アウトドアシーンでも大活躍間違いなし! 永久に臭わない 潜水艦のために開発された消臭糸で作られたタオル【MIL_SPEC ミルスペック】

【焚き火のギモン】薪の種類によって燃え方はどう違う?どう使い分ける?

【焚き火のギモン】薪の種類によって燃え方はどう違う?どう使い分ける?
焚き火初心者の方は、ホームセンターに何種類かの薪が売られていて、どれを買ったらいいかわからない・・・と悩んだことはありませんか?また、なかなか火が付かないときもあれば、すぐに燃え尽きて薪があっという間になくなってしまうこともあるのではないでしょうか。そんな焚き火の悩みは、薪の選び方で解決します。ここで一度、薪の種類について勉強しておきましょう!

 

薪は針葉樹と広葉樹に分けられる

一見どれも同じに見える薪ですが、焚き火で使われる薪は大きく分けて「針葉樹」と「広葉樹」に分けられます。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、それを理解したうえで使い分けると、焚き火がもっと楽しくなりますよ。

 

針葉樹の特徴

焚き火で薪の種類によって違う燃え方

 

針葉樹とは、スギやマツ、ヒノキなど、葉が針のように細く尖っている木のこと。

広葉樹よりも安価で手に入れやすく(一束500円前後)、キャンプ場で売られている薪の大半はこちらの針葉樹です。

針葉樹の薪は、油分や空気を多く含んでいるため燃えやすく、焚き付けに適しています。

松ぼっくりを拾って火種として使う人が多いのも、この理由からです。

その反面、火持ちが悪く、煙や匂いが多いところがデメリットと言えるでしょう。

針葉樹の焚き火でコッヘルなどを直火にかけると、ススで真っ黒になってしまうこともあるので気をつけてください。

 

広葉樹の特徴

焚き火で薪の種類によって違う燃え方

 

広葉樹とは、コナラやカシ、ケヤキなど、葉が手のひらのように広がっている木のことです。

針葉樹に比べ、幹の密度が高く火が付きにくいですが、一度火が付くと火持ちが良いのが大きなメリット。

油分やヤニも少ないので、煙も少なめです。

価格は針葉樹よりも少し高めですが(一束700円程度~)、ゆっくりと焚き火を楽しむには広葉樹がおすすめです。

火力も安定するので、焚き火料理にも適しています。

 

 

代表的な針葉樹と広葉樹

薪は針葉樹と広葉樹に大きく分けられますが、木の種類によっても特徴が微妙に違ってきます。

ここからは、一般的に焚き火で使われる木の種類と特徴について解説します。

 

針葉樹

焚き火で薪の種類によって違う燃え方

 

スギ

日本で昔から大量に植林されてきたスギは、手に入りやすく安価です。

軽くて柔らかいので薪割りは容易ですが、燃焼時間が短いので焚き付け用に適しています。

 


 

 

ヒノキ

ヒノキ風呂などでも知られる高級木材。

乾燥が早く、よく燃えます。

火持ちはスギ同様あまり良くありませんが、香りが良いので好んで使う人も多いです。

 

マツ

油分が多いので火付きが良く、スギやヒノキに比べると燃焼時間も若干長め。

火力も強いですが、その分ススや煙が出やすいです。

松は1年ほど雨にさらしておくと、水溶性のヤニが抜けて使いやすくなるとか。

 


 

 

広葉樹

焚き火で薪の種類によって違う燃え方

 

ナラ

ナラの木はいわゆるドングリの木。

手に入りやすく燃焼時間が長いナラは、非常にバランスが良く、焚き火好きに最も愛されている薪と言えるでしょう。

 


 

 

カシ

カシは火持ちが抜群に良く、煙も少ないことから「薪の王様」と呼ばれています。

密度が高く硬いので薪割りは大変ですが、長時間安定して燃えてくれるので、薪ストーブにもよく使われています。

カシの木は成長と乾燥に時間がかかるので、流通が少なくお値段は高めです。

 

 

 

クヌギ

カシと同じく、硬く密度が高いため火持ちの良い高級な薪です。

カシに比べて成長が早いことから、昔から薪用として植林されてきたそう。

ススや煙も少なくジワジワと燃え、ほのかな香りも心地良い薪です。

 

 

ケヤキ

火持ちや火力が良く、広葉樹の中では比較的着火もしやすいケヤキ。

炎が青みがかっていて美しく、ファンの多い薪です。

ただし、乾燥すると非常に硬くなり、なかなか斧が入らないので薪割りが大変。

 


 

 

 

焚き火で薪の種類によって違う燃え方

 

ハングアウト ログキャリーウィズスタンド Hang Out Log Carry with Stand ログキャリー 薪入れ 焚き火 キャンプ セット LGS-325 <2019 春夏>

 

   
   

キャンプカテゴリの最新記事