アウトドアシーンにも欠かせない価値観?持続可能な世界を目指すSDGsとは

熊による被害木から生まれた エシカルなキャンプ用薪「くまはぎの薪™️」

熊による被害木から生まれた エシカルなキャンプ用薪「くまはぎの薪™️」
熊による被害木から生まれた「くまはぎの薪™️」の先行販売を応援購⼊サービスMakuakeにて開始しました。傷つけられて廃材となる木をキャンプ用薪として販売し、売り上げの一部を里山整備に使用することで、くまはぎ被害を減らし豊かな森を次世代につなぐことを目指します。

くまはぎの薪™️

くまはぎの薪™️の概要

くまはぎの薪™️

くまはぎとは、熊が水分を舐めるために樹皮を剥がす行為のことをいい、剥がされた木は腐ったり枯れたりするため、木材としての価値が大幅に低下します。
本来ならば廃材として捨ててしまうこの被害木を、桑木はキャンプ用薪として活用し、売り上げの一部を里山整備に使用します。
このプロジェクトを通して、くまはぎ被害の減少と森の関係人口の増加を目指します。

くまはぎの薪™️

くまはぎの薪™️

くまはぎ被害の増加

くまはぎの薪™️

2022年の資料によると(※1)石川県加賀市、小松市、白山市、金沢市では、2016年から2020年の5年間で、約5ha、約3,510本のくまはぎ被害が発生しています。
原因のひとつとして、里山が荒廃し、人と熊の生活圏の境目が曖昧になっていることがあげられます。

ページ: 1 2
   
   

キャンプ道具カテゴリの最新記事