アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

マットジャンプでレベルアップ!スキー・スノーボードのオフトレ施設紹介

マットジャンプでレベルアップ!スキー・スノーボードのオフトレ施設紹介
ウィンターシーズンに課題を残しているスキーヤー・スノーボーダーにおすすめのマットジャンプ。フリースタイル競技レベルアップの一端になっているのはこの施設のおかげかもしれません。オフトレに最適なマットジャンプについて、全国の施設も紹介します。

マットジャンプとは

マットジャンプ施設
出典:京・大阪KINGS公式HP

マットジャンプはスノーボード、スキーのオフシーズンのトレーニングのために作られた施設です。滑走の練習というよりは、ジャンプを練習する施設になります。ブラシ状の斜面を滑走して空中に飛び出し、マットに着地するので雪面に着地するよりも安全面に優れています。

雪上のキッカーでは、ランディングのときはしっかりと足から着地しないといけませんし、その角度やポジションもシビアですが、マットでは多少着地が乱れても柔らかいマットが衝撃を吸収してくれるのでので、思い切った技の練習、今まで挑戦したことがない技の練習ができます。

もちろん絶対安全とはいえないので、無理や無茶は禁物ですが、リップから飛び出すタイミングや空中での姿勢、ポジションの感覚などを掴むのに適したトレーニングです。

 

マットジャンプで使用するウェアとギア

マットジャンプ施設

マットジャンプではオンシーズンとは少し違う環境なので、そのための装備が必要となり、普段使っているギアと併用が難しいところもあります。施設によってレンタルできるものも異なりますので事前に確認しておきましょう。

ウェア(服装)

リップまでのブラシ部分の滑りをよくして引っかからないようにするため水を常に撒いており、濡れること前提で準備しましょう。夏場は水量も多くずぶ濡れになりますので、サーフパンツなど濡れてもいいような格好をするとよいでしょう。

ただし、怪我のおそれがあるので極力肌は出さないものにしましょう。サーフパンツ、スポーツタイツ、長袖シャツのスタイルがスタンダードです。

秋~冬場は撒く水の量が夏場ほど多くありませんので、ウエアを着るなどして防水、防寒をしましょう。

一番注意しなければならないのは、板です。エッジ部分でのマットやブラシの破損を防止するため、ダリングする(エッジを削る)必要があります。削れていない場合は施設側で対応してくれることもあります。

ダリングした板はエッジが効かず、雪山では使用することができなくなるので、使い古した板や、マットジャンプ専用に購入するなど、事前にオンシーズンとは別に板を用意しておいてください。レンタルを利用するという方法もあります。

エッジがめくれていたり、曲がっていたり、破損のある板は使用できません。

ブーツ

撒いている水でびしょ濡れになるため、ブーツは痛みやすくなります。雪山で使用予定のものは避けたほうがよいでしょう。

使い古したものやレンタルや中古品、今お使いのものを使用するなら雪山では新調するなどを検討するとよいかもしれません。

ヘルメット

マットジャンプ施設ではヘルメット着用が義務づけられています。レンタル品もありますが、汗をかなりかくので自分で用意する方がよいでしょう。ヘルメット着用はスノーボーダー・スキーヤーは習慣化してもよいものです。とくにキッカーでは必需品ともいえます。

手袋

マットジャンプでは一般的な軍手を使用します。素手では擦過傷や火傷の危険があります。また、ゴム手や手のひらの部分に滑り止めがついているタイプの軍手は着地時にマットに引っかかり、腕や肩を持っていかれて怪我をする危険性があるため使用できません。滑りのよい綿製の軍手を着用しましょう。

ページ: 1 2
   
   

スノーボードカテゴリの最新記事