Event.Greenfieldオープン記念!アウトドアグッズ総額35万円分をプレゼント!

真夏のオフトレに最適!ニュージーランドのスノーリゾート特集

真夏のオフトレに最適!ニュージーランドのスノーリゾート特集
   
今の時期、白銀の世界が恋しくなっている人も多いのではないでしょうか?そんなときは、オフトレを雪の上で行ってみませんか。北半球が夏なら、南半球は本格的なスノーシーズン。今回の記事は、ニュージーランドのスノーリゾート特集です。

コロネットピーク・スキーリゾート/クイーンズタウン

ニュージーランド スノボ
出典:コロネットピークスキーリゾート

 

ニュージーランドのクイーンズタウンに位置する、コロネットピークスキーリゾート。

クイーンズタウンの中心街から20分ほどに位置するスキーリゾートなので、移動に疲れてしまうこともないでしょう。

ナイター施設も充実しており、夜の9時まで雪を満喫できます(ナイター営業は水曜、金曜、土曜日)。

初心者コースがわかりやすい場所にあり、間違って上級者コースに入ることがないように設計されています。

すべてのレベルにおすすめできる、素晴らしいスノーリゾートです。

 

 

コロネットピークスキーリゾート

 

 

マウントハットスキーエリア/カンタベリー

 

ニュージーランド・カンタベリーに位置するスノーリゾートは、クライストチャーチから80kmほど西側に位置しています(クライスチャーチ空港から90分ほど)。

マウントハット・スキーリゾートには、計4つのフリースタイルパークがあります。

パークは入門から超上級者用まで4つのレベルに分かれており、実力に合った場所でトリックの練習が可能。

今までパークが怖かった方も、初心者専用の場所でなら挑戦できるのではないでしょうか?

もちろん上級者であれば、さらにレベルの高いフリースタイルパークを選ぶことができます。

パウダースノーよりもパーク派の方に、ぜひおすすめしたいスノーリゾートです。

 

 

マウントハットスキーエリア

 

 

カードローナ・アルパインリゾート/クイーンズタウン

ニュージーランド スノボ
出典:カードローナアルパインリゾート

 

クイーンズタウンとワナカからもアクセスがしやすい、カードローナアルパインリゾート。

初心者から上級者まで楽しむことができる、オールラウンダーなスノーリゾートです。

家族連れにも優しく、キッズ向けのスクールや託児所が充実しています。

子どもを預けて、束の間の休息を白銀の世界で過ごしてみてはどうでしょうか?

もちろん、待っている子どもも、待ちくたびれることはありません。

家族連れでなかったとしても、カードローナは素晴らしいスノーリゾートです。

施設内にカフェとレストランが8店あり、オフトレを思う存分楽しむことができるはずです。

 

 

カードローナアルパインリゾート

 

 

リマーカブルスキーエリア/クイーンズタウン

ニュージーランド スノボ
出典:リマーカブルスキーアリア

 

クイーンズタウンの中心街から、車で40分ほどに位置するスキーリゾート。

全体的なコース数は少なめですが、リマーカブルスキーエリアは、雪の品質を保つために100台以上の人工降雪機を備えています。

広めなコースが多いため、初心者も安心して練習に励むことができるはずです。

5歳以下の子どもはリフト券が無料になり、家族連れにも優しいスノーリゾート。

山頂からの美しい景色にも、定評があります。

美しいニューいーランドの山々を一望したら、日本の蒸し暑い夏を旅の途中で思い出すことはないでしょう。

 

 

リマーカブルスキーアリア

 

 

トレブルコーン・スキーリゾート/ワナカ

ニュージーランド スノボ
出典:トレンブルコーン

 

トレブルコーンは550ヘクタールにも及ぶ、ニュージーランドの南島で最も大きなスノーリゾートです(東京ドーム約100個分)。

リフトの最大標高差は、1,960m。

レストラン、バー、カフェの施設も充実しています。

コースも多種多様で、長期滞在の予定の方も存分に楽しむことができますよ。

滑り疲れたら、カフェでまったりひと時を過ごす。休んだらまた滑りに行く。

そんな素敵な時間を、トレブルコーン・スキーリゾートでなら叶えることができます。

滞在中に滑りきれられないほどの白銀の世界が、あなたを待っています。

 

 

トレブルコーンスキーリゾート

 

 

   

まとめ

ニュージーランドのスノーリゾートはバラエティ豊かで、訪れたひとを飽きさせることはありません。レストランやバーなど、ゲレンデ以外でも充実した時間を過ごすことができることでしょう。暑い日本を脱出して、白銀の世界のニュージーランドを『避暑地』に選んでみてはどうでしょうか?

ゲレンデスキーカテゴリの最新記事