アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

ルアーで狙うタチウオ!タチウオにおすすめのルアーを種類別にピックアップ

ルアーで狙うタチウオ!タチウオにおすすめのルアーを種類別にピックアップ
   
タチウオといえば船から狙う魚ですが、最近はルアーでの釣りも人気です。専用ルアーも発売されていますが、独特な泳ぎ方をする魚なので、どんなルアーでもいいというわけではありません。今回はタチウオ狙いで有効なルアーを、タイプ別にピックアップしてご紹介します。
   

ワーム×ジグヘッド

タチウオ ルアー

 

漁港などからタチウオを狙う場合、とくにタチウオが食いやすい動きをしてくれるのがソフトルアーのワームです。

タチウオは上を向いて泳ぐので、下から食いあがるような姿勢になることが多いです。

つまり横に泳ぐ魚に対して垂直に近い形で食いあがってくるので、飲み込むために噛み直す必要がでてきます。

ハードルアーだと1回目のアタックで違和感を感じて離してしまうので、なるべくフックにヒットしやすい小さめのルアーを選択しますが、やはり大きいほうがアピール力は高くなります。

ソフトルアーであれば噛み直しやすく、大きいルアーのデメリットも小さくなるので、ワームはおかっぱりでおすすめルアーのひとつです。

 

メジャークラフト 太刀魚道場どじょうワーム

自然界ではタチウオはどじょうと出会うことはないのですが、どじょうはタチウオ釣りではポピュラーな餌です。

そんなどじょうを模したワームがメジャークラフトのどじょうワームです。

テンヤを再現するために、フックが下向きになっているのもタチウオ用ルアーの特徴のひとつですね。

 

タチウオ ルアーメジャークラフト 太刀魚道場どじょうワーム

 

エコギア パワーダートコンビ 20g

タチウオを誘うアクションとして有効といわれているのが、左右に泳がせるダートの動きです。

そんなダートの動きを重視したタチウオ専用のルアーがエコギアの「パダーダートコンビ」です。

すでにジグヘッドにワームを装着した状態で売られているので、セッティングが楽なのもうれしいですね。

 

タチウオ ルアーエコギア パワーダートコンビ 20g

 

エコギア パワーシャッド

比重が重く、タナを広く探りたいタチウオゲームにもってこいのワームです。

夜釣りに使いやすい夜光タイプや、タチウオが大好きなイワシカラーもあるのがうれしいですね。

これはジグを別途用意する必要があるので、アシストフック付のジグヘッドを用意しましょう。

 

 

 

メタルジグ

タチウオ ルアー

 

オフショア(船)のタチウオルアーゲームではメタルジグが人気です。

水族館で観察するとよくわかりますが、タチウオはタナが不規則で、群れでも底付近から水面付近までバラけています。

さまざまなタナを探るのに有利なメタルジグは、そんなタチウオの習性から見ても理にかなったルアーというわけですね。

 

メガバス スラッシュビート バックスライダー

メガバスのバックスライダーは、フォールアクションでタチウオを狙うルアーです。

先述したとおりタチウオはタナが不規則なので、タナを探りつつ誘えるので無駄がないですね。

ウエイトも80~180gと選択肢が広く、カラーもさまざまなのでロッドやシーンに合わせて複数用意したいおすすめルアーです。

 

タチウオ ルアーメガバス スラッシュビート バックスライダー

 

メジャークラフト タチジギ道場

こちらもフォールアクションでタチウオを狙うルアーですが、フォールにこだわった結果、2種類展開しています。

ひとつはスタンダードタイプで、シャクリでアクションするタイプ。

もうひとつはスローフォールタイプで、落ちていく途中も食いやすいようゆっくり沈むよう設計されています。

魚探などである程度固まったタナがわかっているなら、圧倒的にスローフォールタイプがおすすめです。

 

タチウオ ルアーメジャークラフト タチジギ道場

 

マリア バイラバイラ

船からの釣りでは、隣とお祭りしてしまうことも多く、ジャークさせたいときなどかなり気を使いますよね。

そこでバイラバイラは、リアウエイトにすることで横移動を極力させず、周りとのお祭りを避ける設計になっています。

バイラバイラは魚だけでなく、周りにも気を使ったやさしいルアーですね。

 

タチウオ ルアーマリア バイラバイラ

\ポイント10倍&10%クーポン/ マリア/Maria バイラバイラ 130g 02H/タチピンク 【ラッキーシール対応】【メール便対応】 【8/21(水)0:00〜8/24(土)23:59】

 

ヨーヅリ ブランカ タチ魚SP

ブランカはとくにカラーに注力したメタルジグです。

ヒットカラーを中心にど派手なカラーがラインナップされ、商品棚にあるだけで目を引きますね。

とくに渋いときによくアタるという話もあるので、ルアーケースにお守り代わりに忍ばせておくのもいいかもしれません。

 

タチウオ ルアーヨーヅリ ブランカ タチ魚SP

 

 

バイブレーション

タチウオ ルアー

 

ショア(陸)からの釣りでハードルアーを使うなら、バイブレーションがおすすめです。

タチウオは泳ぐのが速いわけではないので捕食に入れるエリアは狭く、そのエリア内を有効に泳がせるという意図ですね。

先述したとおり大きいハードルアーはタチウオが食いきれない可能性がありますが、メタルバイブなら小さめでもある程度重さも稼げます。

タナはもちろん、少し投げて広範囲探りたいときにもおすすめですね。

 

ダイワ サムライ太刀 ケミバイブ

海に対する比重が低く、タナをキープして泳がせやすいバイブです。

ボディがクリアや半透明で、ケミホタルを装着して夜光させるというのも面白いですね。

カラーパターンによって発行部分が変わるので、数種類用意してもいいかもしれません。

 

 

メジャークラフト ジグパラ ブレード

青物も対象にしたメタルバイブです。

サイズは140mmから35mmまで7種類ありますが、タチウオなら55~35mm程度がいいでしょう。

なかなか面白いカラーもあるので、ルアーボックスの彩りがてら購入するのもありかも?

 

タチウオ ルアーメジャークラフト ジグパラ ブレード

 

タカミヤ FALKEN R ハーフソリッドバイブ

本来飛距離を重視するルアーですが、上下左右よく泳いでくれるおすすめルアーです。

鉛を樹脂でコーティングしているので、見た目以上に重さがあって投げやすいのもおすすめポイント。

タカミヤらしいコスパに優れたルアーです。

 

タチウオ ルアータカミヤ FALKEN R ハーフソリッドバイブ

タカミヤ FALKEN R ハーフソリッドバイブ 78 ホロピンクシルバー(東日本店)

 

 

まとめ

タチウオのルアーゲームは最近定番となり、陸からルアーで釣る事が多くなりました。紹介した以外にもタチウオ専用ルアーが多く登場し、選択肢も多くなりましたね。しかしタチウオの陸からの釣りはまだ謎が多く、ルアー選択は手探り状態です。ぜひいろいろなルアーを試して、自分の中の定番ルアーを探してみてくださいね。

海釣りカテゴリの最新記事