。

これを大きくて重い船ではなく、小さなボード(+操縦者)に利用すると、低い推進力、低いスピードでも浮上が可能となります。

その上、水の抵抗も大きく減少し、高効率なスピードが実現します。

このようなシステムをウォータースポーツが本格的に利用しはじめたのです。

フォイル サーフィン

 

 

 

 

ウォータースポーツにおけるフォイルの歴史

 

昔から存在するフォイルというシステムですが、なぜ現在のウォータースポーツ界で注目を集めたのでしょうか。

その理由は、あるヨットレースで使われたことがきっかけでした。

 

きっかけはヨットの最高峰レースである「アメリカズカップ」

ヨットの最高峰レース「アメリカズカップ」で、その使用艇が近年著しい進化を遂げました。

船体はモノハルからカタマランに代わり、水中にフォイルを装備したのです。

マストの先端にL字形の翼を持つアメリカズカップのフォイルは、カタマランのためそれぞれの船体に1つずつ装備されています。

そして、約90km/hという高速のレースを行うまでになったのです。

これがきっかけとなり、フォイルシステムは一気に他のウォータースポーツからも注目されるようになったのです。

 

 

 

意外と古くから行われていたボードスポーツでのフォイル利用

実は、アメリカズカップで注目を集める前の2007年頃には、デイブ・カラマやレイヤード・ハミルトンなど(2人はその後“ウォーターマン”として名を馳せます)一部のウインドサーファーが、ハワイ・マウイ島で水上バイクでボードを牽引し、ビッグウェイブに乗るというトゥインサーフィンでフォイルの使用をはじめていました。

しかし、トゥインサーフィン用サーフボードに付けられたフォイルはカスタムメイドのため、道具としても、スポーツとしてもきわめて特殊な位置づけに留まっていたのです。

これがアメリカズカップでのフォイル使用によって、他のウォータースポーツ、中でも以前からフォイルを一部で利用していたウインドサーフィン界で特に再注目され、一気に商品化がはじまったのです。

この商品化の波は、SUP、カイトボーディング、サーフィンなど、水上で楽しむ多くのボードスポーツに拡大していきました。

ページ: 1 2
   
   

ウィンドサーフィンカテゴリの最新記事